◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] イントランス,コスモバイオ,ケイアイスター,サイオス,フライト,アクロ…
[格付け・レーティング情報] 味の素,第一三共,大塚商会,太平洋工業,スクリーン,平和不動産
[上方修正・増配・好材料情報] フジシール,シンクレヤ
[格付け・レーティング情報] 日ハム,総医研HD,ゼオン,日立,三井E&S,FCC
[市場変更情報] 日本社宅サービス(8945) 東証2部⇒東証1部
[S高|株価値上注目銘柄] 明星工業,UACJ,グリー,平和不動産,ETSホールディングス,三精テクノ…
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,夢真,アダストリア,テクマトリックス,フーバーブレイン,P…
[格付け・レーティング情報] 大林組,日本ハム,TOYOタ,日立,FCC,ソニーFH
[上方修正・増配・好材料情報] 明星工業,福山通運,山陽特殊,コーセル,イワキ,サンオータス,協立電機,…
[格付け・レーティング情報] 北の達人,鎌倉新書,JVCケンウ,日信工業,山九
[市場変更情報] セグエグループ(3968) 東証2部⇒東証1部
[S高|株価値上注目銘柄] フジタコーポ,Sワイヤー,アイピーエス,三桜工,サンオータス,クボテック,ク…
[上方修正・増配・好材料情報] パルグループ,エフティグループ,ダイドーリミテッド,グローバルリンク…
[上方修正・増配・好材料情報] 京阪神ビル,クオール,アルー,野村HD,積水ハウスR
[格付け・レーティング情報] タケエイ,北の達人,JVCケンウッド,SOMPO,東京海上,山九
[格付け・レーティング情報] インベスコO,神島化,日特塗,堀場製,京セラ,オリンパス,凸版,興銀リース…
[S高|株価値上注目銘柄] ツルハHD,東芝テック,NEC,サン電子,メドピア,朝日ネット,AKIBA,ア…
[上方修正・増配・好材料情報] GCA,エイジア,マーチャント・バンカーズ,ブイキューブ,ソフトウェ…
[格付け・レーティング情報] ラック,エアウォタ,日特塗料,アマノ,富士通ゼ,凸版印刷
[上方修正・増配・好材料情報] バルニバービ,東芝,アークランド,ツルハHD,ロジザード
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] シンクレイヤ,地域新聞社,キューブシス,環境管理,倉元,レアジョブ,自律制御シ研,小田原機器,カーディナル,レオパレス21,北越コーポレーション,ルーデン,平山,キューブシステム,リミックスポイント,フュートレック,プロレド,シグマクシス,都築電気,学究社,Ubicom,ベルグアース
2019年05月20日

[S高|株価値上注目銘柄] シンクレイヤ,地域新聞社,キューブシス,環境管理,倉元,レアジョブ,自律制御シ研,小田原機器,カーディナル,レオパレス21,北越コーポレーション,ルーデン,平山,キューブシステム,リミックスポイント,フュートレック,プロレド,シグマクシス,都築電気,学究社,Ubicom,ベルグアース



※S高銘柄一覧


<1724> シンクレイヤ  JQ       4K・8K関連で投資資金攻勢続く 3日連続S高
<2164> 地域新聞社   JQG  配分  前日もストップ高 5.36万株買残
<2335> キューブシス  東証1  一時  AI人材育成で成長期待
<4657> 環境管理    JQ       
<5216> 倉元      JQ       
<6096> レアジョブ   東証M      
<6232> 自律制御シ研  東証M      ドローン関連
<7314> 小田原機器   JQ   一時  
<7855> カーディナル  JQG      キャッシュレス決済関連
      

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <5216> 倉元     JQ    36.2   188 S
2. <6096> レアジョブ  東証M   20.0  4195 S 今期経常は48%増で2期連続最高益更新へ
3. <4657> 環境管理   JQ    19.9   905 S
4. <1400> ルーデン   JQG   18.4   469  足もと中古マンション好調で仮想通貨関連としても人気素地
5. <7855> カーディナル JQG   18.1   980 S キャッシュレス決済関連
6. <1724> シンクレイヤ JQ    17.4  1014 S 4K・8K関連で投資資金攻勢続く
7. <2164> 地域新聞社  JQG   16.6  1051 S
8. <6232> 自律制御シ研 東証M   15.6  5190 S ドローン関連
9. <2334> イオレ    東証M   15.0  2069  今期営業利益は2.1倍見込む、運用型広告に注力
10. <7781> 平山     JQ    14.7  2890  1株を2株への株式分割と配当増額を好感
11. <2335> キューブシス 東証1   14.6   974  AI人材育成で成長期待
12. <7063> エードット  東証M   14.0  2783 
13. <7577> ハピンズ   JQ    13.4   228 
14. <3969> エイトレッド 東証1   12.0  1714 
15. <7050> Fインタ   東証M   11.4  2249 
16. <3825> リミックス  東証2   11.4   401  ビットコイン価格急騰手掛かりに投機資金攻勢
17. <7314> 小田原機器  JQ    11.4   773 
18. <8508> Jトラスト  東証2   11.1   471  仮想通貨関連
19. <2468> フュトレック 東証2   11.0   556  20年3月期連結業績予想は営業利益8000万円の黒字転換へ
20. <3816> 大和コン   JQ    10.8  1346 
21. <8848> レオパレス  東証1   10.4   308  レノ買い増しで保有比率10%超へ
22. <4286> レッグス   東証1   10.0  1404 
23. <9399> ビート    東証2   10.0   99 
24. <3135> マーケットE 東証M   9.7  2066  業績予想の上方修正も発表
25. <1743> コーアツ工業 東証2   9.4  3150  国土強靱化関連

レオパレス21 <8848>  308円  +29 円 (+10.4%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
3連騰。旧村上ファンド関係者が運営する投資会社レノ(東京都渋谷区)が17日の取引終了後、財務省に変更報告書を提出し、レノと共同保有者のレオパレス株保有比率が7.93%から10.32%に上昇したことが判明した。保有目的は投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うこととしており、報告義務発生日は5月10日。レノの大量保有は14日に判明したばかりだが、その後も買い増しており、これを受けて思惑的な買いが続いているようだ。

北越コーポレーション <3865>  628円  +52 円 (+9.0%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
急伸。17日大引け後に発表した19年3月期の連結経常利益は前の期比6.4%減の130億円になったが、続く20年3月期は前期比38.3%増の180億円に拡大し、19期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は引き続き紙需要の減少や原燃料価格の上昇が懸念材料となるものの、前期に実施した値上げ効果で採算が急改善する見込みだ。コスト削減の継続も増益に貢献する。前週末終値ベースの予想PERが12.8倍→9.5倍に低下し、割安感が強まったことも支援材料となった。

ルーデン <1400>  469円  +73 円 (+18.4%)  本日終値
大幅高で6連騰、この間に株価を5割近く上昇させ年初来高値を更新している。マンションの室内リフォームなどを主力とし、不動産開発などにも多角化を図り業績の立て直しを図っている。前週15日に発表した19年12月期第1四半期(1〜3月)決算は営業損益が1900万円と前年同期の赤字から黒字に転換した。中古マンション市場が売上高、利益ともに会社側の想定を上回って推移している。これが買い安心感につながっているほか、ルーデンコインなど仮想通貨分野にも積極展開しており、最近のビットコイン価格の急上昇も株価の刺激材料となっている。

シンクレイヤ <1724>  1,014円  +150 円 (+17.4%) ストップ高   本日終値
4日連続ストップ高と異彩の上昇をみせ18年1月下旬以来1年4カ月ぶりの4ケタ大台復帰を果たした。ケーブルテレビネットワークなど情報通信システム関連の構築を手掛ける。4K・8K放送対応で光ファイバー投資が加速しており、これが同社の業績を押し上げる背景となっている。19年12月期第1四半期(1〜3月)の営業利益は決算期変更に伴い前年同期との単純比較はできないものの、4億6000万円と大幅な伸びを示したことで、これを契機に短期資金が攻勢をかけている。

平山ホールディングス <7781>  2,890円  +371 円 (+14.7%)  本日終値
急騰。午前10時20分ごろ、6月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。投資単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。また、株式分割に伴い、従来58円を予定していた19年6月期の期末一括配当を60円にすると発表しており、これも好材料視されたようだ。

キューブシステム <2335>  974円  +124 円 (+14.6%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
急騰、年初来高値を更新。システム開発やデータベースの構築を手掛け、銀行などの金融業界やスーパーなど流通小売業界、通信キャリア向けなどで高実績を誇るが、RPAやクラウドサービスといった成長分野への注力で時流を捉えている。AI関連ビジネスでは提携戦略を足場に業容拡大を図っており、昨年AI・IoTベンチャーで世界屈指の囲碁AI開発でも知られるトリプルアイズ(東京都千代田区)と資本・業務提携を締結、AIに対応したデジタル人材の育成を行っていることで、マーケットの注目度が高まっている。

リミックスポイント <3825>  401円  +41 円 (+11.4%)  本日終値
大幅高。システム開発を手掛けるほか、電力など省エネ支援やホテルの企画開発、中古車売買など多角化を推進している。特に仮想通貨交換所「ビットポイント」を運営していることで、ビットコイン関連株としての位置づけで投資資金が集まりやすい。ここにきてビットコイン価格が急上昇、直近は前日比10%を超える上昇で90万円台まで水準を切り上げており、これが刺激材料となり投機資金の流入を誘った。

フュートレック <2468>  556円  +55 円 (+11.0%)  本日終値
続急伸。前週末17日の取引終了後、5月9日発表の決算で未定としていた20年3月期連結業績見通しについて、売上高31億100万円(前期比9.7%減)、営業利益8000万円(前期2800万円の赤字)、最終利益6000万円(同3億円の赤字)を見込み、年間配当は6期ぶり復配となる3円を予定していると発表したことが好感された。従来は不確定な案件が存在し合理的な算定が困難であるとしていたが、同日付でプロモーション事業をホワイトホールラボ(名古屋市中区)に譲渡すると発表したことに伴い予想を発表したという。なお、今期は音声認識事業とCRM事業を中心に事業拡大を図るとしている。

プロレド・パートナーズ <7034>  11,470円  +900 円 (+8.5%)  本日終値
急反発。前週末17日の取引終了後、6月11日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これが好材料視された。今回発表の株式分割は、投資単位当たりの金額を引き下げることで投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的としているという。効力発生日は6月12日。

シグマクシス <6088>  1,288円  +89 円 (+7.4%)  本日終値  東証1部 上昇率10位
マドを開けて値を飛ばす展開。19年3月期最終利益は前の期比46%増と急拡大、20年3月期も16%増益と2ケタ成長を続ける見込みにあり、業績は5期連続で大幅増収増益路線をひた走る。経営コンサルティング会社で、戦略立案から開発・実行に至るまで一気通貫で対応できるのが強み。AI活用に特長があり、コンサルティング業務は秘密保持契約のもとで進められるためAIに絡む具体的な案件は表に出にくいが、リリースされたものでは、ドキュメント自動入力プラットフォームの「ディープシグマDPA」が注目されている。同商品については「大量の文書を扱う銀行向けなどで需要開拓が進む可能性がある」と会社側も期待を示している。

都築電気 <8157>  1,160円  +77 円 (+7.1%)  本日終値
マドを開けて大陽線を示現、1100円台後半に上値を伸ばし年初来高値に買われた。5月に入り一気に上値追いが加速している。富士通グループで情報ネットワークソリューションサービスを展開、19年3月期営業利益は前の期比31%増の33億1800万円と急拡大、20年3月期も前期比6%増の35億円と利益成長が続く。19年3月期年間配当は前の期比10円増配の39円と大幅増配するなど株主還元に厚い。依然としてPER9倍未満、PBR0.7倍は割安感が強い。会社側は、次代の成長分野であるAIとIoT、エッジコンピューティング分野に経営の重心を置く方針を明確に打ち出しており、これが株価を強く刺激している。

学究社 <9769>  1,308円  +79 円 (+6.4%)  本日終値
高い。17日大引け後に発表した19年3月期の連結経常利益は前の期比17.3%減の13.1億円になったが、続く20年3月期は前期比21.9%増の16億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は学習塾「ena」の新規開校を10校程度計画するとともに不採算校舎の閉校を進める。併せて、発行済み株数の0.89%にあたる10万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しており、株主還元の拡充を評価する買いも向かった。

Ubicom <3937>  1,667円  +93 円 (+5.9%)  本日終値
大幅高で3連騰。前週16日に19年3月期決算発表を受けて突発人気化、300円高はストップ高に買われたが、その後も大口の買いが継続し目先筋の利益確定売りを吸収している。大企業向けを中心にシステム開発案件を手掛けるが、医療関連ソフトにも展開し需要開拓が進んでいる。フィリピンでのオフショア開発で人件費を下げ高利益率を確保している点が同社の特長。営業利益は19年3月期に前の期比75%増の5億6400万円と高変化をみせ、続く20年3月期も6億7100万円予想と前期比2割近い伸びを予想している。

ベルグアース <1383>  2,181円  +109 円 (+5.3%)  本日終値
続急伸。前週末17日の取引終了後、サカタのタネ<1377>子会社の長野セルトップから、7月1日付で花苗育苗事業を譲り受けると発表しており、これを好感した買いが入った。長野セルトップが行うトルコギキョウを中心とした花苗育苗事業を6000万円で譲り受けるという。コア事業である野菜苗生産販売事業に花育苗事業を加えることで、苗事業の多角化・多品目化を大きく前進させるのが狙いとしている。また、ベルグアースは同時に、ウシオ電機<6925>と「密閉式人工光育苗装置」や育苗に利用する補光用照明の照明方法、及びこれらの装置を用いた育苗レシピの開発を共同で行うと発表しており、これも好材料されている。今回の共同開発は、ベルグアースの商品開発力や人工光閉鎖型育苗施設のノウハウと、ウシオ電の光源技術を生かすことでこれらを商品化し、将来的には中国を中心としたアジア地域へ展開するのが狙いとしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:05 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。