◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] トライステージ,ダイドー,ラクーン,いい生活,ビープラッツ,エクスモー…
[格付け・レーティング情報] イビデン,協和キリン,小野薬品,古河電工,住友電工,フジクラ,ルネサスエ…
[上方修正・増配・好材料情報] テイツー,日電産,ほくほくFG,トーセイ,キヤノン電,インソース,コー…
[市場変更情報] フィンテックグローバル(8789) マザーズ⇒東証2部
[格付け・レーティング情報] アサヒ,ネクステージ,協和キリン,ヒトコムHD,ZHD,出光興産,技研製,…
[S高|株価値上注目銘柄] 東芝,日本マイクロニクス,芝浦メカトロニクス,ウェルビー,I−PEX,KO…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(01/29週〜05/07週) ]1月下旬〜5月初旬は上向くか…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2020年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(01/22週終値現在)
[格付け・レーティング情報] ネクステジ,信越化学,豊田織機,技研製作,デンソー,ローム,KOA,日産自…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2021/01/22週 +138,850円】NYDow 反発 3指数揃って最高値更新も …
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(01/22終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(01/12終値)
[上方修正・増配・好材料情報] カナレ電気,千趣会,建設技研,エネチェンジ,ブルドック,カワチ薬品,ア…
[格付け・レーティング情報] ライト,エムスリー,旭化成,ユーザベース,住友化,菱ガス化,宇部興,FUJ…
[S高|株価値上注目銘柄] モダリス,HENNGE,弁護士ドットコム,ISID,岩谷産業,曙ブレーキ工…
[市場変更情報] 東芝(6502) 東証2部⇒東証1部
[上方修正・増配・好材料情報] 三井松島,学情,バルHD,システム・ロケーション,ユーグレナ,ジェイテッ…
[格付け・レーティング情報] エムスリ,ユーザベス,ナブテスコ,SMC,CKD,THK,ソニー,キーエン…
2020年11月06日

[上方修正・増配・好材料情報] 不二硝,日本製鉄,川金HD,Oak,日電子,ZOA,天馬,宮地エンジ,重松製,日曹達,松尾電,レイズネク,オエノンHD,広ガス,イナリサーチ,メディシス,シスロケ,JMS,ナカニシ,住友電,京葉銀,DMG森精機,エフオン,中央経済HD,オカムラ,サイボー,パワーファス,中可鍛,堺商事,パワーファス,ヤマックス,ダイダン,グロブライド,芙蓉リース,三井松島HD



上方修正・市場変更・増配・好材料情報




不二硝 <5212> 今期経常を一転74%増益に上方修正
日本製鉄 <5401> 非開示だった今期最終は赤字縮小へ
川金HD <5614> 上期経常は39%増益で着地
Oak <3113> 上期経常が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
日電子 <6951> 上期経常は43%増益で着地
ZOA <3375> 非開示だった今期経常は61%増益 5円増配 年間40円
天馬 <7958> 今期最終を33%上方修正
宮地エンジ <3431> 上期経常が33%増益で着地・7-9月期も51%増益
重松製 <7980> 上期経常は黒字浮上で上振れ着地・通期計画を超過
日曹達 <4041> 上期経常が52%増益で着地・7-9月期も28%増益
松尾電 <6969> 非開示だった今期経常は3.3倍増益へ
レイズネク <6379> 今期経常を一転4%増益に上方修正・13期ぶり最高益更新へ
オエノンHD <2553> 今期経常を14%上方修正
広ガス <9535> 上期経常が34%増益で着地・7-9月期は黒字浮上
イナリサーチ <2176> 上期経常は黒字浮上・通期計画を超過
メディシス <4350> 今期経常を56%上方修正
シスロケ <2480> 上期経常が12%増益で着地・7-9月期も4%増益
JMS <7702> 上期経常は18%増益で着地
ナカニシ <7716> 今期経常を52%上方修正
住友電 <5802> 今期経常を27%上方修正
京葉銀 <8544> 今期経常を一転20%増益に上方修正
DMG森精機 <6141> 今期最終を13%上方修正
エフオン <9514> 7-9月期(1Q)経常は15%増益で着地
中央経済HD <9476> 今期経常は14倍増益 2円増配 年間10円
オカムラ <7994> 今期経常を39%上方修正
サイボー <3123> 上期経常を40%上方修正
パワーファス <5950> 1-9月期(3Q累計)最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小
中可鍛 <5607> 今期経常を一転黒字に上方修正
堺商事 <9967> 上期経常が30%増益で着地・7-9月期も46%増益
パワーファス <5950> 非開示だった今期最終は赤字縮小へ
ヤマックス <5285> 上期経常は一転11%増益で上振れ着地
ダイダン <1980> 今期経常を6%上方修正
グロブライド <7990> 今期経常を一転36%増益に上方修正
芙蓉リース <8424> 上期経常が4%増益で着地・7-9月期も4%増益
三井松島HD <1518> 上期経常は25%増益・通期計画を超過






更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 18:16 | Comment(0) | ◆上方修正情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[格付け・レーティング情報] カカクコム,Vコマース,産業ファンド,エーザイ,エーザイ,パナソニック,ソニー,アズビル,シスメックス,スズキ,任天堂,任天堂,トランスコス,トランスコス,コナミHD



格付け・レーティング情報




カカクコム <2371>    野村    買い    3200→3600   2944
Vコマース <2491>    三菱UF  強気    4100→4200   3415
産業ファンド <3249>   みずほ   買い    14.7万→20万  18.27万
エーザイ <4523>     野村    買い    17000→20000  10240
エーザイ <4523>     モルガン  強気    10800→12000  10240
パナソニック <6752>   岩井コスモ   A     1100→1200   1005
ソニー <6758>      野村    買い    10500→10600  9145
アズビル <6845>     野村    買い    4040→4950   4400
シスメックス <6869>   GS    買い    7550→8100   10355
スズキ <7269>      GS    買い    5400→5600   4983
任天堂 <7974>      モルガン  強気    60000→72000  57810
任天堂 <7974>      マッコリ  強気    71500→71700  57810
トランスコス <9715>   東海東京  強気    3600→6000   3160
トランスコス <9715>   三菱UF  強気    3600→4300   3160
コナミHD <9766>    野村    買い    5300→6300   4985






更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:05 | Comment(0) | ◆レーティング格付情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[上方修正・増配・好材料情報] 佐田建,西川ゴム,北陸ガス,ケイヒン,四国銀,KTC,クリエアナ,伊藤米久HD,エスライン,伊予銀,ヤマダコーポ,ユーシン精機,日本コークス,リックス,ヤマタネ,住友倉,日清食HD,ダイセル,リョービ,マサル,セブン銀,遠州トラック,日精鉱,トヨタ,旭化成,ベルパーク,上新電,パラカ,太陽HD,ジェネックス,金下建,セガサミー,極洋,帝国電,リンナイ



上方修正・市場変更・増配・好材料情報




佐田建 <1826> 上期経常は65%増益で着地
西川ゴム <5161> 今期経常を一転黒字に上方修正
北陸ガス <9537> 今期経常を一転7%増益に上方修正
ケイヒン <9312> 上期経常が25%増益で着地・7-9月期も19%増益
四国銀 <8387> 今期経常を30%上方修正
KTC <5966> 5円増配 年間75円
クリエアナ <4336> 上期経常を一転24%増益に上方修正・14期ぶり最高益更新へ
伊藤米久HD <2296> 上期経常は32%増益で上振れ着地
エスライン <9078> 7-9月期(2Q)経常は8%増益
伊予銀 <8385> 上期経常は23%増益で着地
ヤマダコーポ <6392> 7-9月期(2Q)経常は10%増益
ユーシン精機 <6482> 7-9月期(2Q)経常は6%増益
日本コークス <3315> 非開示だった今期経常は3.6倍増益 1円増配 年間2円
リックス <7525> 今期経常を20%上方修正
ヤマタネ <9305> 今期経常を44%上方修正
住友倉 <9303> 今期経常を11%上方修正
日清食HD <2897> 上期税引き前が57%増益で着地・7-9月期も27%増益
ダイセル <4202> 今期経常を18%上方修正
リョービ <5851> 今期経常を赤字縮小に上方修正
マサル <1795> 前期経常を一転25%増益に上方修正・26期ぶり最高益 30円増額 年間160円
セブン銀 <8410> 7-9月期(2Q)経常は15%増益
遠州トラック <9057> 今期経常を10%上方修正・最高益予想を上乗せ 10円増額 年間60円
日精鉱 <5729> 上期経常が4.7倍増益で着地・7-9月期は黒字浮上
トヨタ <7203> 今期税引き前を98%上方修正
旭化成 <3407> 今期営業を12%上方修正
ベルパーク <9441> 今期経常を一転21%増益に上方修正・最高益 42円増額 年間164円
上新電 <8173> 上期経常は17%増益で着地
パラカ <4809> 今期経常は27%増益へ
太陽HD <4626> 今期経常を2%上方修正・最高益予想を上乗せ
ジェネックス <9820> 今期経常を75%上方修正
金下建 <1897> 今期経常を18%上方修正
セガサミー <6460> 今期経常を赤字縮小に上方修正
極洋 <1301> 上期経常が33%増益で着地・7-9月期も7.2倍増益
帝国電 <6333> 今期経常を48%上方修正
リンナイ <5947> 上期経常は一転1%増益で上振れ着地






更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:28 | Comment(0) | ◆上方修正情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S高|株価値上注目銘柄] アルペン,インソース,神戸製鋼所,ライオン,コナミ,クボタ,オカムラ,ADEKA,アサヒ,KLab,セリア,GMO−FG,ダイキン工業,シマノ,BEENOS,日本アジアグループ,KYCOM,綜研化学



※S高銘柄一覧


<1451> KHC     東証2  一時  
<3028> アルペン    東証1  配分  3.87万株買残
<3328> BEENOS  東証1      前期業績上振れ着地や増配を評価
<3751> 日本アジアG  東証1  配分  MBO実施発表でTOB価格にサヤ寄せ 193.06万株買残
<4014> カラダノート  東証M      2020年のIPO関連
<4972> 綜研化学    JQ       
<5070> ドラフト    東証M  一時  上期経常を一転黒字に上方修正
<6026> GMOテック  東証M      
<6626> SEMTEC  JQ   一時  21年3月期第2四半期の営業利益予想を上方修正、センサ販売好調
<7356> レッティ    東証M      2020年のIPO関連
<9073> 京極運     JQ   一時  
<9685> KYCOM   JQ   配分  21年3月期の営業利益予想46.7%増、情報処理事業が堅調 1万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3028> アルペン   東証1   24.8  2517 S 7〜9月期経常は5.4倍増益で上期計画を大幅超過
2. <4014> カラダノート 東証M   23.5  2100 S 2020年のIPO関連
3. <3328> BEENOS 東証1   22.8  2155 S 20年9月期営業利益は98%増
4. <3751> 日本アジアG 東証1   22.7   432 S MBO発表でTOB価格600円にサヤ寄せ
5. <9685> KYCOM  JQ    21.4   852 S 今3月期最終利益7倍予想でポジティブサプライズ
6. <4972> 綜研化学   JQ    20.4  1770 S ケミカルズ販売想定上回り21年3月期業績予想を上方修正
7. <7356> レッティ   東証M   20.2  2378 S 2020年のIPO関連
8. <6626> SEMTEC JQ    18.8  3990  医療機器向けセンサー好調で第2四半期業績予想を上方修正
9. <6026> GMOテック 東証M   18.0  3290 S
10. <3633> GMOペパボ 東証2   16.6  6030 
11. <5070> ドラフト   東証M   15.9  1780  2020年のIPO関連
12. <9360> 鈴与シンワ  東証2   14.8  2815 
13. <6200> インソース  東証1   13.0  3560  21年9月期営業85%増益予想で投資資金の攻勢続く
14. <7608> SKジャパン 東証1   12.5   602 
15. <6470> 大豊工業   東証1   11.8   586 
16. <3319> GDO    東証1   11.7   866 
17. <5406> 神戸鋼    東証1   11.6   461  第2四半期決算は上振れ着地で通期予想を上方修正
18. <2776> 新都HD   JQ    11.5   107 
19. <9715> トランスコス 東証1   11.1  3160  デジタルトランスフォーメーション関連
20. <4671> ファルコHD 東証1   10.9  1645  固定費削減などで今期経常利益予想を増額修正
21. <4097> 高圧ガス   東証1   10.7   829 
22. <5202> 板硝子    東証1   10.6   419  7-9月期は想定以上の収益改善で営業黒字に
23. <5724> アサカ理研  JQ    10.5  1945 
24. <2586> フルッタ   東証M   10.4   191 
25. <6490> ピラー    東証1   10.3  1536  半導体製造装置関連

アルペン <3028>  2,517円  +500 円 (+24.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
ストップ高。5日の取引終了後に発表した21年6月期第1四半期(7〜9月)の連結決算で経常利益が前年同期比5.4倍の51億3100万円に急拡大して着地。上期計画の23億2600万円を既に大きく上回っており、業績上振れを期待する買いが入った。新型コロナウイルスの感染拡大や長梅雨といったマイナス要因があったものの、キャンプ用品やゴルフ用品の販売が好調で、売上高は前年同期比0.7%増の580億9600万円と増収を確保した。適切な売価コントロールやコロナ禍を契機とした経費水準の見直しが奏功し、採算が改善したことも利益拡大に大きく貢献した。

インソース <6200>  3,560円  +410 円 (+13.0%)  本日終値  東証1部 上昇率4位
急騰。前日に一時400円を超える急騰をみせたが、きょうもギャップアップスタートとなり上値追いの勢いが止まらない。同社は企業向けに講師派遣や公開講座などの研修事業を展開し、豊富な研修コンテンツを強みに旺盛な人材育成ニーズを取り込んでいる。5日取引終了後に発表した21年9月期業績予想は売上高が前期比32%増の67億4000万円、営業利益が同85%増の14億5000万円と売上高、利益ともに大幅な伸びを見込んでおり、これを手掛かり材料に投資資金の攻勢が続いた。年間配当も前期実績比1円50銭の増配となる20円を計画し、これも評価材料となったもよう。

神戸製鋼所 <5406>  461円  +48 円 (+11.6%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
急反発。同社は5日取引終了後に、21年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結決算を発表。営業損益は271億4200万円の赤字(前年同期は74億4300万円の黒字)となり、従来予想の500億円の赤字から上振れ着地した。売上高は前年同期比17.8%減の7764億600万円(従来予想は7700億円)となった。素材系事業を中心に販売数量が想定ほど落ち込まなかったほか、コスト削減などに注力したことが奏功した。あわせて、通期の連結業績予想も修正。売上高見通しは前期比11.8%減の1兆6500億円(従来予想は1兆6400億円)、営業損益見通しは150億円の赤字(従来予想は350億円の赤字)に引き上げている。

ライオン <4912>  2,425円  +206 円 (+9.3%)  本日終値
大幅続伸。5日の取引終了後、20年12月期の連結業績予想について、営業利益を395億円から415億円(前期比39.1%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を11円から12円へ引き上げたことが好感された。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、衛生関連品などの需要が高い水準で推移したことに加えて、経費の減少に努めたことが寄与する。なお、売上高は3550億円(同2.2%増)の従来見通しを据え置いている。同時に発表した第3四半期累計(1〜9月)決算は、売上高2620億4900万円(前年同期比横ばい)、営業利益382億4400万円(同60.5%増)だった。

コナミホールディングス <9766>  4,985円  +340 円 (+7.3%)  本日終値
4連騰し連日の年初来高値更新となった。5日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4〜9月)連結決算で、営業利益が213億6800万円(前年同期比2.1%増)と増益で着地したことが好感された。新型コロナウイルス感染症による国内外のアミューズメント・カジノ施設事業者や自社グループのスポーツクラブの休業措置などの影響で、売上高は1160億7200万円(同4.1%減)に減少したものの、モバイルゲーム「遊戯王 デュエルリンクス」や「eFootball ウイニングイレブン 2020」などが堅調だったほか、家庭用ゲームで「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」が快調な出足となるなどデジタルエンタテインメント事業が好調に推移し営業増益となった。なお、21年3月期通期業績予想は引き続き未定としている。

クボタ <6326>  2,018.5円  +137.5 円 (+7.3%)  本日終値
4連騰して2000円台に乗せ、年初来高値を更新。5日の取引終了後、20年12月期の連結業績予想について、売上高を1兆7800億円から1兆8300億円(前期比4.7%減)へ、営業利益を1500億円から1700億円(同15.7%減)へ、純利益を1100億円から1250億円(同16.1%減)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う低迷からの回復が各地域で順調に進んでいることに加えて、東南アジアなどで雨季の天候が良好に推移し、機械部門の売り上げが国内外ともに従来予想を上回る見込みという。なお、未定としていた期末配当は前年同期同様に19円とし、年間配当は36円を予定している。同時に発表した第3四半期累計(1〜9月)決算は、売上高1兆3567億円(前年同期比7.1%減)、営業利益1298億8700万円(同21.8%減)、純利益964億6800万円(同21.2%減)だった。

オカムラ <7994>  848円  +56 円 (+7.1%)  本日終値
後場上げ幅を拡大。午後2時30分ごろ、21年3月期の連結業績予想について、売上高を2300億円から2360億円(前期比6.8%減)へ、営業利益を80億円から113億円(同15.6%減)へ、純利益を63億円から87億円(同11.7%減)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、第2四半期半ば以降、顧客ニーズが需要が活発化し上期業績が計画を上振れて着地したことに加えて、第3四半期以降もオフィス環境事業、商環境事業で需要が堅調に推移すると見込まれることが要因という。なお、同時に発表した第2四半期累計(4〜9月)決算は、売上高1052億9400万円(前年同期比11.1%減)、営業利益28億5900万円(同37.0%減)、純利益21億5500万円(同37.0%減)だった。

ADEKA <4401>  1,463円  +85 円 (+6.2%)  本日終値
11月5日大引け後(16:00)に業績修正を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の51億円→83億円(前年同期は82.7億円)に62.7%上方修正し、一転して0.3%増益見通しとなった。

アサヒ <2502>  3,616円  +207 円 (+6.1%)  本日終値
11月5日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比29.8%減の1106億円に減ったが、通期計画の1120億円に対する進捗率は98.8%に達し、4年平均の73.6%も上回った。

KLab <3656>  978円  +55 円 (+6.0%)  本日終値
大幅高に買われ4連騰。5日の取引終了後に発表した20年12月期第3四半期累計(1〜9月)の連結決算は、売上高263億6000万円(前年同期比17.8%増)、営業利益22億5400万円(同31.7%増)と2ケタ増収増益となり、これを好感する買いが向かった。周年記念キャンペーンを実施した「BLEACH Brave Souls」「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」といった既存タイトルが好調に推移したほか、開発協力した「テイルズ オブ クレストリア」(バンダイナムコエンターテインメントが配信)の新規寄与が業績拡大の要因となった。併せて、20年12月期通期業績予想の修正を発表。売上高を従来の330億円〜360億円から350億円へ、営業利益を従来予想の10億円〜30億円から25億円へそれぞれレンジの上限寄りに見直した。

セリア <2782>  4,050円  +215 円 (+5.6%)  本日終値
10月既存店売上高は前年同期比7.2%増。

GMO−FG <4051>  20,940円  +1,090 円 (+5.5%)  本日終値
東証が6日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

ダイキン工業 <6367>  22,285円  +1,150 円 (+5.4%)  本日終値
11月5日大引け後(15:20)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比22.5%減の1318億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の1980億円→2100億円(前期は2690億円)に6.1%上方修正し、減益率が26.4%減→21.9%減に縮小する見通しとなった。

シマノ <7309>  24,760円  +1,170 円 (+5.0%)  本日終値
上げ足が鮮烈、一時1200円高の2万4790円まで上値を伸ばし上場来高値を更新した。同社は自転車部品のトップメーカーだが、時価総額が2兆3000億円弱に達し、JR東日本<9020>やセコム<9735>を上回る大型株。ここ大口の資金流入が観測され上昇トレンドを加速させている。市場では「新型コロナウイルスの感染拡大を背景に“3密”を避ける移動手段として自転車が注目されているが、これは世界規模の話で同社への追い風は見た目以上に強い」(国内準大手証券ストラテジスト)という。20年12月期決算は従来計画を大幅に上方修正し、営業利益段階で前期比13%増の770億円と2ケタ成長を見込む。

BEENOS <3328>  2,155円  +400 円 (+22.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
ストップ高に買われ、実質16年8月以来の高値水準となった。5日の取引終了後に発表した20年9月期連結決算が、売上高258億7200万円(前の期比2.4%増)、営業利益33億7600万円(同97.7%増)、純利益18億9100万円(同75.6%増)となり、期末一括配当を従来予想から2円増額し20円(前期18円)にするとしたことが好感された。越境ECに対して売り手、買い手双方の需要が高まりEコマース事業のクロスボーダー部門の流通総額、売上高、営業利益が過去最高となったことが牽引した。また、新規事業の創造やインバウンド消費関連企業への出資に加え、保有する営業投資有価証券の売却を進めたインキュベーション事業も好調に推移した。なお、21年9月期業績予想は非開示としている。

日本アジアグループ <3751>  432円  +80 円 (+22.7%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
ストップ高。5日の取引終了後、MBOの一環として、米投資会社カーライル・グループ傘下のグリーン・ホールディングスが同社株の非公開化を目指してTOBを実施すると発表しており、TOB価格600円にサヤ寄せする格好となった。非公開化により戦略的な意思決定を柔軟かつスピード感をもって行うほか、継続事業の資本構成を抜本的に改善するのが狙い。買付予定数は2745万4480株(下限1830万3000株、上限設定なし)で、買付期間は11月6日から12月21日まで。TOB成立後、日本アジアGは所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、この発表を受けて東京証券取引所は、日本アジアG株式を11月5日付で監理銘柄(確認中)に指定している。

KYCOM <9685>  852円  +150 円 (+21.4%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社は通信や公共向け中心にシステムの受託開発を主力展開し、データ関連サービスも手掛けるが、情報処理案件の契約単価の改善などが収益に寄与している。5日取引終了後、非開示だった今期業績予想を発表、最終利益は前期比7.1倍の2億5000万円と急拡大を見込んでおり、これがポジティブサプライズとなった。株価は10月5日に年初来高値1137円をつけてからは調整局面にあったが、ここにきて75日移動平均線をサポートラインに下げ止まる動きをみせていた。株式需給面でも目先売り物がこなれており足が軽くなっていた。

綜研化学 <4972>  1,770円  +300 円 (+20.4%) ストップ高   本日終値
急騰しストップ高の1770円に買われた。5日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を285億円から300億円(前期比4.5%増)へ、営業利益を19億円から25億5000万円(同25.3%増)へ、純利益を13億円から19億円(同16.1%増)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けて落ち込んだ自動車・家電・建材分野等での需要回復が緩やかなものにとどまる一方、液晶ディスプレー関連分野での需要が中国市場を中心に急速に回復していることから、粘着剤をはじめとするケミカルズの販売が想定を上回ると予想しているという。なお、同時に発表した第2四半期累計(4〜9月)決算は、売上高140億400万円(前年同期比0.2%減)、営業利益14億3000万円(同37.0%増)、純利益11億9200万円(同68.4%増)だった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:02 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする