◆新着記事一覧◆
明日急騰!? 株式分割情報 プロパティエージェント 1株⇒2株
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 HOYA、トクヤマ、関西ペイント、不二越、能美防災、光通信
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 ダイフク、パナソニック、ソニー、日立マクセル、HOYA、…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 新生銀行、あおぞら銀行、タツタ電線、日本リテールファンド…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2017年発表分)
【株で勝つ!! 先行予想:2017/6/30週〜10/6週】 短期的には弱買いも売り優先 中期的には7月中旬まで底…
【株で勝つ!! 先行予想結果:(的中):2017/6/23週:+154,081円】NYDow ほぼ横ばい N225 反発 2万円台…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 EMシステムズ、ファンコミュニケーションズ、東ソー、三井…
明日急騰!? 市場変更株情報 東芝 東証2部 上場廃止の猶予期間入り
明日急騰!? 上方修正・増配・好材料情報 スター・マイカ、サカイオーベックス、FJネクスト、MAR…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 東海カーボン、アコム、テルモ、ニッタ、ソニー、市光工業、…
明日急騰!? 上方修正・増配・好材料情報 佐鳥電機、ツガミ、サンテック
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 積水ハウス、江崎グリコ、野村不動産ホールディングス、ツル…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 クレハ、塩野義製薬、朝日インテック、TIS、日本電気硝子…
明日急騰!? 上方修正・増配・好材料情報 ツルハホールディングス、シーシーエス、オプテックスグルー…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 ブリヂストン、日本ガイシ、日本特殊陶業、リクルートホール…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 アスクル、日揮、新日鐵住金、JFE、堀場製作所、大成建設…
明日急騰!? 市場変更株情報 グッドコムアセット 東証2部
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 野村総合研究所、田辺三菱製薬、楽天、エン・ジャパン、日本…
明日急騰!? 格付け・レーティング株情報 エイチーム、清水建設、鹿島、テンプホールディングス、キリ…
Top◆最新の予想見通し >【株先行指標:2016/4/15週〜7/22週】 5月上旬まで戻り期待 6月〜7月中旬弱含み 7月末反転攻勢へ 日経平均株価(NYDow)長期株予想
2016年04月10日

【株先行指標:2016/4/15週〜7/22週】 5月上旬まで戻り期待 6月〜7月中旬弱含み 7月末反転攻勢へ 日経平均株価(NYDow)長期株予想



3ヶ月先行予測指数(2016/4/8週〜2016/7/22週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20160722.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2015/7/24〜2016/7/22)

saishin-225-year20160722.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2015/7/24〜2016/7/22)
saishin-ny-year20160722.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2017)

1989-2017-ny-suke20160327.png


3ヶ月景気先行指数の先読みポイント


<長期スケールの頂点>
2014/11/7週(135.54) > 2015/11/6週(133.78) > 2016/5/6週(130.95) 
2009年以降、継続していた頂点の右肩上がり傾向が消滅しつつあるか。

<長期スケール上昇期間>
2014/11/7週:107週間継続 > 2015/11/6週:16週間継続 > 2016/5/6週:7週間継続
相場から上昇を継続し維持する力が無くなりつつあるか。

<長期スケールの底点>
2015/7/17週(130.76) > 2016/3/18週(129.98) > 2016/7/15週(129.44)
2009年以降、継続していた底点の右肩上がり傾向が消滅しつつあるか。
2016年3月での底打ちならず。7月中旬に再び底打ちが出現。

2016年3月中旬から下げ止りの兆候が出現。
一方的な大幅減速(大下落相場)入りは回避し、一旦は底打ちするも、5月に入ると失速。
6月から7月にかけても、ジリジリとした下落傾向が続き、
7/15週には、直近最低値を再び更新したものの、底打ちへ。
今度こそ、本格的な反転上昇の切っ掛けとなるか。

リーマンショック時は、87週間で長期スケールは、36.51下落。傾きは、▲0.419。
2016/3/18週時点では、71週間で長期スケールは、5.56下落。傾きは、▲0.078。
2016/7/15週時点では、88週間で長期スケールは、6.10下落。傾きは、▲0.069。

先行指数上における下落の傾きの大きさは、景気(相場)の下落スピードと下落幅に比例。
2015/3/6週〜5/22週に天井を打ったNYダウが下落傾向にあるとはいえ、
比較的値持ちが良いことの説明がつくか。

リーマンショック時よりは、強めの数値を維持しながらも、ジリジリとした下落が継続中だったが、
7月中旬に底打ちが出現。長期的な景気減速(下落相場)入りを回避できる可能性が浮上しつつあるか。

4月上旬に発表された中国PMIを元に長期スケールChainaを再計算したところ、6月中旬までは、ほぼ横ばいから微減ながらも、7月中旬にかけては上昇に転じる。中国景気は、今夏も回復が継続する可能性が高まってきたか。

このことは、米国よりも中国経済指標をみながら金融政策を決定しているFRBが今夏以降利上げを実施せざるを得なくなることを示唆しているか。

3月末から急激な円高が進行中。
ただ、米国経済指標も中国経済指標も、どちらかと言えば強い数値が続いており、
世界景気悪化による円高ではなく、FRB議長の超ハト派発言を切っ掛けとしたセンチメント主導によるものか。今夏にかけて、徐々にファンダメンタル主導の為替相場に戻ることが期待できるか。


VIX指数は、4/8週も25超が出現せず。
これで、8週連続で25超が出現せず。
28日連続で20以下へ。

このまま、VIX指数が落ち着けば、5月までの上昇傾向維持が期待できるか。


7月上中旬に、短期スケール・長期スケールが直近最低値を更新したものの、
長期トレンド指数は、微減から上昇傾向へ。
3/4週の値(▲9.81)を底打ちとした上昇傾向が出現しつつあると見なせるか。

3ヶ月先行指数における上昇相場が出現するサインとしては、
長期トレンド指数が底入れした後に、長期スケールが上昇に転じる場合があり、
今回も長期間に及ぶ上昇相場の起点となる可能性を示めすものか。

よって、6月〜7月中旬は、ジリジリとした下落が想定されるものの、
相場環境次第では、横ばい或いは微増もあり得るか。

長期スケール・短期スケールともに、「7/22週の値<4/15週の値」が出現。
4/15週においては、先高感は消滅しているか。


VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週のまとめ

短中期的な買いポジション構築は継続中。
ただし、先高感が消滅中。押し目買いに徹する必要があるか。

運用資金とポートフォリオに余裕があれば、長期的な買いポジション構築もありか。
ただし、7月中旬までは、押し目買いを中心に据える必要があるか。

再びVIX指数が25超となった場合は、すみやかに撤退する必要があるものの、
25超となった場合でも、30以下であれば、底値を拾う逆張りもありか。

N225(日経平均株価) 先行指数と周期的アノマリー(2016/4/8週〜2016/7/22週)

saishin-225-roano20160722.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と周期的アノマリー(2016/4/8週〜2016/7/22週)

saishin-ny-roano20160722.png

4/15週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。
上押し圧力がかかるものの、やや勢いが落ちてくるか。

4/22週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
上押し圧力が期待出来るものの、勢いが落ちてくるか。

4/29週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
上押し圧力の勢いが、さらに落ちてくるか。

5/6週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。
上押し圧力は、まだ残るか。

5/13週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏へ。
下押し圧力がかかるか。

5/20週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス圏へ。成Diffは、下落へ。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が続くか。

5/27週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、僅かに上昇もマイナス圏のまま。成Diffは、下落へ。マイナス圏へ。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏が出現。
下押し圧力が続くも、僅かに上押し圧力もあるか。

6/3週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇もマイナス圏のまま。成Diffは、下落へ。マイナス圏が続く。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
僅かに上押し圧力があるものの、下押し圧力が勝るか。

6/10週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、かかるか。

6/17週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、横ばい。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、勝るか。

6/17週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、横ばい。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、勝るか。

6/24週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、横ばい。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、勝るか。

7/1週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、横ばい。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナスが出現。
下押し圧力が、勝るか。

7/8週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏が出現。
下押し圧力が、まだ残るか。

7/15週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、上昇へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
上押し圧力が、かかり始めるか。

7/22週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏が出現。成Diffは、上昇へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス圏が出現。
上押し圧力が、期待できるか。

周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、4/15週、5/20週 には注意が必要か。

NYダウでは、4/15週、5/6週〜5/20週に注意が必要か。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ◆最新の予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく参考になるのですが
グラフの読み方がいまいち分かりづらいです
長期は紫でいいのかな?
無料ブログなので、そこまで配慮する必要はないかもですが
Posted by at 2016年04月12日 22:29

コメントありがとうございます。

紫のラインは「長期トレンド指数」です。
これは、長期的な相場のトレンド方向を予測しています。
実際の相場に先駆けて動く特徴があります。

長期トレンド指数において、
下値を切り上げる動き ⇒ 上昇相場
下値を切り下げる動き ⇒ 下落相場  を示唆します。

2016/3/4週に、長期トレンド指数は底打ちしていますので、
今後は上昇相場入りが期待されることなります。

またご質問があればどうぞ(^^/~
Posted by lucky cat at 2016年04月13日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436476432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック