◆新着記事一覧◆
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(08/19週〜11/25週) ] 8月ピークアウトか 9月弱気…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] フジミインコ,フリュー,網屋,かんぽ生命,カルタHD,アルマド,ペイロ…
[格付け・レーティング情報] Sボンド,パーソル,関東電化,日本化学,エンジャパン,ミルボン,旭ダイヤ,…
[上方修正・増配・好材料情報] MRT,夢みつけ隊,ウェルネット,ヨシックス,ウイルプラス,オーケスト…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(08/12週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(08/12週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/08/12週 ▲91,677円】NYDow 反発 インフレ減速を示す米経済…
[上方修正・増配・好材料情報] CCT,サインド,ユニカフェ,Jトラスト,フェイス,ハーバー研,滝上工,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(08/12週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] santec,ウィザス,ASNOVA,石光商事,リバーエレク,京極運,…
[上方修正・増配・好材料情報] Gオイスター,セキュアヴェ,バイセル,エフオン,WSCOPE,コメ兵H…
[上方修正・増配・好材料情報] セルム,日産証券G,アトラエ,ベース,ウィズメタク,エムアップ,フォス…
[格付け・レーティング情報] 宝HLD,アイカ,ラウンドワン,ソラスト,日立,アンビスHD,ホンダ,ホン…
[上方修正・増配・好材料情報] リクルート,三光産業,日本麻,エアクロ,恵和,ガーラ,PAコンサル,RI…
[株式分割情報]  コアコンセプト・テクノロジー(4371) 1株⇒2株
[上方修正・増配・好材料情報] ヤマイチ,メタルアート,ユミルリンク,福岡中銀,大田花き,デリカフHD…
[S高|株価値上注目銘柄] シノケン,エン・ジャパン,ヤマエGHD,HENNGE,国際紙パルプ,IBJ,…
[上方修正・増配・好材料情報] マーチャント,松田産業,木村工機,大豊建設,東陽テク,センコン物流,日…
[上方修正・増配・好材料情報] オリジン,ゼロ,QDレーザ,DNHD,松田産業,地主,ギガプライズ,Gセ…
Top◆日経平均予想と結果(2013) >米日大幅反発!!  日経平均株価(NYダウ)長期予想 12/20週の結果と先行指数&アノマリー
2013年12月21日

米日大幅反発!!  日経平均株価(NYダウ)長期予想 12/20週の結果と先行指数&アノマリー



■3ヶ月先行指数(2013/10/18週〜2013/12/20週)一覧表
furi-coment201301220.png


■12/20週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
●長期的には、12/20週は、横ばい続くか。12/27週は、上げ圧力がかかるか。
●短期的には、12/20週は、上げ圧力が続くか。12/27週は、上げ圧力が続くか。
●RANK的には、12/20週は、上げ圧力がかかるか。12/27週は、上げ圧力が続くか。

■日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
12/16(月)・・・+1 , +20
12/17(火)・・・+6 , −8
12/18(水)・・・−4 , −32
12/19(木)・・・−4 , −4
12/20(金)・・・−7 , −14
であり、積分系・微分系ともに、軟調期から不調期を不調期をさまよう展開か。明確な方向性を失うか。あえて言えば、下押し圧力がかかりやすいか。

12/20週は、先行指数では、長期的には横ばいも、短期的・RANK的には数値の改善が続く。上げ圧力がかかり、戻す展開か。 との予測。周期的アノマリーでは、不調期から軟調期に移行しつつあるが、やや下押し圧力が残るかとの予測。

■周期的アノマリーと日経平均株価結果(2013/12/6〜2013/12/20)
furi-2week-ano20131220.png

日経平均株価は、12/16には、米国FOMCの結果が見通しにくいこともあり、15,150円台まで下落。12/17から反発に転じ、12/19には、米国FOMCが緩和縮小を決定したことから米国株高と円安が進行し104円台をつけたこともあり、15,850円台に到達。年初来高値を更新。週末終値は、15,870円台に。

NYダウは、12/16に130ドルほど上昇し、15,880ドル台に。前2週間で340ドルほど下落した反動と、米鉱工業生産指数等の経済指標が好調であったことによるか。12/18には、大注目のFOMCの結果が公表され、来年1月からの量的金融緩和縮小が決定。100億ドル減少して月750億ドルに。なお、失業率が6.5%以下でもインフレ率が2%以下ならFF金利をゼロ近辺に据え置くとの文言が追加される。これを受けてNYダウは、290ドル以上の上昇へ。その後もジリジリと値を上げ、週末終値は、16,220ドル台に。史上最高値を更新。VIX指数も12/17には、16.21まで上昇するも、FOMCの結果を受けて12/18には、13.80まで低下。一気に楽観が支配する15以下まで下落。

全体的な相場展開は、先行指数で予測された範囲内か。
先行指数で予測された反発からの上昇は、米日ともに出現。周期的アノマリーで示された下値の固さも確認できたか。

■日経平均株価日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-225-rousoku20131220.png

先行指数上では、11/15週〜11/22週にかけて、10/25週〜11/1週に底打ちした先行指数の上昇が鮮明に。日経平均株価も上昇へ転じる。やはり、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)と成短長差(短期成長指数A−長期成長指数A)が共に上昇へ転じた時は、上昇相場が発生しやすいか。しかも、ス短長差>成短長差 であり、さらには、ス短長差>0 でもあることから、強めの上昇相場となったか。11/29週〜12/13週にかけて、ス短長差が下落へ。成短長差も12/6週〜12/13週には下落へ。短期成長指数も12/6週〜12/13週にかけて下落へ。実相場でも、12/6週は調整局面が発生したか。12/13週は、やや戻すも勢いは弱かったか。12/20週は、ス短長差が明確に上昇へ。実相場も上昇に転じたか。

周期的アノマリーと実相場の動きは、11月中旬からは相関性を失っているか。周期的アノマリーが短期間に急落する時は、ほぼ横ばいから、やや下落に留まる傾向にあるか。相場全体が強含んでいるために起こる現象か。それでも、アノマリーの不調期の底値近辺では調整局面は発生するか。また、アノマリーの高値近辺での底の固さも見て取れるか。

3ヶ月先行指数で大きな相場全体の方向性を掴んで、周期的アノマリーで細かな投資タイミングを計る戦略は、この期間においても、有効か。

■日経平均株価と前1年の3ヶ月先行指数
furi-225-year-20131220.png
先行指数と実相場の動きは、それなりに一致率が高いか。
特に、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
スケールが右肩上がりの時は、実相場は崩れにくく、強さを保てるか。

スケール、成長指数が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
そして、ス短長差>成短長差 であるときに、最も強い相場が出現か。


■NYダウ日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-ny-rousoku20131220.png

先行指数との一致率は、かなり高いか。10月以降の下落及び上昇に転じるタイミングは、ほぼ予測どおりか。

周期的アノマリーと実相場の動きは、11月中旬から相関性を失っているか。ただ、底値の出現タイミングはある程度一致するか。周期的アノマリーが短期間に急落する時は、ほぼ横ばいから、やや下落に留まる傾向にあるか。相場全体が強含んでいるために起こる現象か。

■NYダウと前1年の先行指数
furi-ny-year-20131220.png

行指数と実相場の動きは、それなりに一致率が高いか。
やはり、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
スケールが右肩上がりの時は、実相場は崩れにくく、強さを保てるか。

スケール、成長指数が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
そして、ス短長差>成短長差 であるときに、最も強い相場が出現か。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

⇒ ブログ村 日経225先物
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想と結果(2013) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック