◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] コムシス,日東紡,プレステIN,花王,ラウンドワン,フジクラ,オルガノ,V…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/24週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
[上方修正・増配材・好料情報] クルーズ,博展,デリカフーズ,デジタルプラス,NTTデータ・イントラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ダスキン,ケイアイ不動産,ミタチ産業,Gセキュリ
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,NEC,富士通,シスメックス,日産自,良品計画,アシック…
[S高|株価値上注目銘柄] 帝人,アドバンテスト,アニコムHD,ソフトバンクG,エニマインド,西部技研,…
[株式分割情報] 加賀電子(8154) 1株⇒2株
[株式分割情報] 王将フードサービス(9936) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,東京製鐵,ダイキン,日産自動,メニコン,東祥,アインHD
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,ナフコ,ハウス食品グループ本社,オカムラ食品,シーア…
[上方修正・増配材・好料情報] 桜井製作,ダイセキS,アドソル日進,前沢工業,出前館,三栄コ
[格付け・レーティング情報] ヒビノ,味の素,SUMCO,レゾナック,テルモ,リゾートトラ,資生堂,リク…
[S高|株価値上注目銘柄] Kudan,ゼビオ,マツモト,ランシステム,YEDIGITAL,コマースワ…
[格付け・レーティング情報] カカクコム,レイゾナク,田岡化学,資生堂,リクルート,平田機工,TOWA,…
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,YEDIGITAL,ディップ,サンマルク,クスリのア…
2023年05月02日

[上方修正・増配・好材料情報] ジョイ本田,こころネット,セキド,燦HD,赤阪鉄,リリカラ,宮崎銀,プレミアG,SHINPO,SPK,JAL,JT,クリエイト,加藤産,TOA,三谷セキ,フジ住,シスロケ,タカヨシ,日証金,三井物,アマテイ,GW,ストリームM,アクシアル



上方修正・市場変更・増配・好材料情報




ジョイ本田 <3191> 自己株式消却:142.62万株(2.04%):05/19付

こころネット <6060> 前期経常を26%上方修正
セキド <9878> 今期経常は33%増益へ
燦HD <9628> 前期経常を13%上方修正・最高益予想を上乗せ
赤阪鉄 <6022> 前期経常を一転52%増益に上方修正
リリカラ <9827> 1-3月期(1Q)経常は69%増益・上期計画を超過
宮崎銀 <8393> 前期経常を2%上方修正
プレミアG <7199> 今期最終は5%増で8期連続最高益 5円増配 年間26円
SHINPO <5903> 7-3月期(3Q累計)経常が15%増益で着地・1-3月期も28%増益
SPK <7466> 今期経常は1%増で10期連続最高益 6円増配 年間50円
JAL <9201> 前期最終が上振れ着地・今期は60%増益 15円増配 年間40円
JT <2914> 1-3月期(1Q)最終は17%増益で着地
クリエイト <3024> 前期経常を33%上方修正 2円増額 年間24円
加藤産 <9869> 上期経常を一転21%増益に上方修正・最高益 8円増額 年間円
TOA <6809> 今期経常は24%増益へ
三谷セキ <5273> 前期経常を22%上方修正・3期ぶり最高益 23円増額 年間72円
フジ住 <8860> 今期経常は4%増益へ
シスロケ <2480> 今期経常は18%増で3期連続最高益更新へ
タカヨシ <9259> 上期経常が13%増益で着地・1-3月期も14%増益
日証金 <8511> 前期経常を1%上方修正
三井物 <8031> 10円増配 年間150円
アマテイ <5952> 前期経常を61%上方修正 0.5円増額 年間1.5円
GW <3936> 前期経常を赤字縮小に上方修正
ストリームM <4772> 1-3月期(1Q)経常は黒字浮上・通期計画を超過
アクシアル <8255> 5円増配 年間85円







更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆上方修正情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[格付け・レーティング情報] CTC,大同特鋼,日立,三菱電,富士電機,パナHD,伊藤忠,三井物,東建物,イオンモール



格付け・レーティング情報




CTC <4739>      岩井コスモ   B+→A  3600→4000   3480
大同特鋼 <5471>     野村    買い    6050→6500   5360
日立 <6501>       岩井コスモ   A     8000→8650   7735
日立 <6501>       水戸    B+→A  8500→9900   7735
三菱電 <6503>      岩井コスモ   A     1750→2000   1724.5
富士電機 <6504>     東海東京  強気    7280→7500   5490
パナHD <6752>     GS    中立→買い 1200→1600   1333.5
伊藤忠 <8001>      モルガン  強気    5000→5250   4534
三井物 <8031>      モルガン  強気    4400→4900   4262
東建物 <8804>      GS    中立→買い 2000→1800   1696
イオンモール <8905>   GS    中立→買い 1800→2200   1843







更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆レーティング格付情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S高|株価値上注目銘柄] 東北新社,イビデン,KeePer技研,ジャストシステム,ヨンキュウ,ルネサス,大塚商会,ストリームM,GMB,テラプローブ,スガイ化学工業,ダブルエー,アマテイ,ポプラ,加藤製作所



※S高銘柄一覧



<2851> iSJSRI  東証E  一時  
<3137> ファンデリー  東証G  一時  下げすぎ感からの買い戻し、前日に決算嫌気して急落
<4772> ストリームM  東証G      23年12月期第1四半期は営業黒字に転換、通期予想上回る
<5244> jig.jp  東証G      
<5256> フュージック  東証G      IPOイベントに納富社長が登壇へ、自律反発期待も
<5836> エーインシュ  名証M  一時  
<6173> アクアライン  東証G      
<7214> GMB     東証S      退職給付費用減額を主因に大幅上方修正

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <4772> ストリームM 東証G   29.2   221 S エンタメ事業回復で1〜3月期最終益は通期予想を超過
2. <5244> jig.jp 東証G   24.5   406 S
3. <7214> GMB    東証S   20.7  1749 S 23年3月期上方修正を好感
4. <3137> ファンデリー 東証G   19.2   410  下げすぎ感からの買い戻し、前日に決算嫌気して急落
5. <5256> フュージック 東証G   19.1  4370 S IPOイベントに納富社長が登壇へ、自律反発期待も
6. <6173> アクアライン 東証G   18.1   651 S
7. <3647> ジー・スリー 東証S   13.6   200 
8. <6627> テラプローブ 東証S   13.3  2942  国内有力調査機関の新規格付け開始
9. <5836> エーインシュ 名証M   12.6  1070 
10. <9219> ギックス   東証G   11.3  3205  今期営業利益3.3倍に上方修正
11. <2329> 東北新社   東証S   10.7   810  3Dが保有目的に『重要提案行為の可能性』を追加
12. <9345> ビズメイツ  東証G   9.8  3430  2023年のIPO関連
13. <4334> ユークス   東証S   9.6  1871 
14. <3691> デジプラ   東証G   9.5   878  フィンテック関連
15. <5252> 日本ナレッジ 東証G   9.2  2445  2023年のIPO関連
16. <4062> イビデン   東証P   9.0  5930  26年3月期営業利益1250億円の新中計発表
17. <6036> KeePer 東証P   8.4  5560  『黄砂』でニーズ拡大し来店台数が増加
18. <5257> ノバシステム 東証S   8.2  2916  第1四半期営業利益が好進捗率
19. <7692> Eインフィニ 東証S   8.1   200 
20. <3908> コラボス   東証G   7.8   385  人工知能関連
21. <4586> メドレックス 東証G   7.8   165 
22. <7043> アルー    東証G   7.6  1310 
23. <2872> セイヒョー  東証S   7.6  4095 
24. <9343> アイビス   東証G   7.4  1843  人材派遣関連
25. <3418> バルニバービ 東証G   7.2  1202 

東北新社 <2329>  810円  +78 円 (+10.7%)  本日終値
反発し、年初来高値を更新した。1日の取引終了後、投資会社3Dインベストメント・パートナーズが同社株の保有目的について、これまでの「投資一任契約に基づく純投資」を変更し、「純投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」としたことが明らかとなった。これを思惑視した買いが入ったようだ。同日に財務省に提出された変更報告書で判明した。報告義務発生日も同日となっている。3Dの東北新社株の保有比率は9.55%に上る。

イビデン <4062>  5,930円  +490 円 (+9.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
大幅高。1日の取引終了後、前期決算と今期見通しの開示にあわせ、28年3月期を最終年度とする新中期経営計画を発表。業績の目標数値は26年3月期分まで設定しており、同期に売上高6200億円(今期予想比55%増)、営業利益1250億円(同2.4倍)を目指す方針を掲げた。将来の成長期待の高まりから買いが先行した。23年3月期決算は売上高が前の期比4.1%増の4175億4900万円、営業利益が同2.2%増の723億6200万円だった。主力の電子事業でパソコン向け需要の減少があったものの、サーバー向け需要が堅調に推移した。24年3月期は売上高が前期比4.2%減の4000億円、営業利益が同28.1%減の520億円の見通し。配当予想は40円(前期は普通配40円、記念配10円)を見込む。

KeePer技研 <6036>  5,560円  +430 円 (+8.4%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
大幅に4日続伸し、上場来高値を連日で更新した。1日の取引終了後に発表した4月度のキーパーラボ運営事業の既存店売上高は前年同月比20.8%増となった。最大需要期である12月に迫る売上高となり、業績の上振れを期待した買いを集めたようだ。黄砂や花粉による自動車の汚れを洗う手間を省きたいとのニーズが拡大し、来店台数は同19.8%増となった。同事業の全店ベースでの売上高は同28.0%増となった。

ジャストシステム <4686>  3,770円  +190 円 (+5.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
ジリジリと上げ幅を広げ、4月18日につけた年初来高値3705円を更新した。同社は1日、全米の小学生を対象にしたホーム・ラーニング・サービス「Smile Zemi(スマイルゼミ)」の提供を6月1日から開始すると発表。これが買い手掛かりとなったようだ。Smile Zemiは米国の小学生に向けて、7割以上の州で採用されている教育基準「Common Core State Standards(コモンコア)」に対応した家庭学習サービス。日本での実績をベースに、米国の教育事情や保護者のニーズにあわせて新たに開発したという。

ヨンキュウ <9955>  2,661円  +116 円 (+4.6%)  本日終値
大幅高で3日続伸。1日の取引終了後、集計中の23年3月期連結業績について、売上高が従来予想の330億円から402億3400万円(前の期比14.3%増)へ、営業利益が13億円から27億7400万円(同7.2%増)へ、純利益が10億円から23億600万円(同15.4%増)へ上振れて着地し、減益予想から一転して営業増益で着地したようだと発表したことが好感された。販売数量は伸び悩んだものの、鮮魚及び餌料・飼料両事業での価格上昇や、子会社におけるウナギ・マグロ事業の業績が順調に推移した。

ルネサス <6723>  1,848円  +64.5 円 (+3.6%)  本日終値
急動意、一時5%超の上昇で1870円台まで株価を上昇させた。半導体関連はここ売りに押される地合いが続いていたが、米国株市場では前日にエヌビディアが買い人気を集めるなど、銘柄によっては継続的に買い戻しの動きが観測される。前日はフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も4日続伸し、75日移動平均線とのマイナスカイ離を解消している。そのなか、半導体関連は出荷が低迷しているスマートフォンやパソコン向けは在庫調整圧力が強い一方で、車載用半導体は今なお高水準の需要があり、特に自動車のエレクトロニクス化進展に伴い、部品点数の増加及び高付加価値品の需要拡大が顕著となっている。同社は収益面でこの好環境を享受し、23年12月期第1四半期(23年1〜3月)は最終利益が前年同期比76%増と大幅な伸びを確保、1000億円大台乗せを果たした。半導体セクター全般への売り飽き気分が台頭するなか、同社株は同関連の勝ち組銘柄として見直し買いを呼び込んでいる。

大塚商会 <4768>  5,100円  +125 円 (+2.5%)  本日終値
カイ気配スタートで一気に株価水準を切り上げ、連日の年初来高値更新。約1年4カ月ぶりとなる5000円台に駆け上がった。システムインテグレーターの大手で企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)投資需要を背景に業績は好調に推移している。足もとではパソコンやサーバーなどの出荷が伸びて収益に貢献している。同社が1日取引終了後に発表した23年12月期第1四半期(23年1〜3月)決算は、営業利益が前年同期比22%増の168億7500万円と大幅な伸びを示した。これを材料視する買いが株価を押し上げる格好となった。

ストリームM <4772>  221円  +50 円 (+29.2%) ストップ高   本日終値
ストップ高。この日発表した23年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算は、売上高が前年同期比2.3倍の27億4700万円、最終損益が1億7200万円の黒字(前年同期は9900万円の赤字)となった。最終黒字に転換したことに加え、通期の最終損益の黒字額予想(7000万円)を超過して着地しており、材料視されたようだ。世界的に人気を博しているNCT DREAMが2月に京セラドーム大阪にて3公演を開催し、約12万人を動員した。オフラインコンサートを予定通り実施したほか、チケット価格などの一部見直しや放送権の販売により収益を確保し、エンターテインメント事業は大幅な増収、セグメント損益の黒字化を果たした。

GMB <7214>  1,749円  +300 円 (+20.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。1日の取引終了後に23年3月期業績予想の上方修正を発表。営業利益を6億円から21億円(前の期比82.9%増)へ大幅増額しており、これを好感した買いが膨らんだ。販売価格の値上げや原材料・物流コスト上昇の落ち着きに加え、韓国子会社での退職給付費用の減少が利益を大きく押し上げる。売上高については概ね想定通りで、870億円から871億円(同22.0%増)へ小幅に見直した。配当予想は据え置いた。

テラプローブ <6627>  2,942円  +345 円 (+13.3%)  本日終値
大幅高で年初来高値更新。同社は台湾の半導体後工程大手パワーテック・テクノロジー(力成科技)の子会社で、半導体テスト工程の受託サービスを手掛ける。車載向けや5G基地局向けなどのロジック製品の受託が好調で、前22年12月期は営業6割増益で過去最高益を達成。足もと今1〜3月期も堅調な業績を見込んでいる。いちよし経済研究所が1日付で新規格付けを開始しており、これを買い手掛かりにきょうの同社株は買われた。

スガイ化学工業 <4120>  2,343円  +133 円 (+6.0%)  本日終値
大幅続伸し、3月22日につけた年初来高値2480円に迫る場面があった。同社は1日取引終了後、23年3月期通期の単独業績予想修正を発表。営業利益の見通しを従来の5億円から6億5000万円(前の期比16.1%増)に引き上げたことが好感されたようだ。売上高予想も70億円から70億5900万円(同13.3%増)に上方修正した。国内向け主要農薬中間物の販売が好調に推移。利益面では原燃料価格の上昇による収益圧迫要因があったものの、製品価格への転嫁や経費削減に努めたことなどが寄与した。

ダブルエー <7683>  3,270円  +130 円 (+4.1%)  本日終値
3日続伸。1日の取引終了後に発表した4月度の単体売上高(速報値)が前年同月比39%増となり、4カ月連続で前年実績を上回ったことが好感された。店舗販売で既存店舗の売り上げが好調だったことに加えて、新規出店した店舗の売り上げが寄与した。また、オンライン販売も引き続き好調に推移した。

アマテイ <5952>  133円  +4 円 (+3.1%)  本日終値
後場上げ幅を拡大。午後2時ごろ、集計中の23年3月期連結業績について、営業利益が従来予想の1億200万円から1億6100万円(前の期比9.5倍)へ、純利益が6000万円から7900万円(前の期200万円)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感された。資材価格高騰による建築コスト上昇を背景とした買い控えなどにより、持ち家(注文住宅)の新設住宅着工戸数が減少した影響を受けて売上高は55億2800万円から54億8500万円(前の期比7.9%増)へ下振れた。ただ、販売価格改定効果に加えて、製造コストの低減や固定費の削減を進めたことで、利益は計画を上振れた。なお、あわせて期末一括配当を50銭引き上げ1円50銭とした。

ポプラ <7601>  329円  +9 円 (+2.8%)  本日終値
前日のストップ高に続き、きょうも値幅制限上限まであと1円の水準まで買われる集中人気となったほか、同じく前日急騰のスリーエフ<7544>も目先筋の利食いを吸収。更にシー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>も買い直され、一時496円まで上値を伸ばし、4月14日につけた年初来高値500円に接近するなど、中堅のコンビニエンスストア株が際立ったパフォーマンスをみせている。リオープン(経済再開)の追い風に加え、インバウンド重要が国内小売業界の売上拡大に大きく貢献するなか、コンビニ業界もその恩恵を享受している。今期の業績も各社大幅な伸びを見込んでおり、上値を見込んだ短期資金がなだれ込む形となっている。

加藤製作所 <6390>  1,292円  +34 円 (+2.7%)  本日終値
上値追い鮮明。4連騰で一時1300円台に乗せ、新値街道をまい進している。時価は2020年7月以来2年10カ月ぶりの高値水準に浮上してきた。建設用クレーンのトップメーカーで中国などアジア向けの需要を開拓し足もと業績回復色を強めている。22年3月期まで3期連続の営業赤字と低迷していたが、財務面は強固で年間配当を継続している。一株純資産は実績ベースで3680円と高く、時価予想PBRに換算してわずか0.3倍台と割安感が際立ち、東証の低PBR改善要請を背景に今後の経営活性化策にも期待が高まる状況にある。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする