◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] ファンコミ,バンクイノべ,日精樹脂,ビジョン,Dガレージ,大和コン,サ…
[格付け・レーティング情報] ネクソン,中外薬,トレンド,資生堂,三井金,KeePer,ディスコ,ルネサ…
[株式分割情報] ビーロット(3452) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] グッドライフ,オークファン,ブイキューブ,テモナ,クリエアナ,有機薬,大谷工…
[株式分割情報] セレスポ(9625) 1株⇒2株
[株式分割情報] SHOEI(7839) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] マツキヨ,ネクソン,そーせい,トレンドM,大塚商会,資生堂,三井金属,ディ…
[上方修正・増配・好材料情報] ワールド,プラップジャパン,グローバル・リンク,オークファン,アクロ…
[上方修正・増配・好材料情報] ダイセル,ホテルリート,ミッドシティ
[格付け・レーティング情報] JCRファ,太陽HD,リンナイ,エレコム,三井不,SCSK
[S高|株価値上注目銘柄] ビットワンG,グッドライフ,ミサワ,ブイキューブ,リアルワルド,テモナ,有機…
[株式分割情報] スシロー(3563) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 協和キリン,メルカリ,アステラス,第一三共,太陽HD,楽天,リンナイ,エレ…
[上方修正・増配・好材料情報] ファーマライズ,サンコーテクノ,モルフォ,ブイキューブ,セレス,ガイア…
[上方修正・増配・好材料情報] カカクコム,パークシャ,アイモバイル,ミサワ,日本リート,ブロッコリー…
[格付け・レーティング情報] 日清粉G,TIS,東ソー,菱ガス化,中外薬,クレスコ,ミルボン,リクルート…
[S高|株価値上注目銘柄] マーケットE,フラクタル,アルファクス,テモナ,スガイ,クリエアナ,アクリー…
[格付け・レーティング情報] 日清製粉,クオール,マツキヨ,昭和電工,東ソー,三菱瓦斯,リクルート,FU…
[上方修正・増配・好材料情報] キャンディル,大和ハウス工業,ツヴァイ,シノブフーズ,ジー・スリー,ブ…
[上方修正・増配・好材料情報] レカム,エスクリ,SUMCO,日産化学,パルHD,マリモリート,さくら…
Top◆日経平均予想見通し >日経平均株価(NYダウ)長期予想 9/27〜1/3週の先行指数&周期的アノマリーからの予測内容
2013年09月22日

日経平均株価(NYダウ)長期予想 9/27〜1/3週の先行指数&周期的アノマリーからの予測内容



saishin-coment20140103.png

※9/27週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
◎長期的には、9/27週は、やや戻す展開か。10/4週は、強めの下げ圧力がかかるか。
◎短期的には、9/27週は、やや戻す展開か。10/4週は、やや強めの下げ圧力かかるか。
◎RANK的には、9/27週は、やや戻す展開か。10/4週は、強めの下げ圧力がかかるか。

日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、
積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
9/23(月)・・・ 休場, 休場
9/24(火)・・・+3 , −25
9/25(水)・・・−6 , −11
9/26(木)・・・−9 , −9
9/27(金)・・・−19 , −31 
であり、積分系・微分系ともに、軟調期・不調期へ。


※1/3週までの先行指数の主な予想(予測)内容は、次のとおり。

◎長期系指数群から
長期スケールAは、9/27週に天井打ちも、10/25週に底打ちか。9月下旬からの経済規模の縮小傾向も10月下旬までか。1月初旬にかけて拡大傾向は続くか。長期成長指数Aは、プラス値続くも、8/30週に天井打ち。景気は、回復は続くも、9月初旬から12月下旬にかけて、徐々に減速傾向へ。11月初旬から一時的に減速傾向が鈍るも、11月下旬から12月中旬にかけて、再び減速傾向が増してくるか。12月下旬から減速傾向が鈍るか。12/27週に底打ち。再び加速傾向へ。

株式相場の転換点は、9/27週までは、下げ圧力と上げ圧力が交錯するも、戻りが期待できるか。しかし、勢いは続かないか。10/4週から、調整局面入りか。調整の底は10/4週〜10/25週か。11月初旬から戻す展開も、戻りの勢いは今ひとつか。11月下旬から再び調整局面入りか。調整の底は、11/29週〜12/6週か。12月中旬から1月初旬にかけて、戻す展開が期待できるか。

◎短期系指数群から
短期スケールAは、9/27週に天井打ちか。9/6週と10/25週に底打ちか。9月下旬からの経済規模の縮小傾向も10月下旬までか。11月中旬にかけて拡大傾向が続くも、11/22週に天井打ちか。再び縮小傾向入りか。12/6週に底打ちか。縮小傾向は12/6週までか。短期成長指数Aは、プラス値続くも、8/23週に天井打ちか。景気は、回復続くも、8月下旬から11月初旬にかけて、徐々に減速傾向へ。11/1週に底打ちか。再び加速傾向に戻るも11/29週に天井打ちか。12月初旬から再び減速傾向も、12/27週に底打ち。再び加速傾向へ。

株式相場の転換点は、9/27週まで戻りがあるか。しかし、勢いは続かないか。10/4週から、調整局面入りか。調整の底は10/11週〜10/25週か。11月に戻りが期待できるも、11/22週までか。11/29週〜12/6週まで調整するか。12/13週から1月初旬にかけて、戻りがあるか。

◎RANK系指数群から
長期期地合は、8/30週まで最強の12が続くも、11月初旬に6まで下落し、1月初旬まで続く。絶対的な地合は、弱い地合に転落。それでも、ギリギリ6を維持。短期地合とRANK指数では、10/4週〜10/25週と、11/22週〜12/13週に、弱い数値が出現。相対的な地合も弱いか。計差分と計差分計では、10/4週〜10/18週と、11/29週〜12/6週に、急落サイン出現。微分スコアでは、9/27週にも天井打ちか。10/4週から調整局面入りも、10/18週〜10/25週に底打ちか。ただし、11/22週には天井を打つか。12/20週に再び0が出現するも調整の底か。

まとめると、
9/27週は、先行指数が改善傾向にあることから、戻す展開か。

10/4週からすべての先行指数が一気に悪化傾向へ。
10/4週〜10/18週において、RANK系に、急落サインが再び出現。調整局面入りか。
長期系、短期系、RANK系から、調整の底は10/18週〜10/25週か。

11/1週から、全ての先行指数が改善傾向に。
しかし、各指数に11/15週〜11/22週に天井打ちのサイン出現。天井を打つか。
11/29週から調整局面入りか。

12/6週までは、全指数が悪化傾向にあることから調整が続くか。
12/13週から短期系とRANK系の数値がやや改善。
12/27週には、全ての先行指数が改善傾向に。戻す展開か。

1/3週においても、指数の改善傾向が続く。戻す展開が続くか。

長期成長指数Aは、12/27週で、ついに底打ち確認。景気の減速(景気回復中の減速)は、12月下旬までか。長期スケールAは、1/3週に最高値更新。経済規模の拡大も続くか。短期成長指数Aも、12/27週に底打ちか。短期スケールAも、1/3週に最高値更新。どうやら、先行指数を見る限り、年内のこの先最大の調整局面は10/4週〜10/18週となるか。13,000円台を下回る展開もあるか。11月からは、戻りが期待できるか。11月下旬から12月初旬にかけて調整するか。12月中旬から1月初旬にかけて戻りが期待できるか。


※先行指数を読み解くテクニカルレポート

長期スケールAが10/4週以降、約1年ぶりの4週連続の下落も11/1週にストップ。経済規模の縮小傾向も底打ちか。
1/3週には、直近最高値の9/27週の130.75を上回る131.73に。短期スケールAでも、直近最高値の11/22週の131.51を上回る132.38に。

長期成長指数Aは、1/3週に4.44に。18週ぶりの上昇へ。よって12/27週に底打ちか。短期成長指数Aも1/3週に4.41に。5週ぶりの上昇へ。同様に12/27週に底打ちか。

成長指数がプラス値(4.1〜4.4)を保ったまま底打ちしたので、持続的な景気回復の継続は続く見込み。問題は、10月〜12月に発生が予測される調整局面に絞られるか。

トレンド転換指数は、10/4週に−14.22。10/18週に−13.99。
短期総合指数は、10/4週に−1.28。10/25週に−1.10。
短期スコアは、10/11週に-12。
やはり、10/4週〜10/25週あたりで調整が見込まれるか。

長期系スコア、RANK系微分スコアも、10/4週から0の出現頻度が上昇。10/25週まで続く。11/1週からは一気に改善傾向へ。しかし、改善傾向は11/22週までか。12/20週に再び長期系スコアとRANK系微分スコアに0が出現するも、翌週以降には回復傾向へ。12/20週が調整の底になることを示唆か。

9/20週〜9/27週にかけて、RANK系微分スコアに大きな上昇相場の終わりを示唆するサイン(4-9-0-1)と(5-10-1-3)が出現。相場の分水嶺出現か。と思いきや11/1週には、底打ちの兆しが。11/22週には、(5-10-4-4)まで回復も、あとが続かず。12/20週には再び0が出現。12/20週には再び(5-10-0-0)が出現。しかし、その後は戻すことから下落相場入りは回避できるか。

12月下旬についに、底打ちが出現。成長指数がマイナス値(景気後退)に陥る前に底打ちしたのは心強い限り。当面の問題は、10月に見込まれる調整局面時のVIX指数の推移か。「25以上」が連発して出現しなければ、昨秋から続く大きな上昇相場の継続の可能性が高まるか。願わくば「20」も超えない状態を維持できればいいのだが。こればかりは「運」次第か。

よって米国債務上限問題の行く末が最大の鍵を握るか。一部報道によると10月半ばがデフォルト回避期限とか。奇しくも10月中旬には、先行指数上に悪い数値が並び下落局面の到来を示唆。タイミングとしては最悪か。2011年7月〜8月のときのように政府側と議会側が互いが譲らない場合は、「VIX指数」が25を超えて下落局面に拍車がかかる展開もあるか。

9/17〜18日に開催された米国FOMCは、市場予想をくつがえしての緩和継続へ。
バーナンキ議長も、10月の下押し圧力とそれ以降の景気減速懸念が気がかりだったのかもしれない。
しかし、その減速も年内に収束する可能性が高まってきたか。今後の先行指数次第だが、12月の緩和縮小も現実味を帯びてくるか。

※日経平均株価 先行指数と周期的アノマリー(2013/9/27週〜1/3週)
saishin-225-roano20140103.png

スケールの短長差(短期スケールA−長期スケールA)も追加。9/27週までは上昇も、10月からはマイナス値に。11月からはプラス値に復帰。成長指数の短長差(短期成長指数A−長期成長指数A)は、11/1週〜11/29週まで、マイナス値であるものの上向くも0を抜けず。12月に入って再び下落に転じるも、1/3週までに戻すか。

周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。
先行指数での下落予測と周期的アノマリーの不調期が重なる10/4週〜10/25週の下げがキツイか。

※日経平均株価 先行指数からの結果と予想(2013/1/4〜2014/1/3)
saishin-225-year20140103.png


※NYダウ 先行指数と周期的アノマリー(2013/9/27週〜1/3週)
saishin-ny-roano20140103.png

NYダウについては、周期的アノマリーのシンクロ率が低下中。一時的なものかどうか暫く様子をみるつもり。

※NYダウ 先行指数からの結果と予想(2013/1/4〜2014/1/3)
saishin-ny-year20140103.png

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック