◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] トランスジェニック,神戸物産,東洋紡,小松マテーレ,電算システム,メデ…
[格付け・レーティング情報] アダストリア,シップヘルス,TIS,KDDI,クレハ,第一三共,CKD,三…
[上方修正・増配・好材料情報] ダイセキS,日本ライフL
[格付け・レーティング情報] システナ,AGC,リクルート,SMC,ダイキン,アイシン,ジャパンRE,日…
[S高|株価値上注目銘柄] イメージ情報,イーソル,アサカ理研,アジャイル,多摩川HD,さいか屋,アイド…
[上方修正・増配・好材料情報] オイシックス,サムティ,アクロディア,アステリア,PRTIMES,バリ…
[格付け・レーティング情報] 日本M&A,TIS,協和キリン,オービック,リクルート,SMC,ダイキン,…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,フェイス,双葉電,日賃貸,ラサールロジ,RISE
[格付け・レーティング情報] パーソルHD,ALSOK,サントリBF,ワールド,ラクス,大幸薬品,エン…
[S高|株価値上注目銘柄] 地域新聞社,ケア21,価値開発,フジタコーポ,イメージ情報,ピーエイ,多摩川…
[上方修正・増配・好材料情報] エムビーエス,TOKAI,シュッピン,ディア・ライフ,FRACTAL…
[格付け・レーティング情報] パーソル,ALSOK,サントリーBF,ワールド,イグニス,ラクス,OLC,…
[上方修正・増配・好材料情報] 東海東京,ブイキューブ,杉本商,東京海上,MS&AD,SOMPO,極楽…
[格付け・レーティング情報] 東急建設,エスクリ,トリドール,東レ,ネクソン,ロックオン,M&Aキャピ,…
[S高|株価値上注目銘柄] シンクレイヤ,地域新聞社,キューブシス,環境管理,倉元,レアジョブ,自律制御…
[株式分割情報] 平山ホールディングス(7781) 1株⇒2株
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2019年発表分)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(05/24週〜08/30週) ]5月は中下旬までは下押し残…
[上方修正・増配・好材料情報] ベルグアース,コムシスホールディングス,いちご,デジタルハーツホール…
[株式分割情報] 五洋インテックス(7519) 1株⇒5株
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ソーバル,アズーム,霞ヶ関C,TSIHD,ジョルダン,パイプドHD,CANBAS,オンコリス,ローツェ,ベストワン,ティムコ,サイゼリヤ,イオンファンタジー,4℃ホールデ,ウエルシア,コジマ,パンパシHD,ベル24HD,キリン堂HD
2019年04月11日

[S高|株価値上注目銘柄] ソーバル,アズーム,霞ヶ関C,TSIHD,ジョルダン,パイプドHD,CANBAS,オンコリス,ローツェ,ベストワン,ティムコ,サイゼリヤ,イオンファンタジー,4℃ホールデ,ウエルシア,コジマ,パンパシHD,ベル24HD,キリン堂HD



※S高銘柄一覧


<2186> ソーバル    JQ       
<3496> アズーム    東証M  一時  
<3498> 霞ヶ関C    東証M      
<3608> TSIHD   東証1  一時  業績上振れと自社株買いで評価高まる
<3710> ジョルダン   JQ   一時  自動運転車関連
<3919> パイプドHD  東証1  配分  今期の大幅増益見通しがインパクトに 2.64万株買残
<4575> CANBAS  東証M      前日まで2日連続ストップ高。バイオテクノロジー関連
<4588> オンコリス   東証M  一時  前日まで2日連続ストップ高。バイオテクノロジー関連
<6323> ローツェ    東証1  配分  収益上振れ着地や今期の増配見通しを好感 2.39万株買残
<6577> ベストワン   東証M  一時  
<7501> ティムコ    JQ   配分  スノーピークと資本業務提携 0.47万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3919> パイプドHD 東証1   27.9  1377 S 今期経常は3.1倍増で3期ぶり最高益、9円増配へ
2. <3194> キリン堂HD 東証1   22.1  1888  今期経常は31%増で3期連続最高益、3円増配へ
3. <6323> ローツェ   東証1   21.8  2239 S 今期も増益基調継続で増配も評価
4. <4421> DIシステム JQ    18.5  2210 
5. <7501> ティムコ   JQ    17.7   666 S スノーピークと資本・業務提携
6. <3498> 霞ヶ関C   東証M   17.5  4705 S
7. <3710> ジョルダン  JQ    17.2  1877  自動運転車関連
8. <2186> ソーバル   JQ    17.2  1022 S 自社株取得枠の設定と増配実施を好感
9. <4575> CANBAS 東証M   17.2  1024 S CBP501の膵臓がん治療に期待
10. <3608> TSIHD  東証1   14.6   737  前期経常が上振れ着地・今期は28%増益、自社株取得も好感
11. <9318> アジア開発  東証2   14.3    8 
12. <6577> ベストワン  東証M   14.2  2859 
13. <7581> サイゼリヤ  東証1   13.8  2344  株主優待を食事券のみに変更へ
14. <8918> ランド    東証1   12.5    9 
15. <8946> エイシアンS JQ    12.5   117 
16. <5008> 東亜石    東証2   11.5  1858 
17. <8746> 第一商品   JQ    11.5   184 
18. <4588> オンコリス  東証M   10.8  3395  オンコリスバイオが中外薬に対する第三者割当増資を発表
19. <4343> イオンファン 東証1   10.0  3220  今期経常は10%増益へ
20. <6894> パルステック 東証2   9.7  3615  バイオテクノロジー関連
21. <1789> ETS・HD JQ    9.5   473 
22. <6578> エヌリンクス 東証2   8.4   670 
23. <3496> アズーム   東証M   8.2  5200 
24. <6255> エヌピーシー 東証M   8.2   317  今期経常を21%上方修正
25. <8008> 4℃ホールデ 東証1   8.1  2376  5.8%上限の自社株取得と増配を好感

ローツェ <6323>  2,239円  +400 円 (+21.8%) ストップ高   本日終値 
ストップ高。同社は半導体製造装置メーカーでウエハー・ガラス基板搬送装置を主力に手掛ける。10日取引終了後に発表した20年2月期の連結業績予想は、売上高が337億4700万円(前期比7.6%増)、営業利益は60億6700万円(同4.4%増)、最終利益は46億1500万円(同4.9%増)を見込んでいる。前2月期は売上高が大幅減収だったものの、営業利益段階で58億1200万円(同37.2%増)と大幅な伸びを示しており、今期も増益基調を継続する見通しで買い安心感を誘った。また、今期は年間配当も5円増配の30円予想で、株主還元姿勢の高さも評価されている。欧州拠点としてドイツに子会社を設立することも合わせて発表しており、これも株価を刺激した。

TSIホールディングス <3608>  737円  +94 円 (+14.6%) 一時ストップ高   
急反騰。10日大引け後に発表した19年2月期の連結経常利益は前の期比3.3%増の39.1億円と従来予想の28億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。続く20年2月期も前期比27.8%増の50億円に伸びる見通しとなったことが買い材料視された。前期は冬物衣料のセール商戦が想定を上回ったことが上振れの背景となった。今期は間接費構造の見直しによる効率化を進める一方、セールに頼らないブランディングとビジネスモデルの構築を図る。また、海外事業とM&Aにも積極的に取り組むことで事業拡大を目指す。併せて、発行済み株式数(自社株を除く)の2.1%にあたる200万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しており、株主還元の拡充を好感する買いも向かった。

サイゼリヤ <7581>  2,344円  +284 円 (+13.8%)  本日終値 
急反騰し、年初来高値を更新した。10日大引け後、株主優待制度を変更し、優待品を食事券のみに変更すると発表しており、これを好感する買いが向かったようだ。現行制度では食事券とイタリア食材セットを贈呈しているが、輸送費の高騰などを背景に食材セットを取り止め、以前から要望が多かった食事券のみに変更する。19年8月末を基準日とする新制度では、100株以上保有株主に対し、保有株数に応じて2000円〜2万円の食事券を贈呈する。同時に発表した19年8月期上期(18年9月-19年2月)の連結最終利益は前年同期比19.7%減の18.2億円だった。不採算店舗にかかる減損損失8.9億円を計上したことが響いた。併せて、通期の同利益を従来予想の59億円→46億円に下方修正したがこちらへの反応は限定的だった。

イオンファンタジー <4343>  3,220円  +294 円 (+10.1%)  本日終値 
急反騰し、年初来高値を更新した。10日大引け後に発表した19年2月期の連結経常利益は前の期比23.2%減の42.9億円に落ち込んだものの、続く20年2月期は前期比10.5%増の47.5億円に伸びる見通しとなったことが買い材料視された。今期は東南アジアと中国を中心に90店舗の新規出店を計画する。国内でオリジナル遊具やオンラインクレーンゲームの強化に注力するほか、中国では前期にアセアンで効果があった店舗活性化の成功モデルを展開し売上拡大を目指す。なお、消費税増税による影響はコスト削減で吸収する構えだ。

4℃ホールデ <8008>  2,376円  +179 円 (+8.2%)  本日終値 
続急伸し、年初来高値を更新した。10日大引け後、発行済み株式数(自社株を除く)の5.85%にあたる135万株(金額で35億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。買い付け期間は4月11日から9月30日まで。135万株のうち25万株は11日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。また、20年2月期の年間配当は前期比5円増の80円に増配する方針としており、株主還元の拡充を好感する買いが向かった。同時に発表した19年2月期の連結経常利益は前の期比10.0%減の68億円で着地。続く20年2月期も前期比20.6%減の54億円に減る見通しとなったがこちらへの反応は限定的だった。事業再編によるフジ <8278> 株式売却で持分法による投資利益がなくなることが減益の要因となる。

ウエルシア <3141>  4,090円  +250 円 (+6.5%)  本日終値
反発。10日の取引終了後に発表した20年2月期の連結業績予想で、売上高8500億円(前期比9.1%増)、営業利益330億円(同13.6%増)、純利益200億円(同14.8%増)を見込み、年間配当は前期比4円増の46円を予定していることが好感された。今期は127店舗と積極的な新規出店を行うほか、「ドラッグ&調剤」「カウンセリング営業」「深夜営業」及び「介護」を中心としたウエルシアモデルを推進し、業績拡大を狙う。また、18年12月に子会社化したMASAYAなどを通じて高価格帯化粧品市場への進出を図ることも寄与する見通しだ。なお、19年2月期連結決算は、売上高7791億4800万円(前の期比12.1%増)、営業利益290億4500万円(同0.8%増)、純利益174億2300万円(同1.5%増)だった。

コジマ <7513>  604円  +35 円 (+6.2%)  本日終値
高い。10日大引け後に発表した19年8月期上期(18年9月-19年2月)の経常利益(非連結)が前年同期比77.8%増の26.9億円に拡大し、従来予想の15.2億円を上回って着地したことが買い材料視された。ビックカメラグループの幅広い取扱い商品を強みに、スマートフォンやゲーム機の販売が好調だったほか、パソコンやエアコンといった季節商品も想定より伸びた。販管費の抑制に加え、補助金収入や店舗閉鎖損失引当金戻入額の計上も利益を押し上げた。併せて、通期の同利益を従来予想の50億円→68億円に36.0%上方修正。増益率が11.7%増→52.0%増に拡大する見通しとなった。業績好調に伴い、従来未定としていた期末一括配当を10円実施し、5期ぶりに復配する方針としたことも支援材料となった。さらに前日終値ベースの予想PERが12.0倍→7.9倍に急低下し、割安感が強まったことも買いに拍車を掛けた。

パンパシHD <7532>  7,350円  +410 円 (+5.9%)  本日終値
3日ぶりに反発。10日の取引終了後に発表した3月度の月別販売高速報で、既存店売上高が前年同月比4.1%増と2カ月連続で前年実績を上回ったことが好感された。食品や日用消耗品などの生活必需品が強い牽引力を発揮したほか、前年に比べて日曜日が1日多かったことが寄与した。また、インバウンド消費では、ASEANからの訪日客増加による寄与度が高まり、医薬品などの消耗品を主力商品として、月間免税売上高は過去最高となった。

ベル24HD <6183>  1,581円  +81 円 (+5.4%)  本日終値
大幅続伸し、年初来高値を更新した。10日大引け後に発表した19年2月期の連結税引き前利益は前の期比6.6%減の79.4億円になったものの、続く20年2月期は前期比36.6%増の108億円に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。今期は堅調なアウトソーシング需要を背景に、コールセンターを中心とするCRM事業の収益が伸びる。前期に発生した医薬事業再編に伴う損失がなくなることも大幅増益の要因となる。併せて、今期の年間配当は前期比6円増の42円に増配する方針としたことも支援材料となった。

パイプドHD <3919>  1,377円  +300 円 (+27.9%) ストップ高   本日終値 
ストップ高。10日大引け後に発表した19年2月期の連結経常利益は前の期比47.9%減の3.9億円に落ち込んだものの、続く20年2月期は前期比3.1倍の11.9億円に急拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は先行投資の収穫期として、主力の情報資産プラットフォーム「スパイラル」などの収益拡大を見込む。前期に実施した人材の積極採用を抑制するほか、新たな投資活動を控え、計画達成を目指す。併せて、今期の年間配当は前期比9円増の21円に大幅増配する方針としたことも買いに拍車を掛けた。

キリン堂HD <3194>  1,888円  +342 円 (+22.1%)  本日終値 
急騰。10日大引け後に発表した19年2月期の連結経常利益は前の期比12.6%増の29.3億円で着地。続く20年2月期も前期比31.3%増の38.5億円に拡大し、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期も引き続き既存店改装による活性化やヘルス&ビューティ部門の強化、調剤事業の拡大などに注力する。また、関西を中心に出店またはM&Aによる店舗拡大を進める。併せて、今期の年間配当は前期比3円増の38円に増配する方針としたことも支援材料となった。

ティムコ <7501>  666円  +100 円 (+17.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。10日の取引終了後、スノーピーク<7816>と資本・業務提携すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。11日付でスノーピークがティムコ株34万株(発行済み株数の13.73%)を取得し、筆頭株主になる予定という。両社の持つ「フィッシング」と「キャンピング」という専門分野で、それぞれの製品開発力、販売力、ブランド力を融合することにより、今後のアウトドアシーンに影響力を持ち、相乗効果を生み出すのが狙いで、両社各店舗における相互商品販売や新たな製品開発などで協業するとしている。

ソーバル <2186>  1,022円  +150 円 (+17.2%) ストップ高   本日終値
急騰。10日の取引終了後、自社株取得枠の設定と増配を発表したことを好感する買いが流入した。30万株(発行済み株式数の3.67%)、4億5000万円を上限としており、取得期間は4月11日〜10月10日まで。同時に20年2月期の連結業績予想を発表。売上高は81億9600万円(前期比0.1%増)、営業利益は6億3000万円(同1.4%増)、最終利益は4億6000万円(同10.1%増)を見込む。配当は前期比3円増の30円を予定している。19年2月期の配当も従来予想の26円から27円に増額している。






更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:19 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。