◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] ライフル,博報堂,日清食品,関東電化,協和キリン,三井化学,ZHLD,タム…
[上方修正・増配・好材料情報] TOKAI,ディア・ライフ,デファクトスタンダード,enish,イル…
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,サントリBF,ニチレイ,日清食HD,トクヤマ,デンカ,日本…
[S高|株価値上注目銘柄] チタン,NCHD,エフティグループ,メニコン,中部飼料,セルシード,応用技術…
[株式分割情報] gooddaysホールディングス (4437) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] コムシス,サントリーBF,ニチレイ,トクヤマ,デンカ,日本新薬,リゾート…
[上方修正・増配・好材料情報] キューブシステム,プラップジャパン,WDBホールディングス,双日,日…
[上方修正・増配・好材料情報] カカクコム,中部飼料,エフティ,マルカ,ケア21,トビラシステ
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,協エクシオ,東洋水,東洋紡,TIS,アイカ,関西ペ,TOYO…
[S高|株価値上注目銘柄] 木村化,リファインV,あすか製薬,大日本住友製薬,TOKYOBASE,テラ…
[株式分割情報] テンポイノベーション (3484) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 国際帝石,協和エクシオ,エムスリー,東洋水産,東洋紡,日本ゼオン,TOY…
[上方修正・増配・好材料情報] YKT,キャンドゥ,キャンドゥ,大阪油化工業,バルテス,あすか製薬,カ…
[上方修正・増配・好材料情報] ストライダズ,ローム,KIMOTO,MS&AD,エーアイテイ,東京海上
[格付け・レーティング情報] 日清食HD,東急不HD,T−BASE,JSR,ペプドリ,ブリヂストン,共…
[S高|株価値上注目銘柄] YSフード,阿波製紙,Tワークス,カオナビ,田辺三菱,木村化,沢藤電,栄電子,…
[市場変更情報] 明豊ファシリティワークス(1717) 東証2部⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] 日清食品,東急不動産,JSR,ペプチD,共英製鋼,住友金属鉱山,日機装,ル…
[上方修正・増配・好材料情報] 極楽湯,メディネット,ヒビノ,エスプール,フージャース,日本調剤,IG…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,FPG,ランビジネス,グローバル社,いであ,森トラストR
Top◆日経平均長期予想結果 >NYDowは大幅反落 N225は小幅反落 日経平均株価(NYDow)長期予想結果 3ヶ月先行指数【2015/7/24週】 米経済指標は堅調も4-6期企業決算に失望売り強まる VIX指数は13台後半まで上昇
2015年07月25日

NYDowは大幅反落 N225は小幅反落 日経平均株価(NYDow)長期予想結果 3ヶ月先行指数【2015/7/24週】 米経済指標は堅調も4-6期企業決算に失望売り強まる VIX指数は13台後半まで上昇



■3ヶ月先行指数(2015/5/22週〜2015/7/24週)一覧表

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。
furi-coment-225-201507024.png


■7/24週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
長期的には、夏以降の米国景気回復を期待しての買い局面。
短期的には、上押し圧力が期待できるか。

■日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
7/20(月)・・・休場
7/21(火)・・・+53 , +53
7/22(水)・・・+23 , −3
7/23(木)・・・+22 , −3
7/24(金)・・・+18 , −15

積分系は、好調期でるものの、下落傾向か。
微分系は、好調期から軟調期を経て不調期へ。下落傾向か。

先行指数では、長期的には、夏以降の上昇を期待しての買い圏内へ。
短期的には、上押し圧力が期待できるか。
周期的アノマリーは、基調は維持しているものの、勢いを失っていくか。との予測。


■周期的アノマリーと日経平均株価結果(2015/7/10〜2015/7/24)

furi-2week-225-ano20150724.png


日経平均株価は、連休明けの21日は、ギリシャ問題や中国市場への懸念がひとまず後退したことや国内企業決算への期待から約1ヶ月ぶりに20,800円台を回復。その後は、米国相場が弱含んだことや直近の安値から1,700円以上上昇していたこともあり、利益確定うりが優勢に。週末終値は、20,540円台に。先週終値を下回って終了。過去直近2週間は、周期的アノマリーとのシンクロ率が高かったか。


NYダウは、20日まではギリシャ問題や中国市場への懸念がひとまず後退したことにより、18,000ドル台を維持。その後は、景気先行指数や中古住宅販売、新規失業保険申請件数等の経済指標は、概ね堅調だったのものの、IBM、アップル、マイクロソフト、キャタピラー等米国企業の4-6月期の企業決算が予想に届かなかったり、今後の業績見通しに慎重姿勢だったことが嫌気されたことや、中国の製造業PMIが弱含んだことなど海外下押し要因も重なり、21日から4日続落が出現。週末終値は、17,560ドル台まで下落。先週終値を下回って終了。

VIX指数は、15以下の平穏モードを維持するも、週末には13台後半まで上昇。

NYダウにおいても、過去直近2週間は、周期的アノマリーとのシンクロ率が高かったか。


■日経平均株価(N225)日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2015/4/24〜2015/7/24)

furi-225-rousoku20150724.png


■NYダウ(DJI)日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2015/4/24〜2015/7/24)

furi-ny-rousoku20150724.png


5/1週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。
これらは、下押し圧力がかかることを示唆。
実相場は、大幅下落が出現したか。

5/8週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。
これらは、下押し圧力がかかることを示唆。
実相場は、下落が続いたか。

5/15週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。
これらは、下押し圧力が残ること示唆。
実相場は、上値が重いものの、反発したか。

5/22週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。
これらは、下押し圧力が残ること示唆。
実相場は、続伸したか。

5/29週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、上昇へ。成Diffは、僅かに上昇へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、上押し圧力がかかることを示唆。
実相場は、さらに続伸したか。

6/5週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、上昇へ。成Diffは、上昇へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、上押し圧力を示唆。
実相場は、小幅に下落したか。

6/12週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」は継続。「成Diff<0」は継続。
スDiffは、僅かに上昇へ。成Diffは、上昇へ。
「成長指数」は、下落が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、まだ上押し圧力が残ることを示唆。
実相場は、一旦大幅に下落するも戻りもあり、小幅に下落したか。

6/19週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。成Diffは、上昇へ。
「成長指数」は、ほぼ横ばい。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、上押し圧力がかかることを示唆。
実相場は、ズルズルと下落傾向にあったか。

6/26週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」は継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、ほぼ横ばい。
「成長指数」は、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、やや下押しがかかることを示唆。
米国相場は、小幅に反落。
N225は、大幅反発し約18年半ぶりの高値も。

7/3週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、下押しがかかることを示唆。
米国相場は、続落へ。
N225は、反落へ。

7/10週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。成Diffは、僅かに下落へ。
「成長指数」は、下落へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。
これらは、下押し圧力が残るものの、僅かに上押し圧力もかかり始めることを示唆。
米国相場は、小幅に反発へ。
N225は、大幅に続落へ。

7/17週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。成Diffは、下落へ。
「成長指数」は、下落へ。
長期トレンド指数は、僅かに下落へ。
これらは、下押し圧力が残るものの、上押し圧力もかかり始めることを示唆。
米国相場は、続伸へ。
N225は、大幅反発へ。

7/24週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏に復帰。成Diffは、上昇へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。
上押し圧力が期待できるか。
これらは、上押し圧力がかかり始めることを示唆。
米国相場は、大幅反落へ
N225は、小幅反落へ。




周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、4月下旬から5月初旬でのボトムアウトは概ね一致したか。
7月中旬までの周期的アノマリーと実相場の動きはシンクロ率が高いか。

NYダウでは、5月上旬でのピークアウトと5月下旬でのボトムアウトと6月中旬でのピークアウトは概ね一致したか。
7月中旬までの周期的アノマリーと実相場の動きはシンクロ率が高いか。


■日経平均株価(N225)と前1年の3ヶ月先行指数(2014/7/25〜2015/7/24)

furi-225-year-20150724.png


■NYダウ(DJI)と前1年の先行指数(2014/7/25〜2015/7/24)

furi-ny-year-20150724.png



先行指数と実相場の動きは、それなりに一致率が高いか。
特に、長期スケールAと長期トレンド指数及びスDiff(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
スケールが右肩上がりの時は、実相場は崩れにくく、強さを保つか。

スケール、成長指数が共に、右肩上がりで、
スDiff、成Diffが共に、右肩上がりに転じた時は、
上昇が予測され、実相場も上昇傾向を保ったか。(2014/8月まで)
スケール、長期トレンド指数も上昇傾向へ。相場を下支えしているか。

スケールの右肩上がりの勢いが落ちて、成長指数は、僅かに右肩下がりへ
スDiff、成Diffが共に、右肩下がりに転じた時は、
上昇の一服から踊り場入りが予測されたものの、
実相場は、大幅に下落したか。(2014/9月下旬〜)

スケールは勢いが落ちたものの右肩上がり、成長指数は、僅かに右肩下がりへ
スDiff、成Diffが共に、横ばいから僅かに右肩上がりに転じた時は、
下落からの反発傾向が予測され、
実相場は、下落から反発へと転じたか。(2014/10月中旬〜)

スケールが右肩下がり、成長指数も右肩さがりへ
スDiff、成Diffが共に、に右肩下がりに転じた時は、
調整局面入りが予想され、
実相場は、上昇から下落へと転じたか。(2014/12月初中旬〜)

スケールが右肩下がり、成長指数も右肩さがりへ
長期トレンド指数も右肩下がりにあっても、
スDiff、成Diffが共に、に右肩上がりに転じた時は、
調整局面にあっても、値を保つことが予想され、
実相場は、下落基調であっても値を維持したか。(2014/1月初中旬〜)

スケールが右肩下がり、成長指数も右肩さがりへ
長期トレンド指数も右肩下がりにあっても、
スDiff、成Diffが共に、に右肩下がりに転じた時は、
調整局面が予想されたものの、
実相場は、上放れしたか。

3月上旬にスケールと長期トレンド指数が急角度で下落したものの、
実相場は、ややもたついて踊り場となった程度か。(2014/2月初中旬〜)
3月下旬からは、下落傾向となりつつあるか。

4月上旬には、スケールの下落角度が緩やかになり、長期トレンド指数は反転上昇へ。
実相場は、上昇傾向となったか。
4月中旬には、スケールの下落角度がやや急角度になり、長期トレンド指数は再び下落へ。
実相場も、4月下旬から5月初旬にかけて、弱含んでいるか。

5月中旬には、スケールと長期トレンド指数が底値近辺に。
実相場は、6月中旬に戻り高値をつけたか。

7月初旬には、スケールが完全に上放れせず再び下落傾向へ。
実相場は、ギリシャ支援協議難航と中国相場暴落の影響もあり、安値圏が出現しているか。

7月中旬には、スケールが再び底打ちへ。
実相場は、ギリシャ問題と中国相場の落ち着きもあり、反発傾向か。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック