◆新着記事一覧◆
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(03/08週〜06/14週 ] 4月上旬まで下押すも6月中旬…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[上方修正・増配材・好料情報] セーラー広告,エディオン,三越伊勢丹,THEWHYHOW,ロート製薬,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(03/01週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(03/01終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/03/01週 ▲234,521円】NYDow 反落 SP500・ナスダック最高値…
[格付け・レーティング情報] INPEX,熊谷組,関電工,SUMCO,F&LCO,ネクソン,東和薬品,サ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(03/01週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] NXHD,日基技,ニッコン,持田製薬,帝国電,ピープル,ホッカンHD,ア…
[格付け・レーティング情報] インフォMT,サントリBF,クラレ,ダイセル,アイカ,UBE,第一三共,O…
[S高|株価値上注目銘柄] 日本システム技術,ビーウィズ,旭有機材,日本電技,ネクソン,住友ベークライ…
[株式分割情報] 三井不動産(8801) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] 山崎パン,ダイセル,UBE,ペプチD,OBC,AGC,日本製鋼,三井海洋,…
[上方修正・増配材・好料情報] まんだらけ,アスクル,ジェイフロンティア,ツルハHD,ジェイドG,サイ…
[株式分割情報] 日本システム技術(4323) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 大林組,鹿島,熊谷組,関電工,山パン,太平洋セメ,大阪チタ,ヤマハ発,タカ…
[S高|株価値上注目銘柄] アルプス物流,大黒天物産,大成温調,四国化HD,あおぞら銀行,セブン&アイ,…
[株式分割情報] MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725) 1株⇒3株
【立会外分売結果】 アシードホールディングス(9959) 【終値:617円:+28円:+4.75%】楽天・松井・SBI…
[株式分割情報] エフ・コード(9211) 1株⇒2株
2023年05月12日

[格付け・レーティング情報] カカクコム,日本酸素HD,イオンファン,インフロニア,オークマ,FUJI,ダイキン,エプソン,パナHD,シスメックス,ファナック,日産自,ホンダ,ニコン,スクリン,バンナムHD,東エレク,住友不,ゴールドクレ,JR九州,カプコン,コナミG



格付け・レーティング情報




カカクコム <2371>    岩井コスモ   新規にA  2700      2045
日本酸素HD <4091>   野村    買い    2700→3500   2754
イオンファン <4343>   三菱UF  強気    3940→6400   3490
インフロニア <5076>   野村    買い    1200→1500   1249
オークマ <6103>     GS    買い    7000→7200   6060
FUJI <6134>     CLSA  強気→買い 2500→2700   2422
ダイキン <6367>     岩井コスモ   A     27000→29500  25555
エプソン <6724>     野村    買い    3000→3200   2055
パナHD <6752>     岩井コスモ   A     1550→1700   1371
シスメックス <6869>   野村    買い    10600→11500  8869
ファナック <6954>    岡三    強気    5600→5700   4560
日産自 <7201>      GS    買い    580→650    532.5
ホンダ <7267>      GS    買い    4000→4400   3741
ニコン <7731>      マッコリ  強気    1600→1900   1481
スクリン <7735>     岩井コスモ   A     15000→15600  11810
バンナムHD <7832>   岩井コスモ   A     3833→3850   3245
東エレク <8035>     GS    買い    16333→17000  16395
東エレク <8035>     三菱UF  強気    17600→18000  16395
住友不 <8830>      野村    買い    5340→5780   3372
ゴールドクレ <8871>   野村    買い    2910→2920   1738
JR九州 <9142>     モルガン  強気    3100→3200   3175
カプコン <9697>     岩井コスモ   A     5000→6100   5360
コナミG <9766>     野村    買い    8700→9100   7030







更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆レーティング格付情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[株式分割情報]  ALSOK(2331) 1株⇒5株



ALSOK(2331):東証PRM:サービス業


警備サービス2位。金融機関向けに強み。現金警備輸送はコンビニ等へ展開。ホーチキに出資

<株式分割>
2023年6月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する
普通株式 1株につき 5株 の割合をもって分割。

2023/05/12現在 終値 3,915円







saishin-225-year20230818.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆株式分割情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[株式分割情報]  日本電信電話(9432) 1株⇒25株




NTTグループ持株会社。ドコモ主力。固定電話独占、光回線高シェア。海外開拓・提携に注力

<株式分割>
2023年6月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する
普通株式 1株につき 25株 の割合をもって分割。

2023/05/12現在 終値 4,108円







saishin-225-year20230818.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆株式分割情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S高|株価値上注目銘柄] アルテリア,高周波熱錬,電算システム,神戸製鋼所,ユニプレス,力の源HD,ウシオ電機,都築電気,藤田観光,エムティーアイ,住友不動産,オプトラン,KADOKAWA,名村造船所,オイレス工業,安藤・間,サッポロHD,石原産業,フージャース,オイシックス・ラ・大地,アルプス技研,ニッスイ,品川リフラクトリーズ,参天製薬,日産自動車,ダイキョーニシカワ,森永製菓,ジャパンエン,フレクト,Arent



※S高銘柄一覧



<2107> 東洋糖     東証S  配分  100期記念配と特別配実施で今期65円増配・高配当利回りで関心 5.51万株買残
<3041> ビ花壇     東証S  配分  前日まで3日連続ストップ高 10.44万株買残
<3137> ファンデリー  東証G  一時  
<3727> アプリックス  東証G  一時  23年12月期の営業利益予想を上方修正、未収債権で想定以上の回収
<3750> サイトリ細研  東証S  一時  
<4072> 電算システム  東証P  一時  第1四半期大幅増益決算を好感
<4414> フレクト    東証G  配分  0.31万株買残
<4423> アルテリア   東証P  配分  今期最終は6%増で2期ぶり最高益 25.51万株買残
<5247> BTM     東証G      
<5254> Arent   東証G      23年6月期の営業利益予想を上方修正、プロダクト共創開発で受注堅調
<5976> ネツレン    東証P  配分  5.17万株買残
<6016> ジャパンエン  東証S  配分  24年3月期は2ケタ営業増益で15円増配を見込む 0.75万株買残
<6357> 三精テクノロ  東証S      24年3月期営業益予想45%増で2.5円増配へ
<6563> みらいWKS  東証G      第2四半期営業益は単独だった前年同期と比べ74%増
<7849> スターツ出版  東証S  配分  1-3月期経常は2.6倍増益で着地 0.02万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <6731> ピクセラ   東証S   50.0    3 
2. <2762> SANKO  東証S   24.0   274 
3. <4423> アルテリア  東証P   23.3  1585 S 丸紅とセコムによるTOB価格にサヤ寄せ
4. <3727> アプリックス 東証G   21.9   167  第1四半期時点で通期業績の大幅増額発表しサプライズ
5. <6016> ジャパンエン 東証S   20.9  2310 S 24年3月期は2ケタ営業増益で15円増配を見込む
6. <2138> クルーズ   東証S   20.5  1205  フィンテック関連
7. <5976> ネツレン   東証P   20.5   883 S 24年3月期は2ケタ営業増益で18円増配を予想
8. <4414> フレクト   東証G   20.2  2981 S 今期営業利益倍増で大幅ピーク益更新へ
9. <5247> BTM    東証G   19.2  4345 S 今期経常は29%増で2期連続最高益更新へ
10. <3992> ニーズウェル 東証P   19.1  1313  5月末を基準日に1株を2株に株式分割へ
11. <5254> Arent  東証G   17.9  4610 S 今6月期営業益予想を増額し前期比2.8倍化へ
12. <3041> ビ花壇    東証S   17.4   674 S
13. <7183> あんしん保証 東証S   17.3   312 
14. <7849> スターツ出版 東証S   17.1  4800 S
15. <4072> 電算システム 東証P   16.5  3115  第1四半期営業益94%増で通期計画進捗率30%
16. <2107> 東洋糖    東証S   16.1  1081 S 100期記念配と特別配実施で今期65円増配・高配当利回りで関心
17. <6357> 三精テクノロ 東証S   15.9  1096 S 24年3月期営業益予想45%増で2.5円増配へ
18. <6563> みらいWKS 東証G   14.3   799 S 第2四半期営業益は単独だった前年同期と比べ74%増
19. <9272> ブティックス 東証G   13.0  4740  5月末を基準日に1株を2株に株式分割へ
20. <4583> カイオム   東証G   12.4   217 
21. <5406> 神戸鋼    東証P   12.0  1142  前期実績・今期ガイダンスともに大幅上振れ
22. <4165> プレイド   東証G   11.6   691 
23. <3750> サイトリ細研 東証S   11.3  1135 
24. <5949> ユニプレス  東証P   11.1  1044  今期増益・増配計画と日産自の生産計画を好感
25. <3561> 力の源HD  東証P   10.7  1520  23年3月期の業績上振れと24年3月期の2ケタ増益を好感

アルテリア <4423>  1,585円  +300 円 (+23.4%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高。11日の取引終了後、同社に対し丸紅<8002>とセコム<9735>が株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。TOB価格は1株1980円。買付予定数の上限は設定せず、全株取得を目指す。アルテリアの株価はTOB価格にサヤ寄せする格好となった。買付予定数は2494万358株で、下限は829万3500株。応募株券数が下限に満たない場合は、応募株券の全部の買い付けは行わない。買付期間は未定。TOB成立後は所定の手続きをもってアルテリアは上場廃止となる見込み。同社は今回のTOBに賛同の意見を表明している。丸紅とセコムのリソースを活用し、クラウド分野や情報セキュリティー分野などでの強化を目指す方針という。東京証券取引所は11日、アルテリアを監理銘柄(確認中)に指定した。

高周波熱錬 <5976>  883円  +150 円 (+20.5%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率2位
ストップ高。11日の取引終了後に発表した24年3月期連結業績予想で、売上高630億円(前期比9.5%増)、営業利益28億円(同16.8%増)、純利益20億円(同5.2倍)と2ケタ営業増益を見込み、年間配当予想を前期比18円増の48円としていることが好感された。自動車向け受注の回復が見込まれることに加えて、材料費・電力費などのコストアップ分の販売価格への転嫁や原価低減方策をより推進することが寄与する。なお、23年3月期決算は売上高575億2400万円(前の期比8.5%増)、営業利益23億9600万円(同35.3%減)、純利益3億8100万円(同85.8%減)だった。あわせて、上限を271万7000株(発行済み株数の7.21%)、または15億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視された。取得期間は23年5月12日から24年3月31日までで、経営環境の変化に対応した柔軟な資本政策の遂行や資本効率・ROEの向上、株主還元の更なる拡充を目的としている。

電算システム <4072>  3,115円  +442 円 (+16.5%) 一時ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率4位
一時ストップ高。同社は11日取引終了後、23年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比94.1%増の11億8600万円となり、通期計画の39億円に対する進捗率が30.4%に達していることが好感されたようだ。売上高は同23.5%増の145億9600万円で着地。情報処理サービス事業では請求書作成代行サービスなどが堅調だったほか、収納代行サービス事業では新規獲得先の取り扱いが順調に推移した。なお、通期業績予想については従来計画を据え置いている。

神戸製鋼所 <5406>  1,142円  +122 円 (+12.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
1000〜1100円近辺のもみ合いを一気に上放れ、年初来高値を更新。11日の取引終了後に発表した23年3月期決算は利益が大幅に上振れして着地。続く24年3月期業績についても、売上高が前期比8.4%増の2兆6800億円、純利益が同37.8%増の1000億円と好調な見通しを示しており、これを好感した買いが集まっている。23年3月期の売上高は前の期比18.7%増の2兆4725億円(従来予想2兆4900億円)、純利益が同20.8%増の725億6600万円(同620億円)だった。販売価格改善の進展による鉄鋼メタルスプレッドの改善や、一般炭市況の下落に伴う電力での燃料費調整の時期ずれ影響の解消などが利益面で大きく寄与した。今期は鉄鋼メタルスプレッドの改善に加え、アルミ板や素形材、溶接、建設機械での調達コスト上昇分の価格転嫁を進め収益を確保する方針。配当予想は未定(前期40円)とした。

ユニプレス <5949>  1,044円  +104 円 (+11.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
3日ぶりに急反発し、年初来高値を更新した。11日の取引終了後、23年3月期の連結決算発表にあわせ、今期の業績と配当予想を開示した。24年3月期の売上高は前期比2.8%増の3130億円、最終利益は同16.7%増の29億円を見込む。年間配当も増配を計画する。車体骨格部品の主要取引先となる日産自動車<7201>も今期の生産台数を2割増とする見通しを示しており、買い安心感を一段と強める格好となったようだ。ユニプレスは、足もとの半導体不足による減産リスクはあるものの、得意先の受注は今後回復するとの見方を示している。23年3月期は売上高が前の期比19.6%増の3044億4200万円、最終損益は24億8300万円の黒字(前の期は79億5500万円の赤字)だった。中国拠点を除いてグループの業績が順調に推移したほか、合理化の進展効果もあって、従来の予想を上回って着地した。前期の期末配当は、これまでの予想から5円増額の10円とした。前期の年間配当は20円(前の期比10円増配)となる。今期の年間配当は30円(前期比10円増配)を計画する。

力の源ホールディングス <3561>  1,520円  +147 円 (+10.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
後場に入り急伸。午前11時30分ごろに発表した23年3月期連結決算が、営業利益22億8100万円(前の期比2.2倍)と従来予想の17億1000万円を大きく上回って着地したことに加えて、24年3月期も同25億4000万円(前期比11.4%増)と2ケタ増益を見込むことが好感された。23年3月期は、冬季における新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響が軽微だったことに加えて、為替の変動が小さかったこと、更に費用の抑制が実現したことなどが利益を上振れさせたとしている。続く24年3月期は、国内外ともに既存店の緩やかな成長と新規出店による売上高の増加を見込んでおり、特に海外は出店を加速することで売上高は283億6100万円(同8.6%増)を予想。また、コストコントロールや各種DX施策の推進などにより増益を確保する見通しだ。

ウシオ電機 <6925>  1,925円  +174 円 (+9.9%)  本日終値
大幅高で4連騰。年初来高値を更新した。11日の取引終了後、取得総数2000万株(自己株式を除く発行済み株式総数の17.00%)、取得総額300億円を上限とする自社株買いの実施を発表した。取得株数の規模から、株式需給に対する強い引き締め効果が意識され、買いを集める要因となったようだ。取得期間は5月29日から2024年5月10日まで。あわせて24年3月期の連結業績予想も開示した。売上高は前期比7.4%増の1880億円、最終利益は同27.0%減の100億円を見込む。露光用UVランプや、EUV(極端紫外線)光源は減収を予想する。半面、商業施設やイベント向けの需要増加を背景に一般映像分野での機器販売は増加を想定。医療業界向けランプも販売拡大を計画する。

都築電気 <8157>  1,668円  +142 円 (+9.3%)  本日終値
急伸。午後0時30分ごろ、24年3月期業績予想を発表。売上高を前期比2.1%増の1265億円、営業利益を同3.6%増の53億円とし、好調だった前期に続き良好な見通しを示したことが好感された。あわせて26年3月期を最終年度とする中期経営計画を明らかにしており、この内容も好感された。最終年度に売上高1300億円、営業利益65億円を目指す。株主還元については、配当性向の目安を従来の30%から40%に引き上げたうえで、下限をDOE(連結株主資本配当率)3.5%とする方針を掲げた。今期配当は76円(前期61円)を見込む。

藤田観光 <9722>  3,855円  +315 円 (+8.9%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は0.5億円の黒字(前年同期は22.1億円の赤字)に浮上して着地した。併せて、1-6月期(上期)の同損益を従来予想の23億円の赤字→10億円の黒字(前年同期は35.1億円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。

エムティーアイ <9438>  558円  +45 円 (+8.8%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年9月期第2四半期累計(22年10月-23年3月)の連結最終損益は3.2億円の赤字(前年同期は1.2億円の黒字)に転落した。しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の6億円の赤字→4億円の赤字(前期は9.3億円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

住友不動産 <8830>  3,372円  +252 円 (+8.1%)  本日終値
続急伸した。11日の取引終了後、23年3月期の連結決算とともに、今後の経営戦略と中長期の見通しについて発表した。このなかで、28年3月期までの次期中期計画期間に経常利益3000億円の突破を目指すとともに、7年以内に年間配当を23年3月期の52円から倍増させる方針を示した。これをサプライズ視した買いが集まったようだ。不動産賃貸領域では、企業の出社率の回復や採用増を背景にオフィスビルで増床の動きが顕在化しており、テナントニーズを着実に取り込んでいく。利益成長に沿った増配を持続させる方針。24年3月期の売上高は前期比3.2%増の9700億円、最終利益は同8.1%増の1750億円、年間配当は同7円増配の59円の見込み。前期に続き過去最高益を更新する計画とした。

オプトラン <6235>  2,206円  +159 円 (+7.8%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比64.5%増の18.1億円に拡大したが、通期計画の86億円に対する進捗率は21.1%となり、5年平均の25.9%とほぼ同水準だった。

KADOKAWA <9468>  3,090円  +217 円 (+7.6%)  本日終値
11日に発表した「5.64%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の5.64%にあたる800万株(金額で200億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月12日から24年3月31日まで。

名村造船所 <7014>  439円  +29 円 (+7.1%)  本日終値
急反発し年初来高値を更新した。11日の取引終了後、これまで未定としていた23年3月期(前期)の期末配当について5円で決定したと発表した。前期は3期ぶりの復配となり、材料視されたようだ。同時に発表した23年3月期の連結決算は、売上高は前の期比48.7%増の1240億8000万円、最終損益は111億9400万円の黒字(前の期は84億1900万円の赤字)だった。新造船事業では、連結子会社の函館どつくにおける操業量の増加と円安の影響が業績を押し上げる要因となった。24年3月期は、売上高については前期比1.5%増の1260億円、最終利益は同50.9%減の55億円を見込む。今期の年間配当予想は未定とした。

オイレス工業 <6282>  1,846円  +120 円 (+7.0%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常利益は前の期比12.0%減の57.3億円になったが、24年3月期は前期比10.8%増の63.5億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収になる。同時に発表した「2.07%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の2.07%にあたる65万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月19日から8月31日まで。

安藤・間 <1719>  969円  +62 円 (+6.8%)  本日終値
後場に上げ幅を拡大し、年初来高値を更新した。この日、23年3月期の連結決算発表にあわせ、24年3月期の業績と配当予想などを開示した。年間配当予想は同20円増配の60円とし、好感されたようだ。今期の売上高は前期比7.5%増の4000億円、最終利益は同10.5%減の136億円を見込む。あわせて中期経営計画も公表した。26年3月期に連結経常利益265億円(24年3月期見通しは197億円)、連結ROE(自己資本利益率)を12%以上、総還元性向で70%以上を目指す。

サッポロHD <2501>  3,960円  +250 円 (+6.7%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。23年12月期第1四半期(1-3月)の連結最終損益は35.9億円の赤字(前年同期は39.9億円の赤字)に赤字幅が縮小した。

石原産業 <4028>  1,292円  +81 円 (+6.7%)  本日終値
5月11日大引け後(16:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常利益は前の期比22.0%減の103億円になったが、従来予想の88億円を上回って着地。24年3月期は前期比1.5%増の105億円に伸びる見通しとなった。4期連続増収になる。同時に、前期の年間配当を40円→42円(前の期は36円)に増額し、今期も前期比8円増の50円に増配する方針とした。

フージャース <3284>  903円  +56 円 (+6.6%)  本日終値
5月11日大引け後(16:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常利益は前の期比27.9%増の72.8億円になり、24年3月期も前期比3.0%増の75億円に伸びる見通しとなった。3期連続増益になる。同時に、前期の年間配当を48円→52円(前の期は36円)に増額し、今期も前期比3円増の55円に増配する方針とした。

オイシックス・ラ・大地 <3182>  2,799円  +171 円 (+6.5%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期の連結最終利益は前の期比33.7%減の18億円に落ち込んだが、24年3月期は前期比2.1倍の38億円に急拡大する見通しとなった。16期連続増収になる。

アルプス技研 <4641>  2,720円  +161 円 (+6.3%)  本日終値
5月11日大引け後(15:30)に決算を発表。23年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比26.9%増の15.1億円に伸び、1-6月期(上期)計画の22億円に対する進捗率は68.7%に達し、5年平均の53.0%も上回った。同時に発表した「1.49%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の1.49%にあたる30万株(金額で9億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月12日から6月12日まで。

ニッスイ <1332>  622円  +35 円 (+6.0%)  本日終値
後場急伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう午後1時ごろ、24年3月期通期の連結業績予想を公表。営業利益の見通しを前期比10.3%増の270億円としていることや、年間配当計画を前期比2円増配の20円としていることが好感されたようだ。売上高は同4.1%増の8000億円を見込む。水産市況の変調リスクはあるものの、食品のマーケット拡大に加えて値上げ効果を見込んでいる。なお、23年3月期通期の連結決算は、売上高が前の期比10.7%増の7681億8100万円、営業利益が同9.6%減の244億8800万円で着地。同時に23年3月期末の配当を従来計画比2円増額の10円にするとし、中間配8円をあわせた年間配当は18円(前の期は14円)となる。

品川リフラクトリーズ <5351>  4,970円  +275 円 (+5.9%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常利益は前の期比6.9%増の114億円になり、24年3月期も前期比4.7%増の120億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収、増益になる。

参天製薬 <4536>  1,221円  +63 円 (+5.4%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。23年3月期の連結最終損益は149億円の赤字(前の期は272億円の黒字)に転落したが、24年3月期は224億円の黒字にV字回復する見通しとなった。同時に発表した「5.0%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の5.0%にあたる1875万株(金額で245億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月12日から24年3月22日まで。

日産自動車 <7201>  532.5円  +26.7 円 (+5.3%)  本日終値
5月11日大引け後(16:25)に決算を発表。23年3月期の連結最終利益は前の期比3.0%増の2219億円になり、24年3月期も前期比42.0%増の3150億円に拡大する見通しとなった。3期連続増収になる。同時に、前期の年間配当を5円→10円(前の期は5円)に増額し、今期も前期比5円増の15円に増配する方針とした。

ダイキョーニシカワ <4246>  718円  +36 円 (+5.3%)  本日終値
5月11日大引け後(16:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常損益は28.6億円の黒字(前の期は9.8億円の赤字)に浮上し、従来予想の24億円の黒字を上回って着地。24年3月期の同利益は前期比2.5倍の72億円に急拡大する見通しとなった。

森永製菓 <2201>  4,310円  +215 円 (+5.3%)  本日終値
5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期の連結経常利益は前の期比13.6%減の157億円になったが、24年3月期は前期比13.0%増の178億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収になる。同時に、前期の年間配当を90円→100円(前の期は90円)に増額し、今期も前期比5円増の105円に増配する方針とした。同時に発表した「2.97%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の2.97%にあたる140万株(金額で67億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月12日から5月19日まで。

ジャパンエン <6016>  2,310円  +400 円 (+20.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。11日の取引終了後に発表した24年3月期の単独業績予想で、売上高185億円(前期比21.3%増)、営業利益5億円(同13.1%増)、純利益11億円(同36.0%増)と2ケタ増収増益を見込み、年間配当で前期比15円増の55円を予定していることが好感された。主機関で豊富な受注残高を確保済みであり、高水準の工場操業を見込むことが牽引するほか、販売台数の増加や販売単価が引き続き上昇基調にあることも寄与する。また、修理・部品なども増収を見込む。なお、23年3月期決算は、売上高152億4800万円(前の期比15.9%増)、営業利益4億4200万円(同21.8%減)、純利益8億800万円(同49.8%増)だった。

フレクト <4414>  2,981円  +500 円 (+20.2%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前日に大陽線を示現し年初来高値を更新したが、きょうはマドを開けて上昇加速、気配値のままストップ高まで駆け上がった。クラウドソリューションを活用したシステム開発やデジタルトランスフォーメーション(DX)支援ビジネスを手掛け、大企業向け中心に高水準の案件を獲得している。11日取引終了後に発表した24年3月期の業績予想では営業利益が前期比2.1倍の5億5300万円と高水準の伸びを見込む。過去最高利益の大幅更新となる。これを受けて物色人気に拍車がかかった。

Arent <5254>  4,610円  +700 円 (+17.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。3月28日に東証グロース市場に新規上場した直近IPO銘柄で建設業界向けを主軸にデジタルトランスフォーメーション(DX)コンサルティング事業を手掛け、成長性の高さに注目が集まっている。11日取引終了後、23年6月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の5億2300万円から6億7400万円(前期比2.8倍)に増額した。これがサプライズを誘い投資資金を呼び込んでいる。同社の株価はセカンダリーで大きく株価水準を切り上げ4月17日には6400円の高値をつけた。その後は調整局面に移行したが、4000円近辺はもみ合い下限ゾーンで押し目買いも観測され強弱観が対立していた。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする