◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2020/11/27週 +171,033円】NYDow 反発 一時3万ドル突破 ナスダッ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(11/27週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(11/27週終値)
[市場変更情報] 恵和(4251) 東証2部⇒東証1部
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,ゲオ,ソフトブレン,トランザク,プレナス,JHD,太洋物産,…
[格付け・レーティング情報] シップHD,住友化,信越化,エアウォータ,日油,第一三共,ファンケル,ソラ…
[S高|株価値上注目銘柄] 東亞合成,東京ドーム,ロコガイド,東京建物,ファーマフーズ,プラマテルズ,東…
[格付け・レーティング情報] シップヘルス,住友化学,信越化学,エアウォタ,日油,ファンケル,リクルー…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,プラマテルズ,リアルワールド,リミックスポイント,ア…
[上方修正・増配・好材料情報] スタンレー,Fブラザーズ,アゼアス,タカショー,DyDo
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,出前館,イビデン,野村総研,あすか薬,ZHD,日本製鉄,JFE…
[S高|株価値上注目銘柄] ブイキューブ,マーベラス,ココカラファイン,片倉工業,ワコム,日本電産,ジー…
[株式分割情報] 菱友システムズ(4685) 1株⇒5株
[格付け・レーティング情報] SUMCO,スシロー,クレハ,デンカ,信越化学,NRI,Jタワー,塩野義,…
[上方修正・増配・好材料情報] アイロムグループ,ダイドーグループ,大戸屋,グッドライフカンパニー,…
[上方修正・増配・好材料情報] 片倉,ラネット,トーセイR
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,協エクシオ,ハウス食G,マツキヨHD,コーテクHD,昭電工,…
[株式分割情報] 名南M&A(7076) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 古河電池,ワコム,日本郵船,KeePer技研,モリテック,アイリック,ダイヤ…
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,協和エクシ,システナ,ハウス食,マツキヨ,東京ベース,昭和電…
Top◆2013年IPO(新規公開株) >オンコリスバイオファーマ(4588) 財務分析 目論見書の個人的感想2 IPO(新規公開株)
2013年11月22日

オンコリスバイオファーマ(4588) 財務分析 目論見書の個人的感想2 IPO(新規公開株)



新規公開株に当選し、初値が公募価格を上回る・・・幸運を掴むその日のために。

オンコリスバイオファーマ(4588) 単元株数:100株 マザーズ:医薬品

◆事業概要
「Virology(ヴィロロジー/ウイルス学)に立脚した創薬」が事業のコンセプト。医薬品及び検査薬が事業の両輪。医薬品事業においては「癌(肝臓癌・食道癌・腎臓癌)と重症感染症(HIV感染症等)」を対象に治療薬の創出を目指す。検査薬事業(炎症性疾患・癌の体外検査・白血病の体外検査)ではウイルスの遺伝子改変技術を活かした新しい検査サービスの提供を手がける。

従業員数:22人 臨時雇用者数:3人(平成25年9月30日現在)

-------------------------------------------------------------------
続いて目論見書から見てとれる財務状態についての分析。

※10期については平成25年9月期までの数字
◆収益性分析の指標

●ROA(総資本利益率) = 当期純利益 ÷ 総 資 産
事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す。
10%程度は「かなり優良」。5%前後は「良い」。1〜2%は「普通」。
8期 9期 10期
ROA 2.69% -12.85% -59.75%
⇒8期は、まともな数字。9期10期は問題外。

●ROE(自己資本利益率) = 当期純利益 ÷ 自己資本
株主の持分である自己資本に対してのリターン(当期純利益)を示す。
20%程度は「かなり優良」。10〜15%前後は「良い」。10%は「普通」。
8期 9期 10期
ROE 4.84% -21.76% -260.35%
⇒8期がプラスなのが救いか。9期10期は問題外。

●売上高利益率 = 当期純利益 ÷ 売 上 高
最終利益である当期純利益の売上高に対する割合を示す。
5%程度は優良。1〜3%は標準。
8期 9期 10期
売上高利益率 8.07% -25.92% -854,070%
⇒8期は数字は良いか。9期10期は問題外。

●総資産回転率 = 売 上 高 ÷ 総 資 産
総資本の有効活用度合いを示す。
8期 9期 10期
総資産回転率 0.33 0.50 0.00
⇒ほとんど回転してないか。

●財務レバレッジ = 総 資 本 ÷ 自己資本
自己資本を1として、その何倍の総資本を事業に投下したかを示す。
8期 9期 10期
財務レバレッジ 1.80 1.69 4.36
⇒自己資本比率が減少傾向か。

◆安全性分析の指標

●流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債
短期的な支払能力を簡易的に示す。200%以上は「優良」。150〜120%は「良」。
8期 9期 10期
流動比率 370.23% 805.44% 435.82%
⇒流動資産は、十分にあるか。

●当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債
短期的な支払能力を流動比率より厳密に示す。100%以上は「優良」。100〜70%は「良」。
8期 9期 10期
当座比率 356.50% 777.48% 396.07%
⇒手持ちの現金は十分にあるか。

●現預金月商比率 = 現 預 金 ÷ 平均月商
月商の何ヶ月分の現金を保有しているかを示す。1.5ヶ月〜1ヶ月が良いとされる。
8期 9期 10期
現預金月商比率 30.93 21.08 意味の無い数値
⇒現金だけは豊富か。

●自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総 資 本
総資本(総資産)に対する自己資本を示す。30%〜20%は「優良」。15%前後は「良」。
8期 9期 10期
自己資本比率 55.63% 59.03% 22.95%
⇒減少傾向か。自己資本比率もあやうくなってきたか。

●固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本
固定資産に投資した資金に対する自己資本の割合を示す。50%〜80%が「優良」。100%以下が「良」。
8期 9期 10期
固定比率 14.3% 14.74% 55.47%
⇒自己資本が減少中か。

●固定長期適合率 = 固定資産 ÷ (自己資本 + 固定負債)
固定資産に投資した資金に対する長期資金の割合を示す。50%〜80%が「優良」。100%以下が「良」。
8期 9期 10期
固定長期適合比率 10.64% 9.82% 15.92%
⇒長期資金による取得は少ないか。

●有利子負債月商比率 = 有利子負債 ÷ 平均月商
月商の何か月分の有利子負債(主に銀行借入)を抱えているか示す。3以下が「優良」。
8期 9期 10期
有利子負債月商比率 11.36 8.83 意味のない数字
⇒売上が少ない上に、借入金も存在。

●安全余裕率=(売上高−損益分岐点売上高)÷売上高
売上高をどの程度減少させても赤字に陥らないかを示す。
8期 9期 10期
安全余裕率 -80.05% -35.53% もの凄いマイナス値
⇒そもそもずっと赤字か。

◆資金繰り分析の指標

●売上債権回転期間 = ( 売掛金 + 受取手形 ) ÷ ( 売上高 ÷ 12 )
販売してから売上債権を回収するまでにかかる期間を月数で示す。
8期 9期 10期
売上債権回転期間 0.00 0.00 9.45
⇒そもそも売上債権という概念が無いか。

●在庫回転期間 = 棚卸資産 ÷ ( 売上原価 ÷ 12 )
商品を仕入れてどのくらいの月数で販売しているかを示す。
8期 9期 10期
在庫回転期間 39.94 意味の無い数字 意味の無い数字
⇒在庫という概念が無いか。

※ インタレスト・カバレッジ = 営業利益 ÷ 支払利息
営業利益に対する借入金の利息の割合を示す。20以上は「優良」。10以上は「良」。
8期 9期 10期
インタレストカバレッジ -30.13 -16.16 -212.92
⇒そもそも営業利益が余りにも少ないか。

--------------------------------------------------------------------------------

平成25年9月期において、社債残高は無し。
ただし、短期借入金は、8,300万円 の残高あり。
長期借入金は、3億円 の残高あり。
リース債務も、2,100万円あり。
債務残高の合計は、4億円ほど。

財務分析自体に意味が無いほどの財務状態か。
マイルストーン収入(約4億円)があった9期(平成24年12月期)においても、
財務状態の改善は見られないので、売上収入の有る無しに関係なく財務状態は良くないか。

利益が出ない原因のひとつに、販管費が多額にのぼることがあるか。
販管費合計で、 8期 ⇒ 2億5,800万円、 9期 ⇒ 4億1,600万円 とのこと。

販管費の内訳として比率が高いのが、役員報酬 と 特許関連費。
役員報酬 ⇒ 8期 7,800万円  9期 7,700万円。
特許関連費 ⇒ 8期 5,400万円 9期 1億400万円。

役員報酬+特許関連費 が 研究開発費 より高額な状態が恒常的になっているか。

現金及び預金は、4億4,400万円を所有。
売掛金等を含めた流動資産の合計は、4億9,800万円。
とりあえず、債務残高を上回るかものの、財務状態は、良くないか。


ブログ村 IPO・新規公開株
-------------------------------------------------------------------------------
想定株価は2,420円のところ、
仮条件は、2,420円〜2,600円 に決定。

-------------------------------------------------------------------------------
ブログ村 IPO・新規公開株

※SMBC日興証券での詳細
日興イージートレード需要申告期間 2013/11/21 05:00 〜 2013/11/27 17:00

※みずほ証券での詳細
抽選参加期間 2013年11月21日 8時00分 〜 2013年11月27日 10時00分

※エース証券での詳細
店頭経由のみ

※いちよし証券での詳細
店頭経由のみ

※香川証券での詳細
店頭経由のみ

※岡三証券での詳細
ブックビルディング期間  11月21日〜11月27日(10:00迄)

※SMBCフレンド証券での詳細
店頭経由のみ

※SBI証券での詳細
ブックビル期間   11/21 9:00〜11/27 18:00

※岩井コスモ証券での詳細
ブックビルディング受付期間 2013年11月21日(木) 〜 11月27日(水)


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2013年IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック