◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] ウェルネット,まんだらけ,東レ,三菱総合研究所,オプティム,アドソル日…
[格付け・レーティング情報] NIPPO,前田道路,デンカ,ラクオリア,ソニー
[上方修正・増配・好材料情報] 東京製鐵,クボタ,日産化学,明星電,総合メデHD,細火工,ファルコHD,…
[格付け・レーティング情報] 日電産,TDK,ローム,太陽誘電,村田製,東エレク,七十七,山口FG
[S高|株価値上注目銘柄] ETFSガソ,ソケッツ,ナガオカ,みらいWKS,タツミ,よみうりランド,かん…
[上方修正・増配・好材料情報] サンテック,学情,ドーン,三光マーケティングフーズ,AMBITION,…
[格付け・レーティング情報] いちご,フジメディア,RPA,日本電産,TDK,ローム,伊藤忠商事,丸紅,…
[上方修正・増配・好材料情報] 川岸工,小池工,マネパG,洋シヤタ,北海電工,ハーバー研,クレスコ,エン…
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,JSR,イリソ電子,レーザーテク,日セラ,新光電工,太陽誘…
[S高|株価値上注目銘柄] ルーデン,神田通機,ソケッツ,はてな,タカギセイコ,Jストリーム,アップバン…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(04/26週〜08/02週) ]4月下旬にかけて強含むか 5…
[上方修正・増配・好材料情報] 国際石油開発帝石,ジーエヌアイグループ,エスプール,ヨシムラフードス…
[格付け・レーティング情報] 国際帝石,ウエルシア,大陽日酸,ベル24,日本セラミック,イリソ電子,レー…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(04/19週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2019/04/19週 +105,447円】NYDow 反発 小売売上高好調で安心感 …
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(04/19週終値)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(04/19終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] ディップ,Genky,千趣会,岩井コスモ,パスコ,大和ハウス,神田通機,ゼン…
[格付け・レーティング情報] コムシスHD,協エクシオ,コシダカHD,ピックルス,GLP,電気興,かん…
[S高|株価値上注目銘柄] アクロディア,はてな,Jストリーム,ビーマップ,カオナビ,仁丹,環境管理,み…
Top◆日経平均長期予想結果 >【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2019/02/08週 ▲73,006円】NYDow 続伸 米中貿易協議進展期待後退も企業決算下支え N225 反落 世界景気後退懸念が下押し VIX指数は15.72まで低下 NYダウ日経平均長期予想3ヶ月先行シグナルチャート
2019年02月09日

【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2019/02/08週 ▲73,006円】NYDow 続伸 米中貿易協議進展期待後退も企業決算下支え N225 反落 世界景気後退懸念が下押し VIX指数は15.72まで低下 NYダウ日経平均長期予想3ヶ月先行シグナルチャート



VIX指数が週を通して25を下回っており、先行指数による予想が復活中。

02/08週の日経平均・NYダウ長期予想は、長期売り、中期売り、短期売り・弱買い。NYダウは、+43ドル:+0.17%。日経平均は、▲455円:▲2.09%。NYダウは、7週連続高で25,000ドル台を維持。N225は、5週ぶりに反落し、1月上旬頃の株価まで後退となりました。

順調に協議が進展しているかのようみ見えた米中貿易協議は、トランプ大統領が期限である3月1日までに米中首脳会談は開催されないと明言したことで知的財産権の問題で両国の間に依然隔たりがあることが判明。期限までの決着期待が後退し市場センチメントの悪化を招きました。ただ、米企業決算は概ね好調を維持していることが株価の下支えとなり上値が重いものの大崩することはありませんでした。

米国債10年債金利は、2.63%台まで低下。米国債2年債金利は、2.46%まで低下。長短金利差は、0.17%と先週より縮小しました。

原油は、52ドル後半まで下落しました。

注目のVIX指数ですが、02/08週は週を通して25超が出現せずに、02/07に17.89まで上昇したのが週間最大値でした。週末終値は、15.72まで低下しました。大暴落の条件である終値で8週連続25超の回避は継続中です。危険なゾーンからは遠ざかりつつあるようです。

予想の結果ですが、「上押し圧力が、戻るか」でしたが、NYダウはともかくN225では外れでした。
循環的アノマリーは、ほぼ予想どおりの展開でした。

3ヶ月先行指数(2018/12/10週〜2019/02/08週)一覧表

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。
furi-coment-225-20190208.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

日経平均株価(N225)と前1年の3ヶ月先行指数(2018/02/09〜2019/02/08)
furi-225-year-20190208.png

NYダウ(DJI)と前1年の3ヶ月先行指数(2018/02/09〜2019/02/08)
furi-ny-year-20190208.png

3ヶ月先行指数による予想ポイントと株式相場結果

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、02/08週は、上昇へ。
長期スケールは、02/08週は、上昇へ。

短期スケール>長期スケールとなるゴールデンクロスが、02/08週も継続。

短期スケールでは、「05/17週の値<02/08週の値」が出現。
長期スケールでは、「05/17週の値<02/08週の値」が出現。
02/08週は、長期的な先高感は、失われているか。

02/08週において、長期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、02/08週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

02/08週において、中期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、02/08週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
成長Diffは、02/08週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

スケールDiff>成長Diff スDiffがプラス値となるゴールデンクロスが02/08週も継続。

02/08週は、短期的には、売り優先だが弱買いもありか。

VIX指数が25以下であれば、底堅い推移が見込まれるが、利益確定売りを優先するべきか。


<経緯財指標等の状況>
11月 製造業新規受注 [前月比] は、▲0.6%。↓
1月 ISM非製造業景況指数(総合) は、56.7。↓
前週分 新規失業保険申請件数 は、23.4万人。↓

<実相場の状況>
NYダウは、続伸。週末には、25,100ドル台へ。
SP500は、続伸。週末には、2707台へ。
ナスダックは、続伸。週末には、7290台へ。
原油は、反落。週末には、52ドル後半へ。

N225は、反落。週末には、20,330円台へ。

VIX指数は、週を通して25超が出現せず。週末終値は15.72まで低下。

米国市場心理は、落ち着きを取り戻しつつあるか。

<VIX指数25以下:長期順張りシステム>
利益確定売りを続行。少しだけ打診買いも継続。

今週の資産増減:前週末比 ▲73,006円

3ヶ月景気先行指数による運用開始後の全資産増減(現物取引のみ)
+27,107,866円
平均投資金額(種銭):8,556,545円

日経平均株価(N225)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2018/11/09〜2019/02/08)
furi-225-rousoku20190208.png

NYダウ(DJI)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2018/11/09〜2019/02/08)
furi-ny-rousoku20190208.png

11/16週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が勝るか。

NYダウは、反落。25,410ドル台へ。一時24,780ドル台まで下落する場面も。
N225は、反落。週末には、21,680円台へ。

11/23週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
上押し圧力が期待できるか。

NYダウは、続落。週末には、24,280ドル台へ。4日続落となり下落幅は、1127ドルへ。
N225は、続落。週末には、21,640円台へ。

11/30週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
上押し圧力と下押し圧力が、入り交じるか。

NYダウは、反発。週末には、25,530ドル台へ。早期利上げ打ち止め観測から、上げ幅は1,253ドルへ。
N225は、反発。週末には、22,350円台へ。

12/07週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
下押し圧力が、かかるか。

NYダウは、反落。週末には、24,380ドル台へ。米中貿易協議期待後退。米長期金利急低下し長短金利差が急速に縮小。
N225は、反落。週末には、21,670円台へ。

12/14週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
上押し圧力と下押し圧力が、入り交じるか。

NYダウは、続落。週末には、24,100ドル台へ。世界景気減速懸念が再燃。
N225は、続落。週末には、21,370円台へ。

12/21週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
上押し圧力と下押し圧力が、入り交じるか。

NYダウは、続落。週末には、22,440ドル台へ。FRBが市場対話に失敗。1600ドル以上下落。
N225は、続落。週末には、20,160円台へ。米株安を受けて、1200円下落。

12/28週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が拡大。
下押し圧力が、やや勝るか。

NYダウは、反発。週末には、23,060ドル台へ。年末商戦好調報道。
N225は、続落。週末には、20,010円台へ。かろうじて20,000円を維持。

01/04週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
下押し圧力が、やや勝るか。

NYダウは、続伸。週末には、23,430ドル台へ。雇用統計好調、FRB議長利上げペース柔軟性示唆。
N225は、続落。週末には、19,560円台へ。世界景気減速懸念継続。

01/11週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
上押し圧力が、かかりはじめるか。

NYダウは、続伸。週末には、23,390ドル台へ。米中貿易協議進展期待。
N225は、反発。週末には、20,350円台へ。米国株高が支え。

01/18週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。 長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値が出現。
上押し圧力が、かかりはじめるか。

NYダウは、続伸。週末には、24,700ドル台へ。米中貿易協議進展期待継続。
N225は、続伸。週末には、20,660円台へ。円安傾向米国株高が支え。

01/25週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が出現。
上押し圧力が、かかりはじめるか。

NYダウは、続伸。週末には、24,730ドル台へ。米企業好決算が支え。
N225は、続伸。週末には、20,770円台へ。米株堅調が支え。

02/01週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
上押し圧力が、やや鈍るか。

NYダウは、続伸。週末には、25,060ドル台へ。追加利上げ停止示唆を好感。
N225は、続伸。週末には、20,780円台へ。やや円高も米株堅調が支え。

02/08週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値が継続。
上押し圧力が、戻るか。

NYダウは、続伸。週末には、25,100ドル台へ。米中貿易協議期待後退も企業決算好調。
N225は、続伸。週末には、20,330円台へ。世界景気後退懸念が下押し。

循環的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値とNYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、11/09週〜11/16週は、やや有意性があるか。11/23週〜11/30週は、やや有意性が無いか。12/07週〜12/14週は、有意性があるか。12/21週〜01/04週は、有意性が無いか。01/11週〜01/25週は、有意性があるか。02/01週は、やや微妙か。02/08週は有意性があるか。

NYダウでは、11/09週〜11/16週は、やや有意性があるか。11/23週〜11/30週は、やや有意性が無いか。12/07週〜12/14週は、有意性があるか。12/21週〜01/04週は、有意性が無いか。01/11週〜01/25週は、有意性があるか。02/01週は、やや微妙か。02/08週は有意性があるか。





投資の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。ご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:47 | Comment(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。