◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] Sフーズ,ビジョナル,ローツェ,安川電機,IDOM,大和証券G
[上方修正・増配・好材料情報] ウエルシア,ヨシックス,アセンテック,アイル,PRTIMES,ラクス,…
[上方修正・増配・好材料情報] シマノ,アピリッツ,バーチャレク,イムラ封筒,ユナイテッド,ネクスG,…
[格付け・レーティング情報] ウエストHD,大王紙,リクルート,東エレク,NTT都市R,NTT
[S高|株価値上注目銘柄] リソー教育,PRTIMES,エアトリ,MDV,弁護士ドットコム,イオンファ…
[格付け・レーティング情報] JT,コスモス薬品,神島化学,デンソー
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,ジーエヌアイグループ,いちご,タスキ,マーチャント・バン…
[上方修正・増配・好材料情報] 学情,PRTIMES,リソー教育,ノダ,エストラスト,北川精機,プロロジスR,…
[格付け・レーティング情報] イビデン,小野薬,ソラスト,新光電工,東京センチュ,郵船,商船三井
[S高|株価値上注目銘柄] ベイカレント,SHIFT,ベクトル,クリレスHD,JKHD,ジンズ,TSI,…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(01/21週〜04/29週) ] 2月中旬までに底打ちか 4…
[上方修正・増配・好材料情報] 日フイルコン,RPA,MIT,イトクロ,アルテック,UUUM,サムティ,…
[格付け・レーティング情報] 中外製薬,郵船,商船三井
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(01/14週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/01/14週 ▲191,114円】NYDow 続落 早期利上げ観測継続 N22…
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,ファンクリG,プラップJ,DDHD,GRCS,リンガハット…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(01/14終値)
[上方修正・増配・好材料情報] ラストワンM,SKジャパン,ジャステック,UUUM,HIOKI,SHI…
[格付け・レーティング情報] ネクステージ,セブン&アイ,セプテニHD,塩野義,栄研化,第一三共,牧野…
[S高|株価値上注目銘柄] ファーストリテイリング,乃村工藝社,ビックカメラ,エスプール,竹内製作所,…
Top◆日経平均予想見通し >米国は9月に量的緩和縮小を実施できるのか?
2013年07月16日

米国は9月に量的緩和縮小を実施できるのか?



7/5発表の6月米国雇用統計が予想を上回る内容だったので、市場は9月からの緩和縮小を見込んで動きつつあるか。
先行指数上でも、一時期の絶好調期は過ぎたものの、なお好調な数値を維持。米国経済は巡航速度に移行しつつあるか。まさしく、「やるなら今」のタイミングか。

しかしながら、10月からの米国の実体経済には、明らかに下押し圧力がかかる見込み。

9/17〜9/18のFOMCで緩和縮小を決定するのは、10月以降の米国経済には、かなり危険か。いらぬトリガーを引きかねないか。

さすがに、FRBのバーナンキ議長も気づいたようで、7/12週からその発言内容が緩和継続に軸足をおいた「ハト派」的なものに。

量的緩和をチラつかせて株価を維持するお得意のパターンに持ち込むつもりか。リップサービスで、少しでも実態経済を活発化し、3ヶ月後の11月以降の実態経済の悪化を食い止めにかかったか。

しかし、このやりようは諸刃の剣か。リップサービスに釣られて米国NYダウは、5月の終値での最高値(15460ドル)を更新。経済規模に対して明らかに高すぎるのも事実。量的緩和によって約20%のプレミア(バブル)が乗っているか。(次のグラフ参照)
ny-suke-200705-201310.png

ny-sei-200705-201310.png

もし、このまま8月下旬まで騰勢を極めたうえで、11月以降の経済活動の底上げに失敗したら・・・待っているのは暴落だけ・・・ということは避けて欲しいものだが。

FRBとしては、これ以上のバブル化は避けたいところか。なんとか14500ドル〜15000ドル近辺に株価を誘導しつつ、取りあえず9月の緩和縮小は見送るか小幅な緩和縮小に留めるといったところか。バーナンキ議長は自分の任期中(2014年1月)までは、量的緩和継続のカードを最大限に使って株価の暴落を防ぎにくるか。

ところで、QE3を終了できる時は、本当に来るのか?失業率6.5%とインフレ率2%になれば終了すると明示してはあるものの、現在の米国の労働や経済のシステムを俯瞰してみるに、相当無茶な設定。少なくとも、バーナンキ議長の任期切れ(2014年1月)までの達成は絶対に無い。あと3年〜5年、下手をすれば10年は無理か。

そもそも、QE3(オープンエンドの量的金融緩和)が単なる株価維持(釣り上げ:金融バブル化)の手段にすり替わりつつある事が問題になるか。

来年からの新議長の判断次第では、ガラリと政策が変わるかもしれない。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック