◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
【立会外分売結果】ヴィス(5071) 【終値:1,001円:+12円:+7.22%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡オン…
[格付け・レーティング情報] 王子HLD,レゾナク,一工薬,サカタイン,住友大阪,太平洋セメ,DMG森…
[上方修正・増配材・好料情報] 東建コーポレーション,アイ・ケイ・ケイ,スタジオアリス,サトウ食品,…
[格付け・レーティング情報] ミライトワン,不二製油G,くら寿司,イオンリート,トクヤマ,ADEKA,…
[株式分割情報] 成友興業(9170) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] ANYCOLOR,クオリプス,シーアールイー,巴工業,大日本印刷,大阪ソー…
[格付け・レーティング情報] 積水ハウス,ダイダン,ヒビノ,サントリBF,東洋水,セブン&アイ,クラレ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ホクリヨウ,デジタルアーツ,テンポス,アートグリーン,JMHD,インタ…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,GENDA,ラクスル,ワコールHD,ダイダン,富士石油,住友電設…
[上方修正・増配材・好料情報] 安江工務店,イオレ,いちご,ギグワークス,ロック・フィールド,エー・ピ…
[S高|株価値上注目銘柄] カバー,トライアル,東和薬品,古河電気工業,TOPPAN,日清食HD,シンバ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,東洋水産,堺化学,花王,メイコー,良品計画,オリンパス,eギ…
[上方修正・増配材・好料情報] トライアル,タマホーム,クシム,アスカネット,MonotaRO,ホリイ…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本情報C,山岡家,トビラシステ,チエル,日東網,アマガサ,リッジアイ,…
[格付け・レーティング情報] エターナルG,リゾートトラ,ブリヂストン,リクルート,セガサミー,日立,…
[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,カナモト,シーイーシー,安田倉庫,三菱製紙,フォーバル,シャープ,…
Top具体例(2008年:リーマンショック) >リーマンショックへ至る道4 (2008/7月〜12月)先行指数と日経平均株価とNYダウ
2013年07月26日

リーマンショックへ至る道4 (2008/7月〜12月)先行指数と日経平均株価とNYダウ



2008-7-12.png
※先行指数から読み取るテクニカルレポート
◎長期系指数群から
長期スケールAは、7/18週に底打ちも、9/26週には天井打ち。経済規模は9月下旬までは、やや拡大するも、12月下旬にかけて縮小傾向続くか。長期成長指数Aは、7/25週に底打ちも、10/24週に天井打ち。マイナス値を脱出できず。12月下旬まで下落傾向続く。景気は、全期間を通じて後退続くか。7月中旬〜9月上旬に、やや持ち直すも、勢いが続かず。12月上旬にかけて、景気後退に拍車がかかるか。株式相場の転換点は、7/18週が調整の底か。8/22週まで戻りがあるか。8/29週から調整局面入りか。10/31週〜11/14週が調整の底か。

◎短期系指数群から
短期スケールAは、7/18週に底打ちも、8/29週には天井打ち。経済規模は、8月下旬までは、やや拡大するも、12月中旬にかけて縮小傾向続くか。短期成長指数Aは、7/25週に底打ちも、9/19週に天井打ち。マイナス値を脱出できず。12月下旬まで下落傾向続く。景気は、全期間を通じて後退続くか。7月下旬〜8月下旬に、やや持ち直すも、勢いは続かず。11月下旬にかけて、景気後退に拍車がかかるか。株式相場の転換点は、7/11週〜7/18週が調整の底か。8/22週まで戻りがあるか。9/5週から調整局面入りか。11/7週〜11/21週が調整の底か。

◎RANK系指数群から
長期期地合は、10/24週〜10/31週に10に改善するも、期間を通じて軟調。絶対的な地合は弱い。短期地合とRANK指数では、7/25週〜8/29週に、やや強い数値が出現。相対的な地合が改善するか。計差分と計差分計では、10/3週〜10/17週と、11/7週〜11/21週に急落サイン出現。調整するか。微分スコアでは、8/1週〜8/8週に天井を打つか。10/17週〜11/21週に、全て0が出現。調整するか。

まとめると、7/18週が調整の底か。8/22週まで戻すも勢いは弱いか。8/29週から再び調整局面入りか。10/31週〜11/21週が調整の底か。
ro2008-7-12.png

ny-ro2008-7-12.png
7月から9月にかけて、スケールと成長指数が改善するも、成長指数はマイナス値であり、景気後退継続中。しかも、9月中旬から成長指数も再びマイナス幅を拡大。このことは3ヶ月前の6月中には判明。リーマンショックは9/15に発生。8月の戻りを待った後に、9月からの暴落を回避することは十分に可能であったか。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック