◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 進学会,木村工機,理想科学,フェイスNW,フラベッド,りらいあ,電気興…
[上方修正・増配・好材料情報] Aバランス,バルクHD,ワットマン,マーチャント,進学会HD,スパンク…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(05/21週〜08/27週) ]5月中下旬〜8月下旬は上向く…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] レカム,ウィズメタク,エスペック,アルテリア,元旦,栄電子,飯田GHD,…
[上方修正・増配・好材料情報] 明豊ファシリ,ランディクス,リファインV,NTN,PI,アエリア,フコ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(05/14週終値現在)
[格付け・レーティング情報] ライフル,UTG,イビデン,東京応化,フジメディア,メック,明電舎,ルネサ…
[上方修正・増配・好材料情報] サイバーセキ,ディディエス,スペースVH,インパクト,ラオックス,ビ花…
[上方修正・増配・好材料情報] 一正蒲鉾,ソフィア,ぷらっと,システム情報,サイジニア,長大,三栄コ,ビ…
[上方修正・増配・好材料情報] あかつき本社,理ビタ,関門海,アイドマMC,AKIBA,ニチモウ,元気…
[上方修正・増配・好材料情報] ワイエイシイ,アルゴグラフ,RIZAP,星医療,立花エレ,名村造,永谷…
[上方修正・増配・好材料情報] ブレクスルー,オーバル,ミダック,アズジェント,パーソルHD,DIシス…
[上方修正・増配・好材料情報] ムゲンE,イオレ,オープンH,中国銀,コニカミノル,バードマン,プレサ…
[上方修正・増配・好材料情報] 日東ベスト,cotta,アイリッジ,エアーテック,ミンカブ,愛知銀,日…
[上方修正・増配・好材料情報] i−plug,KDDI,rakumo,寺崎電気,黒田精,まんだらけ,横…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2021/05/14週 ▲682,041円】NYDow 反落 一時35000ドル到達もイン…
[上方修正・増配・好材料情報] ユナイト,大興電子,久世,稀元素,学研HD,カンダ,ウィザス,JMC,エ…
[上方修正・増配・好材料情報] ギフティ,大東港運,三機工,明治電機工業,ニッピ,荏原,エネチェンジ,レ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(05/14終値)
Top◆日経平均予想見通し >7/19週〜10/25週の先行指数の予想(予測)内容
2013年07月14日

7/19週〜10/25週の先行指数の予想(予測)内容



20131025.png
※7/19週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
◎長期的には、7/19週は、一時的にやや強めの下げ圧力がかかるか。7/26週は、下げ圧力後退か。

◎短期的には、7/19週は、下げ圧力がかかるか。7/26週は、下げ圧力後退も、まだ残るか。

長期的にも、短期的にも下げ圧力が生じるか。

※10/25週までの先行指数の主な予想(予測)内容は、次のとおり。

◎長期系指数群から
長期スケールAは、9/27週に天井打ちか。経済規模の拡大傾向も9月下旬までか。長期成長指数Aは、プラス値続くも、8/30週に天井打ち。景気は、回復は続くも、9月初旬から10月下旬にかけて、徐々に減速傾向へ。

株式相場の転換点は、7/19週に一時的に調整するか。8/16週〜8/23週に天井か。8/30週に調整するか。9/27週まで戻りがあるか。しかし、勢いは弱いか。10月初旬からは、調整局面入りか。調整の底は11月以降か。

◎短期系指数群から
短期スケールAは、8/23週と9/27週に天井打ちか。9/6週に底打ちか。経済規模の拡大傾向も、9月下旬までか。短期成長指数Aは、プラス値続くも、8/23週に天井打ち。景気は、回復続くも、8月下旬から10月下旬にかけて、徐々に減速傾向へ。

株式相場の転換点は、7/19週〜7/26週に調整するか。8/23週が天井か。8/30週〜9/6週に調整するか。9/27週まで戻りがあるか。しかし、勢いは弱いか。10月初旬からは、調整局面入りか。調整の底は11月以降か。

◎RANK系指数群から
長期期地合は、8/30週まで最強の12が続くも、10月下旬にかけて8まで下落。短期地合とRANK指数では、7/19週と8/30週〜9/6週と、10/4週〜10/25週に、弱い数値が出現。相対的な地合も弱いか。計差分と計差分計では、8/23週〜8/30週と10/4週〜10/18週にに急落サイン出現。微分スコアでは、8/23週に天井打ちか。9/27週にも天井打ちか。10月初旬から調整局面入りか。

まとめると、
7/19週〜7/26週に、エアポケット的な下落が散見。相場も調整するか。7/12の時点で日経平均は25日移動平均を7.0%も上回る。急激な調整に注意する必要があるか。

8/2週〜8/23週までは、好調な先行指数が並ぶ。サマーラリーの出現が期待できるか。ただし、VIX指数には要注意。25を超えると、先行指数上の上昇予測は消滅する傾向あり。

8/23週〜9/6週おいてRANK系に、急落サイン出現。調整するか。長期系、短期系から調整の底は8/30週か。

9/13週〜9/27週は、すべての先行指数が改善傾向にあることから、戻す展開か。しかし、勢いは弱いか。

10/4週からすべての先行指数が一気に悪化傾向へ。
10/4週〜10/18週において、RANK系に、急落サインが再び出現。調整局面は暫く続くか。

※先行指数を読み解くテクニカルレポート

長期スケールAが10/4週以降、約1年ぶりの4週連続下落へ。経済規模も縮小傾向を強めだしたか。いよいよ本格的な調整相場入りが現実味を帯びてきたか。

景気の回復は、8/23週〜8/30週で天井を打つか。
長期成長指数は、10/25週に5.76。直近最低値である8/2週の6.65を下回る。短期成長指数も、同様に4.88。これも7/5週の6.30を下回る。なかなか下げ止まる気配が無い。

成長指数自体はプラス値なので、景気回復は継続中。ただし、回復速度の減速は、11月以降も続く可能性が大か。

相場の絶対的な地合も、9/6週から10に下落。9/27週には8まで下落。10月も8のまま。ギリギリで強い地合を保つも限界か。相対的な地合は、10/4週から最弱の1に転落。

長期的スコア、RANK系微分スコアも、10/4週から0の出現頻度が上昇。本格的な調整局面入りを示唆。

9/20週〜9/27週にかけて、RANK系微分スコアに大きな上昇相場の終わりを示唆するサイン(4-9-0-1)と(5-10-1-3)が出現。株式相場の分水嶺になるか。
ro20131025.png
投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック