◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 中小企業HD,アマナ,ジャパンベストレスキューシステム,まんだらけ,シ…
[上方修正・増配・好材料情報] フラベッド,おきなわFG,シライ電子,プラザクリエ,メタリアル,ファン…
[格付け・レーティング情報] 味の素,ヨシックス,F&LC,デンカ,三井化学,住友ベ,太陽HD,コスモH…
[S高|株価値上注目銘柄] マネックス,アイドマHD,ニコン,日本電産,凸版印刷,日本水産,F&LC,大…
[株式分割情報]  三ツ知(3439) 1株⇒2株
[株式分割情報]  Geolocation Technology(4018) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] ヨシックス,F&LCO,ブレイド,三井化学,住友ベクラ,小野薬品,ストラ…
[上方修正・増配・好材料情報] マルハニチロ,三井住友建設,クルーズ,FRONTEO,タスキ,シーズメ…
[上方修正・増配・好材料情報] BEENOS,因幡電産,TVE,東和フード
[格付け・レーティング情報] SBSHD,インフォMT,TIS,東応化,旭有機材,フォーカス,AGC,ガ…
[S高|株価値上注目銘柄] VIX短先物,シンプレクス,レーザーテック,メドピア,エムスリー,任天堂,日…
[上方修正・増配・好材料情報] 北陸電気工事,スターティア,ジーダット,かっこ,アイ・ピー・エス,レナ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(12/03週〜03/11週) ] 弱気(売り)相場入り 2月中…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(11/26週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2021/11/26週 ▲524,624円】NYDow 続落 新型コロナ新たな変異株…
[格付け・レーティング情報] TIS,東京応化,旭有機材,フォカスS,AGC,日本碍子,ニチアス,古河電…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(11/26終値)
[上方修正・増配・好材料情報] ヤマハ,小野薬品,ワコール,Fブラザーズ,大和コン,恵和,北陸電工,スタ…
[格付け・レーティング情報] INPEX,味の素,日産化,日産化,イビデン,JMDC,ラウンドワン,特殊…
Top◆日経平均予想と結果(2013) >日経平均株価(NYダウ)長期予想 10/4週の先行指数&周期的アノマリーの結果
2013年10月05日

日経平均株価(NYダウ)長期予想 10/4週の先行指数&周期的アノマリーの結果



furi-coment201301004.png

※10/4週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
◎長期的には、10/4週は、強めの下げ圧力がかかるか。10/11週は、やや戻す展開も横ばい傾向か。
◎短期的には、10/4週は、やや強めの下げ圧力かかるか。10/11週は、下げ圧力残るか。
◎RANK的には、10/4週は、強めの下げ圧力がかかるか。10/11週は、下げ圧力残るか。

日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
9/30(月)・・・−13 , +10
10/1(火)・・・−21 , −28
10/2(水)・・・−28 , −32
10/3(木)・・・−36 , −40
10/4(金)・・・−37 , −14 
であり、積分系・微分系ともに、軟調期・不調期に留まる。ただし、微分系は10/3に底値が出現。

10/4週は、強めの下げ圧力が生じるか との予測。周期的アノマリー(短期間での規則性)では、相場の基調は軟調から不調期にとどまるか。相場としては下落しやすいか。 との予測。

実際の相場は、下落基調に転じる。9/30には300円近く下落し、14,450円台に。その後横ばいが続くも、10/2に再び300円を超える下落。その後も下げ基調は続き、週末終値は、14,020円台に。なんといっても、米国での新年度予算協議の不調が響く。18年ぶりの一部政府機関閉鎖も招く事態に。また、あまり注目されていないが9月米ISM非製造業景況指数等の経済指標も悪化しつつあるか。ただし、VIX指数は瞬間最大値でも18.71に留まる。市場は緊迫した状況とは判断してない様子。全体的な相場展開は、先行指数と周期的アノマリーで予想されたとおりの展開か。
furi-2week-ano20131004.png


※日経平均株価日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-225-rousoku20131004.png

周期的アノマリーと実相場の動きは、それなりにシンクロ率が高いか。
周期的アノマリーが短期間に急落する時は、ほぼ横ばいから、やや下落に留まる傾向にあるか。

3ヶ月先行指数で大きな相場全体の方向性を掴んで、周期的アノマリーで細かな投資タイミングを計る戦略は、この期間においても、有効か。

※日経平均株価と前1年の3ヶ月先行指数
furi-225-year-20131004.png

先行指数と実相場の動きは、シンクロ率が高いか。


※NYダウ日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-ny-rousoku20131004.png

周期的アノマリーは、今ひとつシンクロ率が低いか。特に、周期的アノマリーが短期間(7/2〜7/30、9/3〜9/13)に急落しても、実相場は上昇から横ばい傾向にあるか。周期的アノマリーの振幅の小さいときの方がシンクロ率は高いか。ただ、不調期では、それなりに下落傾向にあるか。

※NYダウと前1年の先行指数

furi-ny-year-20131004.png

先行指数と実相場の動きは、シンクロ率が高いか。

9/18のFOMC緩和縮小見送りの熱狂による過熱感が収まってきたか。先行指数を見る限りNYダウが15,000ドル近辺にあることは、適正水準の上限か。ここにきて、悪い経済指標に対して株価が素直に下落する傾向に。これまでは、経済指標が悪化すると緩和継続観測から株価が上昇する傾向にあったが、これ以上の緩和継続を望めないと市場も判断し始めたか。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想と結果(2013) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック