◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] タケエイ,バリューC,CTC,ISID,三菱電機,TDK,キーエンス,ファ…
[上方修正・増配・好材料情報] 東和銀行,三井不動産,日本伸銅,カナミックN,石垣食,ユニバーサル,フ…
[上方修正・増配・好材料情報] 世紀東急,誠建設,ジャスト,昭和真空,田中化研,永大産業,任天堂,ダイヘ…
[上方修正・増配・好材料情報] ネクソン,BEENOS,東応化,エブレン,丸井G,テノ.HD,日比谷設,…
[上方修正・増配・好材料情報] ファルテック,栗本鉄,宮地エンジ,エンシュウ,大同信,山梨銀,島津,プラ…
[格付け・レーティング情報] ディーエヌエ,セプテニHD,扶桑化学,日油,山洋電,シスメックス,レーザ…
[S高|株価値上注目銘柄] ディー・エヌ・エー,UTグループ,ソリトンシステムズ,ワールド,太陽ホール…
[格付け・レーティング情報] システナ,扶桑化学,住友鉱山,DOWA,山洋電気,ネットワン,丸紅,三井物…
[上方修正・増配・好材料情報] メンバーズ,FRONTEO,セリア,エバラ食品工業,ジンズホールディ…
[上方修正・増配・好材料情報] HULICR,省電舎HD,UT,レーザーテク,ヒラキ,MKシステム,北…
[格付け・レーティング情報] SFOODS,デジアーツ,エムスリー,日電硝,ダイキン,NEC,ソニー,村…
[上方修正・増配・好材料情報] イルグルム,アイモバイル,綜研化学,双葉電,東京センチュ,コンテック,…
[S高|株価値上注目銘柄] ヤマシンフィルタ,タクマ,良品計画,五洋建設,JCU,日清食HD,住友金属鉱…
[格付け・レーティング情報] エスフーズ,Dアーツ,セブンアイ,NEC,村田製作,ネットワン,イズ
[上方修正・増配・好材料情報] JCU,ソニー,フジミインコ,TDCソフト,東京エネシス,ゼリア新薬,…
[上方修正・増配・好材料情報] 情報企画,デイトナ,五洋建,ミンカブ,ヤマシン―F,青山財産,マキヤ,ソ…
[格付け・レーティング情報] 日清粉G,アサヒ,トーカロ,イビデン,レッグス,ベル24HD,ソニー,アル…
[S高|株価値上注目銘柄] アルヒ,Jエレベータ,ワールドHD,旭化成,ヨコオ,マルハニチロ,三井倉HD…
[株式分割情報] サーバーワークス(4434) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] エスビー,富士紡,トーカロ,サンアスタ,ISID,日本製鉄,東京製鐵,三和…
2019年12月28日

[格付け・レーティング情報] リニカル,東洋紡,CAP,リオン,アイフル,イオンFS




リニカル <2183>     日系中堅  強気    1200→1300   1109
東洋紡 <3101>      日系中堅  強気    2260    1639
CAP <3965>      日系中堅  強気    2350    1251
リオン <6823>      日系中堅  強気    3150→3670   3140
アイフル <6515>     日系大手  強気    320→330    246
イオンFS <8570>    日系大手  強気    2200      1758






saishin-225-year20200403.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:00 | Comment(0) | ◆レーティング格付情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2019/12/27週 +164,556円】NYDow 続伸 最高値更新 N225 僅かに反発 年末年始を控えて様子見 VIX指数は週末終値13台半ばへ NYダウ日経平均長期予想3ヶ月先行シグナルチャート



日経平均・NYダウ長期予想

VIX指数が週を通して25を下回っており、先行指数による予想が復活中。

12/27週のNYダウ・日経平均長期予想は、長期:弱買い・売り、中期:弱買い・売り、短期:売り。NYダウは、+190ドル:+0.67%。日経平均は、+21円:+0.08%。NYダウの週末終値は、28,640ドル台へ。終値で最高値更新。N225の週末終値は23,830円台へ。

アマゾンやマスターカードの関連データから米年末商戦が好調との報道相次ぐ。米経済の牽引役である個人消費の堅調ぶりが示される。
また、米中貿易協議は、引き続き米中政府間で緊密な連携が行われており、来年1月上旬の署名にむけて調整が続く。

米国債10年債金利は、週末は1.87%台に上昇。週間で+0.05%。一時1.9%台に乗せる場面も。米国債2年債金利は、1.58%台に低下。週間で▲0.03% 長短金利差は、+0.29%。逆イールド解消が継続中。

原油は、週末には、61ドル台後半まで上昇。

注目のVIX指数ですが、12/27週は週を通して25超が出現せず。場中・終値ともに11週連続で20超が出現せず。週末終値は、13.43となり15を下回る。

予想は、「下押し圧力が、かかるか。」であり、外れとなりました。
循環的アノマリーによる予想は、的中となりました。

3ヶ月先行指数(2019/10/25週〜2019/12/27週)一覧表

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。
furi-coment-225-20191227.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

日経平均株価(N225)と前1年の3ヶ月先行指数(2018/12/28〜2019/12/27)
furi-225-year-20191227.png

NYダウ(DJI)と前1年の3ヶ月先行指数(2018/12/28〜2019/12/27)
furi-ny-year-20191227.png

3ヶ月先行指数による予想ポイントと株式相場結果

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、12/27週は、下落へ。
長期スケールは、12/27週は、下落へ。

短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが、12/27週に出現。

短期スケールでは、「04/03週の値>12/27週の値」が出現。
長期スケールでは、「04/03週の値>12/27週の値」が出現。
12/27週は、長期的な先高感が、復活しているか。

12/27週において、長期的には、弱買い・売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、12/27週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
04/03週の値>12/27週の値が出現。
先高感が復活しているか。

12/27週において、中期的には、弱買い・売りか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、12/27週は、下落へ。マイナス値に転落。
成長Diffは、12/27週は、下落へ。プラス幅が縮小。

スケールDiff<成長Diffとなるデッドクロスが12/27週も継続。

12/27週は、短期的には、売りか。

「長期成長指数>長期トレンド指数」となる弱気相場入りのサインが点灯中。1月中旬までは下押しが有りそうだが、長期的・中期的に買いサインも点灯中。利益確定売りをこなしつつ、大きく下げる場面があれば、拾いに行くのもありか。


<経緯財指標等の状況>
11月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]は、71.9万件。↓
11月 新築住宅販売件数 [前月比]は、1.3%。↑
11月 耐久財受注 [前月比]は、▲2.0%。↓
11月 耐久財受注・輸送用機器除く [前月比]は、0.0%。↓
12月 リッチモンド連銀製造業指数は、▲5。↓
前週分 新規失業保険申請件数 は、22.2万件。↓

<実相場の状況>
NYダウは、続伸。週末には、28,640ドル台へ。一時28,700ドル台に到達。場中・終値での最高値更新。
SP500は、続伸。週末には、3240台へ。最高値更新。
ナスダックは、続伸。週末には、9000台へ。最高値更新。
原油は、続伸。週末には、61ドル台半ばへ。

N225は、僅かに反発。終末には、23,830円台へ。

VIX指数は、週を通して25超が出現せず。場中での20超が10週連続に出現せず。終値でも20超が11週連続で出現せず。週末終値は13.43。

米国市場心理は、落ち着いていたか。

<VIX指数25以下:長期順張りシステム>
チマチマと利益確定を実施。少しだけ買いも。

今週の資産増減:前週末比 +164,556円。

3ヶ月景気先行指数による運用開始後の全資産増減(現物取引のみ)
+31,028,644円
平均投資金額(種銭):8,625,435円

日経平均株価(N225)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2019/09/27〜2019/12/27)
furi-225-rousoku20191227.png

NYダウ(DJI)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2019/09/27〜2019/12/27)
furi-ny-rousoku20191227.png

10/04週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス値が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力勝るか。

NYダウは、続落。週末には、26,570ドル台へ。米経済指標に失速感が台頭。
N225は、続落。週末には、21,410円台へ。米株安が直撃。

10/11週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力勝るか。

NYダウは、反発。週末には、26,810ドル台へ。米中貿易協議で部分合意。
N225は、反発。週末には、21,790円台へ。米中貿易協議進展期待。

10/18週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が勝るか。

NYダウは、反発。週末には、26,950ドル台へ。米企業決算堅調。
N225は、続伸。週末には、22,790円台へ。一時22,600円台を回復。米中貿易協議部分合意を歓迎。

10/25週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が継続。
下押し圧力勝るか。

NYダウは、反発。週末には、26,770ドル台へ。ボーイング急落が響く。
N225は、続伸。週末には、22,790円台へ。一時22,800円台を回復。円相場堅調でジリ高へ。

11/01週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が継続。
下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。

NYダウは、続伸。週末には、27,340ドル台へ。FOMC0.25%利下げ。10月雇用統計堅調。BR> N225は、続伸。週末には、22,850円台へ。一時23,000円台を回復する場面も。

11/08週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。 スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。 長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。 短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。 下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。
NYダウは、続伸。週末には、27,680ドル台へ。米中貿易協議進展期待 過去最高値更新。
N225は、続伸。週末には、22,390円台へ。一時23,500円台を回復する場面も。

11/15週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が勝るか。

NYダウは、続伸。週末には、28,000ドル台へ。米中貿易協議進展期待継続 過去最高値更新。
N225は、反落。週末には、23,300円台へ。一時終値で23,500円台を回復するも維持できず。

11/22週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が勝るか。

NYダウは、反落。週末には、27,870ドル台へ。米中貿易協議停滞も期待は残る。
N225は、反落。週末には、23,110円台へ。一時23,000円台を割り込む場面も。

11/29週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス値が継続。成Diffは、上昇へ。プラス値に復帰。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス値が縮小。
上押し圧力が残るか。

NYダウは、反発。週末には、28,050ドル台へ。米中貿易協議停滞懸念も期待は残る。
N225は、反発。週末には、23,290円台へ。一時23,600円台に到達する場面も。

12/06週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、まだ残るか。

NYダウは、反落。週末には、28,015ドル台へ。米中貿易協議継続中。11月雇用統計は好調。
N225は、続伸。週末には、23,350円台へ。一時終値でも23,500円台を回復する場面も。

12/13週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力と下押し圧力が入り交じるか。

NYダウは、反発。週末には、28,135ドル台へ。米中貿易協議第1段合意。場中での最高値更新。
N225は、続伸。週末には、24,000円台を回復。
12/20週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
下押し圧力が、かかり始めるか。

NYダウは、続伸。週末には、28,450ドル台へ。場中・終値での最高値更新。
N225は、反落。週末には、23,810円台へ。24,000円台を割り込む。

12/27週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかるか。

NYダウは、続伸。週末には、28,640ドル台へ。場中・終値での最高値更新。
N225は、僅かに反発。週末には、23,830円台へ。

循環的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値とNYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、10/04週〜10/18週は、やや有意性があるか。10/25週は、有意性が無いか。11/01週は、やや有意性があるか。11/08週は、有意性が無いか。11/15週〜12/27週は、やや有意性があるか。

NYダウでは、10/04週〜10/18週は、やや有意性があるか。10/25週は、有意性が無いか。11/01週は、やや有意性があるか。11/08週〜11/15週は、有意性が無いか。11/22週は、有意性があるか。11/29週は、有意性が無いか。12/06週〜12/27週は、やや有意性があるか。




投資の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:21 | Comment(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする