◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] ライフル,博報堂,日清食品,関東電化,協和キリン,三井化学,ZHLD,タム…
[上方修正・増配・好材料情報] TOKAI,ディア・ライフ,デファクトスタンダード,enish,イル…
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,サントリBF,ニチレイ,日清食HD,トクヤマ,デンカ,日本…
[S高|株価値上注目銘柄] チタン,NCHD,エフティグループ,メニコン,中部飼料,セルシード,応用技術…
[株式分割情報] gooddaysホールディングス (4437) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] コムシス,サントリーBF,ニチレイ,トクヤマ,デンカ,日本新薬,リゾート…
[上方修正・増配・好材料情報] キューブシステム,プラップジャパン,WDBホールディングス,双日,日…
[上方修正・増配・好材料情報] カカクコム,中部飼料,エフティ,マルカ,ケア21,トビラシステ
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,協エクシオ,東洋水,東洋紡,TIS,アイカ,関西ペ,TOYO…
[S高|株価値上注目銘柄] 木村化,リファインV,あすか製薬,大日本住友製薬,TOKYOBASE,テラ…
[株式分割情報] テンポイノベーション (3484) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 国際帝石,協和エクシオ,エムスリー,東洋水産,東洋紡,日本ゼオン,TOY…
[上方修正・増配・好材料情報] YKT,キャンドゥ,キャンドゥ,大阪油化工業,バルテス,あすか製薬,カ…
[上方修正・増配・好材料情報] ストライダズ,ローム,KIMOTO,MS&AD,エーアイテイ,東京海上
[格付け・レーティング情報] 日清食HD,東急不HD,T−BASE,JSR,ペプドリ,ブリヂストン,共…
[S高|株価値上注目銘柄] YSフード,阿波製紙,Tワークス,カオナビ,田辺三菱,木村化,沢藤電,栄電子,…
[市場変更情報] 明豊ファシリティワークス(1717) 東証2部⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] 日清食品,東急不動産,JSR,ペプチD,共英製鋼,住友金属鉱山,日機装,ル…
[上方修正・増配・好材料情報] 極楽湯,メディネット,ヒビノ,エスプール,フージャース,日本調剤,IG…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,FPG,ランビジネス,グローバル社,いであ,森トラストR
Top◆日経平均予想見通し >[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(10/25週〜01/31週) ]10月下落傾向 11月12月初旬は僅かに上向くも横ばい圏か 12月中旬弱気相場入りサイン点灯 1月中下旬に一旦は底打ちか 中国景気も秋には下押すも年始にかけてに徐々に上向くか
2019年10月20日

[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(10/25週〜01/31週) ]10月下落傾向 11月12月初旬は僅かに上向くも横ばい圏か 12月中旬弱気相場入りサイン点灯 1月中下旬に一旦は底打ちか 中国景気も秋には下押すも年始にかけてに徐々に上向くか



日経平均・NYダウ長期予想

週間でのVIX指数終値が25を下回っており、先行指数による予想は復活中です。

長期スケールは、2018/06/22週に150.20で、大天井打ちが出現。
2019/09/27週に146.87で、直近での天井打ちが出現。

2019/05/24週に、143.57で直近での大底打ちが出現。
ただし、2019/11/08週に、145.12で、2020/01/17週に144.23で直近での底打ちが出現。

長期的には下落中か。5月下旬に底打ちし、緩やかな上昇傾向に転じるも、勢いは弱く9月に天井打ち。11月初旬と1月中旬に、一旦は底打ちし、緩やかな上昇傾向は維持される見込み。ただし、上昇の勢いは弱いままか。

短期スケールと長期スケール共にピークアウト済み。11月初旬にかけて急減には至らないものの下落傾向へ。短期スケールは10/25週に、長期スケールは11/08週に一旦は底打ちするも、上昇の勢いは弱く横ばい圏での推移か。12/13週には再び短期スケールが下向きに変化し01/17週まで下落継続。長期スケールも12/20週に下向きに変化し01/17週まで下落継続。ただ、01/24週から共に上向いており、底打ちしたか。

長期トレンド指数もピークアウト済み。01/17週まで下落が継続するか。01/24週から上向くか。

長期成長指数もピークアウト済みであり、11/15週に一旦は底打ちするもプラス圏に浮上すること無く12/27週から再び下落。01/24週に取り敢えず底打ちしたか。

さらに、12/13週に弱気相場入りを意味する「長期トレンド指数<長期成長指数」が出現し、01/31週も継続中です。

先行指数のダウントレンド継続期間が36週を超過すると下落相場入りが濃厚となるのですが、05/24週の48週目でとりあえずはダウントレンドは終了しました。ただ、十分に反発できず10月から再びダウントレンドに突入しました。11月は僅かに上向いたものの、12月中旬から再びダウントレンドとなりましがが、05/24週での底値は下回らずに1月中旬に底打ちしたか。取り敢えずは大幅下落相場は回避できるか。

景気後退入りするかどうかは、長期スケールが現アップトレンド入りの基点となった2018/01/19週の143.47を下回るかどうかがポイントとなりそうです。ちなみに05/24週では143.57となったもののギリギリ上回っているので、景気後退入りは青息吐息ながらも回避しているとの判断です。

暴落を伴うスパイラル的な下落相場入りとなるかどうかのカギを握るのは、やはりVIX指数となりそうです。終値で30を超える。加えて終値で25を超えた日が1回でもある週が5週連続した場合は、スパイラル的な下落相場入りのサインとなります。逆に終値で20以下の最大値が5週連続した場合は回避のサインとなります。

VIX指数は、01/04週以来終値で25超が出現していません。スパイラル的下落相場入りフラグも大暴落フラグも消滅中です。ただし、08/09週に24.59が出現し25寸前まで上昇。その後も08/09週〜08/16週、08/30週と20超が出現。一旦は落ち着くも10/4に再び20超が出現。それでも連続した20超には至らず。市場心理は、まだ落ち着いていると言えるでしょう。

世界景気の重しとなっている中国景気ですが、10月からはもう一段の下押しとなったあと、11月からは僅かに上向きとなりそうです。

ところで、今現在の相場環境ですが、ナチュラルな景気循環のピークアウトが観測されつつあるのではと愚考します。これは意外と珍しい現象で、2000年以降では初観測となります。金融危機、同時多発テロ、サブプライム問題、リーマンショック、ギリシャ危機、FRB量的金融緩和などの人側の都合で景気循環のサイクルはズタズタになっていましたが、今回は綺麗なピークアウトが観測されるやもしれません。(あくまでも個人的な感想です)

3ヶ月先行予測指数(2019/10/18週〜2020/01/31週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20200131.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2019/02/01〜2020/01/31)

saishin-225-year20200131.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2019/02/01〜2020/01/31)
saishin-ny-year20200131.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2021)

1989-2019-ny-suke20191004.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期成長指数&長期トレンド)(1989〜2021)

1989-2019-ny-seitr20191004.png

N225 3ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2021)

1989-2019-225-suke-yendoll20191004.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、10/25週は、下落へ。
11/01週は、上昇へ。
11/08週は、下落へ。
11/15週〜12/06週は、上昇へ。
12/13週〜01/17週は、下落へ。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。

長期スケールは、10/25週は、下落へ。
11/08週までは、下落へ。
11/15週〜12/13週は、上昇へ。
12/20週〜01/17週は、下落へ。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。

短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが、10/25週も継続。
11/15週までは、デッドクロスが継続するか。
11/22週に11週ぶりにゴールデンクロスに復帰するか。
11/29週〜12/20週は、ゴールデンクロスが継続するか。
12/27週〜01/24週は、デッドクロスが出現するか。
01/31週は、ゴールデンクロスに復帰するか。

短期スケールでは、「01/31週の値>10/25週の値」が出現。
長期スケールでは、「01/31週の値<10/25週の値」が出現。
長期的な先高感は、やや復活しているか。

10月下旬にかけて下落傾向となるか。
11月上旬に底打ちとなるも上昇の勢いは弱いか。
12月初旬から1月中旬にかけて再び下落傾向か。
1月中下旬から上昇に転じるか。

10/25週において、長期的には、弱買い・売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、10/25週は、下落へ。
11/15週までは、下落へ。プラス幅が縮小。
11/22週は、上昇へ。プラス値が拡大。
11/29週〜12/06週は、下落へ。プラス値が縮小。
12/13週は、下落へ。17週ぶりに、マイナス値に転落。
12/20週〜01/17週は、下落へ。マイナス値が拡大。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

01/31週の値<10/25週の値が出現。
既に09/06週にピークアウトしており、完全に先高感が失われているか。

10/25週において、中期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、10/25週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
10/25週までは、再び下落へ。マイナス幅が拡大。
11/01週〜11/15週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
11/22週は、上昇へ。プラス値に復帰。
11/29週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
12/06週〜12/20週は、下落へ。プラス幅が縮小。
12/27週は、下落へ。マイナス値に転落。
01/03週〜01/17週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
01/24週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
01/31週は、上昇へ。プラス値に復帰。

成長Diffは、10/25週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
11/01週までは、下落へ。マイナス幅が拡大。
11/08週〜11/22週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
11/29週は、上昇へ。プラス値に復帰。
12/06週〜12/13週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
12/20週〜12/27週は、下落へ。プラス幅が縮小。
01/03週は、下落へ。マイナス値に転落。
01/10週〜01/17週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

10/25週までは、共にマイナス値となるデッドクロスが出現。
11/01週は、共にマイナス値ながらもスDiff>成Diffとなるゴールデンクロスに復帰。 11/08週〜11/15週もゴールデンクロスが継続。
11/22週は、スDiffがプラス値になるゴールデンクロスが出現。
11/29週は、共にプラス値となるゴールデンクロスに復帰。
12/06週〜12/20週は。共にプラス値ながらもデッドクロスが出現。
12/27週は、スDiff<0となるデッドクロスが出現。
01/03週は、共にマイナス値となるデッドクロスが出現。
01/10週〜01/17週は、共にマイナス値となるデッドクロスが継続
01/24週は、共にマイナス値ながらもゴールデンクロスに復帰。
01/31週は、スDiff>0となるゴールデンクロスが出現。

10月下旬にかけて勢いが堕ちるか。下押しもあるか。
11月初旬から下旬に持ち直しがあるか。
12月初旬から1月中旬にかけて再び勢いが堕ちてくるか。
1月中下旬から上向くか。
10/25週は、短期的には、売りか。


10月上旬に発表された中国PMI(財新)を元に長期スケールChainaを再計算したところ、中国景気は、10月11月は漸減傾向か。12月は僅かに持ち直すか。1月は上向くか。

米FRBは、7月に10年半ぶりの利下げを実施。9月に追加利下げを実施。米中貿易戦争での米国景気を下支えするため、追加利下げもある見込み。


VIX指数は、週末終値は、14台前半へ。25を下回る。週を通して25超が出現せず。3週ぶりに場中・終値でも20超が出現せず。
米国市場心理は、ややザワついているか。

スパイラル的な暴落を回避するためには、3週間以内に、30を下回ることが必要となるか。
さらに、5週間以内に、25を下回ることが必要となるか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・弱買い・売り
◎中期的予想見通し・・・売り
◎短期的予想見通し・・・売り

長期・中期・短期の全てに売りサインが点灯。12/13週より「長期成長指数>長期トレンド指数」となる弱気相場入りのサインが点灯中。利益確定売りが優先されるか。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2019/10/11〜2020/01/31)

saishin-225-roano20200131.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2019/10/11〜2020/01/31)

saishin-ny-roano20200131.png


10/25週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が継続。
下押し圧力勝るか。

11/01週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が継続。
下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。

11/08週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。

11/15週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス値が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が勝るか。

11/22週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が勝るか。

11/29週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス値が継続。成Diffは、上昇へ。プラス値に復帰。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス値が縮小。
上押し圧力が残るか。

12/06週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、まだ残るか。

12/13週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力と下押し圧力が入り交じるか。

12/20週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
下押し圧力が、かかり始めるか。

12/27週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかるか。

01/03週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

01/10週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

01/17週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

01/24週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかり始めるか。

01/31週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかり始めるか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値・NYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、11/15週〜12/27週、01/17週〜01/31週 に注意が必要か。

NYダウでは、11/08週〜12/27週、1/17週〜01/31週 に注意が必要か。





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:27 | Comment(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。