◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 中国塗料,アインHD,クミアイ化,キタック
[格付け・レーティング情報] セブン&アイ,TIS,信越化,日触媒,ワンキャリア,日油,オービック,AS…
[S高|株価値上注目銘柄] サイバーエージェント,マキタ,タカトリ,資生堂,レーザーテック,GLP投資…
【立会外分売結果】富士興産(5009) 【終値:1,118円:+20円:+1.82%】楽天・松井・SBI・マネックス…
[格付け・レーティング情報] 東洋水産,セブンアイ,日油,日ASB機械,SANKY,しまむら,三井住友…
[上方修正・増配・好材料情報] 住石HD,トランスジェニック,エスプール,スターティア,GMOペイメ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤園,ビケンテクノ
[株式分割情報]  ユニフォームネクスト(3566) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 東鉄工,GMO−PG,メルカリ,エーザイ,住友電,ニッパツ,マキタ,ソニー…
[株式分割情報]  RS Technologies(3445) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] JTOWER,ACCESS,FRONTEO,トリケミカル研究所,レーザーテ…
[格付け・レーティング情報] GMOPG,東海カボン,住友電工,大阪チタニ,ニッパツ,信越ポリマ,ニトリ
[上方修正・増配・好材料情報] 中電工,FRONTEO,クロスキャット,まんだらけ,三洋貿易,ツルハH…
[上方修正・増配・好材料情報] ASNOVA,シキボウ,東和フード,ラクーンHD,JSB,トリケミカル…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,三洋貿易,オイシックス,デンカ,バルテス,塩野義,富士製薬,…
[株式分割情報]  ASNOVA(9223) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本電波工業,恵和,エーザイ,日本郵船,三菱重工業,日医工,ビリングシステム…
[株式分割情報]  Birdman(7063) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] マツココ,オイラ大地,デンカ,バルテス,塩野義薬,OBC,コスモエネ,丸一…
[上方修正・増配・好材料情報] テノックス,セーラー広告,ShinwaWise,オエノン,高千穂交易,…
Top◆日経平均予想と結果(2013) >日経平均株価(NYダウ)長期予想 9/20週の先行指数&周期的アノマリーの結果
2013年09月21日

日経平均株価(NYダウ)長期予想 9/20週の先行指数&周期的アノマリーの結果



furi-coment201309020.png
※9/20週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
◎長期的には、9/20週は、ほぼ横ばいか。やや下げ圧力が勝るか。9/27週は、やや戻す展開か。
◎短期的には、9/20週は、下げ圧力が増大するか。9/27週は、やや戻す展開か。
◎RANK的には、9/20週は、ほぼ横ばいも、やや下げ圧力が勝るか。9/27週は、やや戻す展開か。

日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
9/16(月)・・・ 休場, 休場
9/17(火)・・・+40 , +5
9/18(水)・・・+29 , −1
9/19(木)・・・+22 , −15
9/20(金)・・・+15 , +5
であり、積分系は好調期を維持するも、微分系は軟調期・不調期へ。

9/20週は、長期系的には、横ばいも、短期系的・RANK系的には、やや下げ圧力が生じるか との予測。周期的アノマリー(短期間での規則性)では、相場の基調は好調期も、瞬発力は徐々に小さくなるか との予測。

実際の相場は、先週の流れを引き継いで堅調な展開。9/18には14,500円台に到達。大注目の米国FOMCは、予想に反して金融緩和縮小見送りに。9/19には14,760円台まで上昇。週末終値は、14,740円台に。さすがに、イベント絡みの値動きまでは、予想しきれず。それでも、全体的な相場展開は、先行指数と周期的アノマリーで予想された許容範囲に収まるか。
furi-week-ano20130920.png

※日経平均株価日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-225-rousoku20130920.png

周期的アノマリーと実相場の動きは、それなりにシンクロ率が高いか。

3ヶ月先行指数で大きな相場全体の方向性を掴んで、周期的アノマリーで細かな投資タイミングを計る戦略は、この期間においても、有効か。

※日経平均株価と前1年の先行指数
furi-225-year-ano20130920.png

先行指数と実相場の動きは、シンクロ率が高いか。

※NYダウ日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー
furi-ny-rousoku20130920.png

周期的アノマリーは、今ひとつシンクロ率が低いか。特に、周期的アノマリーが短期間(7/2〜7/30、9/3〜9/13)に急落しても、実相場は上昇から横ばい傾向にあるか。周期的アノマリーの振幅の小さいときの方がシンクロ率は高いか。

※NYダウと前1年の先行指数
furi-ny-year-ano20130920.png

先行指数と実相場の動きは、シンクロ率が高いか。
ただし、2013/7月以降のNYダウの値動きが余りにも強い。6月の急落の反動もあるが、先行指数(過去20年間の経済統計数値)では説明がつきにくい。単なる過熱感からくるものなのか、経済構造に変化が生じつつあるのか判断の難しいところ。もう少しデータを集める必要があるか。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想と結果(2013) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック