◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
【立会外分売結果】ヴィス(5071) 【終値:1,001円:+12円:+7.22%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡オン…
[格付け・レーティング情報] 王子HLD,レゾナク,一工薬,サカタイン,住友大阪,太平洋セメ,DMG森…
[上方修正・増配材・好料情報] 東建コーポレーション,アイ・ケイ・ケイ,スタジオアリス,サトウ食品,…
[格付け・レーティング情報] ミライトワン,不二製油G,くら寿司,イオンリート,トクヤマ,ADEKA,…
[株式分割情報] 成友興業(9170) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] ANYCOLOR,クオリプス,シーアールイー,巴工業,大日本印刷,大阪ソー…
[格付け・レーティング情報] 積水ハウス,ダイダン,ヒビノ,サントリBF,東洋水,セブン&アイ,クラレ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ホクリヨウ,デジタルアーツ,テンポス,アートグリーン,JMHD,インタ…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,GENDA,ラクスル,ワコールHD,ダイダン,富士石油,住友電設…
[上方修正・増配材・好料情報] 安江工務店,イオレ,いちご,ギグワークス,ロック・フィールド,エー・ピ…
[S高|株価値上注目銘柄] カバー,トライアル,東和薬品,古河電気工業,TOPPAN,日清食HD,シンバ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,東洋水産,堺化学,花王,メイコー,良品計画,オリンパス,eギ…
[上方修正・増配材・好料情報] トライアル,タマホーム,クシム,アスカネット,MonotaRO,ホリイ…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本情報C,山岡家,トビラシステ,チエル,日東網,アマガサ,リッジアイ,…
[格付け・レーティング情報] エターナルG,リゾートトラ,ブリヂストン,リクルート,セガサミー,日立,…
[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,カナモト,シーイーシー,安田倉庫,三菱製紙,フォーバル,シャープ,…
2022年12月30日

[格付け・レーティング情報] グンゼ,三益半導体



格付け・レーティング情報




グンゼ <3002>      岩井コスモ  強気    4800→5000   4220
三益半導体 <8155>    岩井コスモ  強気    2800→3040   2341







更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆レーティング格付情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S高|株価値上注目銘柄] アダストリア,藤田観光,フェローテク,フリー,ハピネット,マツキヨココ,アジャイル,monoAI,ビリングシステム,日本スキー場開発,ピアラ,ゲンダイエージェンシー,細谷火工,エスケイジャパン,トレードワークス,Aiming,キャンバス



※S高銘柄一覧



<5240> monoAI  東証G      初値下回り値頃感、メタバースの成長期待も後押し
<5247> BTM     東証G  一時  
<6573> アジャイル   東証G  一時  新株予約権の一部行使で債務超過解消の見込み 

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <9318> アジア開発  東証S   50.0    3 
2. <6573> アジャイル  東証G   19.1   287  債務超過解消の見込みを材料視
3. <2685> アダストリア 東証P   17.0  2345  23年2月期業績及び配当予想を上方修正
4. <5240> monoAI 東証G   16.2  1077 S 閑散相場のなか個別物色の動き強まる
5. <3935> エディア   東証G   15.3   528 
6. <7847> グラファイト 東証S   12.6   820  23年2月期の期末配当予想を増額修正
7. <5129> FIXER  東証G   12.5  2048  情報セキュリティ関連
8. <2195> アミタHD  東証G   11.4  1172  COP15による認証審査サービス国際規格認定を引き続き材料視
9. <7807> 幸和製    東証S   10.6   677 
10. <7068> FフォースG 東証G   9.9   390  23年5月期は一転して経常増益の見通し
11. <6094> フリークHD 東証G   9.2  1583 
12. <7360> オンデック  東証G   9.1  1355 
13. <7776> セルシード  東証G   9.1   168 
14. <9522> RJ     東証G   9.0   483 
15. <7676> グッドスピー 東証G   9.0  2205 
16. <3628> データHR  東証G   8.8  2480 
17. <3825> リミックス  東証S   8.8   298  仮想通貨関連
18. <4884> クリングル  東証G   8.5   572 
19. <3300> アンビDX  東証G   8.4   578 
20. <5074> テスHD   東証P   8.2  1035 
21. <3133> 海帆     東証G   8.1   254 
22. <9338> インフォR  東証G   7.7  11470  2022年のIPO関連
23. <9229> サンウェルズ 東証G   7.4  7560  2022年のIPO関連
24. <4193> ファブリカ  東証S   7.2  3940 
25. <3903> gumi   東証P   7.2  1029  仮想通貨関連

アダストリア <2685>  2,345円  +340 円 (+17.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
急反発。29日の取引終了後、23年2月期の連結業績予想について、売上高を2300億円から2400億円(前期比19.1%増)へ、営業利益を100億円から125億円(同90.4%増)へ、純利益を63億円から82億円(同66.8%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を30円から35円へ引き上げたことが好感された。従来想定した通りに外出需要が回復したことに加えて、商品企画やマーケティング施策が奏功したことで主力ブランドが好調に推移したほか、成長ブランドの出店も寄与し売上高が計画を上回った。また、従来予想では原材料及びエネルギー価格の上昇、物価や金利の上昇、円安の進行などの影響を見込んでいたものの、売上高が想定を上回ったことで、一定程度吸収することができたとしている。なお、年間配当は60円(前期55円)となる予定だ。同時に発表した第3四半期累計(3〜11月)決算は、売上高1770億2600万円(前年同期比20.6%増)、営業利益111億6500万円(同2.5倍)、純利益76億1600万円(同2.2倍)だった。

藤田観光 <9722>  2,996円  +183 円 (+6.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
大幅高。新型コロナウイルス対策の行動制限を伴わない年末年始を3年ぶりに迎えている。この年末年始に国内旅行をする人の数がコロナ禍前の約7割程度まで回復する見込みにあることが伝わっており、旅行需要の復活に向けた道筋がようやく見え始めてきた。関連銘柄もこの先一段と回復色を強めることが見込まれるが、足もと鉄道や空運、旅行会社など主力どころの銘柄には買い一巡感が広がっている。こうしたなか、値動きの良い関連中小型株に物色の流れが向いており、その一角である同社株がきょうは買い人気となっている。

フェローテク <6890>  2,787円  +117 円 (+4.4%)  本日終値
急反発。半導体製造装置向け部品を手掛け、特に真空シールでは世界でも群を抜く商品シェアを誇っている。同社は29日取引終了後、中国部品洗浄事業子会社FTSVAの深セン創業板市場への上場日がきょう12月30日に決定したことを発表しており、これが足もとの株価を刺激する格好となった。フェローテクの株価は今月14日ザラ場に3395円の戻り高値を形成した後に売り直され、前日は一時2614円まで水準を切り下げ11月上旬以来約1カ月半ぶりの安値をつけた。しかし、株式需給面では信用買い残の整理も進み、目先売り圧力が一巡した感もある。一方、中国では新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、これを横にらみに上値追いに慎重な見方もある。

フリー <4478>  2,928円  +116 円 (+4.1%)  本日終値
続伸。きょう付の日本経済新聞朝刊で「2023年10月に始まるインボイス(適格請求書)制度に向け、関連サービスの競争が激しい」と報じられ、なかで「クラウド会計ソフトのfreee(フリー)は業務を効率化するサービスを始める」と紹介されたことが好材料視されたようだ。記事によると、23年10月からECサイトで購入した際に、簡単にインボイスに対応できるサービスを始めるとあり、ECサイトやクレジット会社から発行される電子明細書と、別に送られてくるインボイスをクラウドでひも付け、簡単に保管できるようにするとしている。

ハピネット <7552>  2,053円  +60 円 (+3.0%)  本日終値
大幅高で5日続伸。インバウンド需要の回復とともにカプセル玩具関連として関心が高まっているようだ。専門店「gashacoco(ガシャココ)」を全国の大型商業施設を中心に69店舗展開しており、11月14日に発表した上期(4〜9月)決算では「ガシャココ」の出店や新規ロケーションの拡大などが寄与しカプセル玩具事業は前年同期比34.4%増の108億円に伸長したという。今後も商品ラインアップを拡充するとともに魅力的な売り場展開を実施することで同事業の拡大を狙うとしている。

マツキヨココ <3088>  6,600円  +190 円 (+3.0%)  本日終値
大幅高で3日ぶりに反発。中国のゼロコロナ政策の撤回とその後の急激な新型コロナウイルス感染者の急増で、中国人が母国の家族や知人に向けて風邪薬や解熱剤を「爆買い」する姿が目立つようになったことを受けて、ドラッグストア大手の同社に思惑的な買いが向かったようだ。また、ウエルシアホールディングス<3141>、ツルハホールディングス<3391>、コスモス薬品<3349>など他のドラッグストア大手にも買いが目立っている。

アジャイル <6573>  287円  +46 円 (+19.1%) 一時ストップ高   本日終値
急騰。29日取引終了後、債務超過が解消される見込みとなったと発表した。これを材料視した買いが入ったようだ。新株予約権の割り当て先の1社と協議の結果、新株予約権の一部行使を受けるに至った。第三者割当増資と第10回新株予約権の発行に伴う払い込み金額と、今回の新株予約権の一部行使の影響で連結純資産額が増加することから、22年12月期の債務超過は解消される見込みとなったという。

monoAI <5240>  1,077円  +150 円 (+16.2%) ストップ高   本日終値
直近IPO銘柄への物色が活発化している。年末の閑散相場のなか個人投資家を中心とした個別株物色の動きが強まっており、値動きの軽い直近IPO銘柄がここ急速に関心を集めている。メタバースプラットフォームを開発するmonoAI technology<5240>がストップ高に買われる人気となったほか、デジタル化支援のBTM<5247>などが注目されている。

ビリングシステム <3623>  1,518円  +86 円 (+6.0%)  本日終値
大幅続伸、上昇転換した5日移動平均線を絡め急速に切り返す展開にある。ネット決済サービス代行ビジネスを展開するが、厚生労働省からは国民年金のスマートフォンによる支払いに関連した業務を受注するなど、官公庁にも強さを発揮する。NTTデータ<9613>が上位株主に名を連ねており、地銀再編に伴うシステム更新やデジタル円関連としても注目度が高い。12月中旬以降は全体相場の波乱に流されて株価調整を強いられたが、年内最終売買日に前後して貸株調達による空売りの買い戻しや値ごろ感からの実需買いが観測される。

日本スキー場開発 <6040>  937円  +45 円 (+5.0%)  本日終値
上昇加速、3連騰で約2カ月ぶりに年初来高値を更新した。白馬八方尾根スキー場をはじめ国内の有名スキー場を運営するが、スキーシーズンが訪れていることに加え、今年は訪日外国人需要が大きく上乗せされる。23年7月期営業利益は前期比ほぼ倍増となる5億円を見込むが、これは期初の段階で会社側はインバウンド効果を織り込んでいない。したがって、「業績予想は現状から大幅に上振れする公算が大きい」(中堅証券アナリスト)という指摘がある。日本の雪質は水分の少ないサラサラとしたパウダースノーが最大の特長で、冬場に日本を訪れる訪日客の目当ての一つともなっており、同社にとって商機拡大につながる。

ピアラ <7044>  551円  +26 円 (+5.0%)  本日終値
反発。29日の取引終了後、効果を数値化しにくいトップファネル(消費者の購買プロセスの最初期ステージ)やミドルファネル(購買プロセルの中間点)の効果測定を可能にしたツール「PIALA Intelligence」を開発し、有料版の提供を来年1月からテスト的に開始すると発表しており、好材料視された。同ツールは、数値化しにくいトップファネルや、ミドルファネルのマーケティング施策の直接的な効果を測定できるほか、取り組みを行ったことで変化しプラスに働いた間接的な効果や、施策後の売り上げへの影響といった間接的なデータも可視化できるツール。ピアラにPOSデータを含めたさまざまなデータをそのまま預けるだけで、管理画面であらゆるデータの分析・一元化が可能になるとしている。

ゲンダイエージェンシー <2411>  371円  +16 円 (+4.5%)  本日終値
一時6.5%高の378円まで買われる人気となったほか、円谷フィールズホールディングス<2767>、ユークス<4334>、SANKYO<6417>、マースグループホールディングス<6419>、マミヤ・オーピー<7991>などパチンコ関連株が軒並み高に買われた。今年11月21日からメダルを使わないスマートパチスロ(スマスロ)が導入されたが、新機種への入れ替えが急速に進んでおり、遊技機メーカーや宣伝などを手掛ける周辺企業に恩恵が及んでいる。更に来年3月には出玉に触ることがなくなるスマートパチンコ(スマパチ)が導入される見通しで、関連企業にとっては追い風が一段と強まることになる。関連株は既に大きく動意している銘柄が多いが、そのなか株価低位で出遅れ感があったゲンダイにもにわかに投資資金の流入が加速した。きょうは9月21日につけた年初来高値365円を大陽線で上抜けており、時価は20年3月以来約2年9カ月ぶりの高値圏に浮上している。

細谷火工 <4274>  1,665円  +68 円 (+4.3%)  本日終値
高い。大納会となるこの日、2023年も防衛が投資家の関心を寄せるテーマとなるとの見方が強まっており、中小型の防衛関連株を物色する動きがみられている。また、30日に読売新聞電子版が「政府は、衰退傾向にある防衛産業を包括的に財政支援し、それでも事業継続が困難な場合は工場などの製造施設を国有化できる仕組みを創設する方針を固めた」と報じた。政府の防衛力強化に向けた姿勢が改めて意識されたことも、物色意欲の高まりに寄与したとみられている。関連銘柄ではこのほか、石川製作所<6208>や豊和工業<6203>、理経<8226>などが堅調に推移している。

エスケイジャパン <7608>  626円  +23 円 (+3.8%)  本日終値
大幅高。クレーンゲームなどアニューズメント施設で使われる景品の企画販売を手掛ける。訪日外国人の増勢が顕著となるなか、アミューズメント施設にも恩恵が及んでいる。同社の23年2月期業績は営業利益が前期比10%増の5億円を見込むが上振れ観測が強い。更に24年2月期もインバウンド特需を取り込み、同社が手掛ける「サラブレッドコレクション」などのぬいぐるみをはじめ追い風が期待されており、2ケタの利益成長トレンドが維持されそうだ。このほか、カプセルトイへの展開でも注目されている。株式需給面では時価総額が50億円台と小型で株価も600円台と値ごろ感があるうえ、信用買い残が30万株強と低水準で足が軽い。

トレードワークス <3997>  1,088円  +36 円 (+3.4%)  本日終値
反発。東京証券取引所が29日の取引終了後、同社株を30日付で貸借銘柄に選定すると発表しており、株式流動性の向上による売買活性化への期待から買いが入ったようだ。また、日本証券金融も30日約定分から同社株を貸借銘柄に追加している。

Aiming <3911>  403円  +12 円 (+3.1%)  本日終値
大幅高。同社はきょう、バトルアクションRPG「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか バトル・クロニクル」(ダンクロ)の公式サイトなどを公開したと発表。ダンクロは、シリーズ最新作のバトルアクションRPGで、アニメのような3Dグラフィックで描くキャラクターたちとともに物語や名バトルを追体験できるゲーム。配信開始は23年春を予定している。

キャンバス <4575>  1,168円  +28 円 (+2.5%)  本日終値
反発。29日の取引終了後、米国で進めている膵臓がん3次治療を対象とした「CBP501」臨床第2相試験(ステージ1での早期終了を決定済み)のすべての投与群で所定の投与が完了したことを確認したと発表。今後、患者の経過観察などを進めた後に第2相試験を終了し、第3相試験を早期に開始することを目指す。同社は、患者への投与と観察をもって第2相試験を早期終了させる方針を既に11月に明らかにしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする