◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] トランスジェニック,神戸物産,東洋紡,小松マテーレ,電算システム,メデ…
[格付け・レーティング情報] アダストリア,シップヘルス,TIS,KDDI,クレハ,第一三共,CKD,三…
[上方修正・増配・好材料情報] ダイセキS,日本ライフL
[格付け・レーティング情報] システナ,AGC,リクルート,SMC,ダイキン,アイシン,ジャパンRE,日…
[S高|株価値上注目銘柄] イメージ情報,イーソル,アサカ理研,アジャイル,多摩川HD,さいか屋,アイド…
[上方修正・増配・好材料情報] オイシックス,サムティ,アクロディア,アステリア,PRTIMES,バリ…
[格付け・レーティング情報] 日本M&A,TIS,協和キリン,オービック,リクルート,SMC,ダイキン,…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,フェイス,双葉電,日賃貸,ラサールロジ,RISE
[格付け・レーティング情報] パーソルHD,ALSOK,サントリBF,ワールド,ラクス,大幸薬品,エン…
[S高|株価値上注目銘柄] 地域新聞社,ケア21,価値開発,フジタコーポ,イメージ情報,ピーエイ,多摩川…
[上方修正・増配・好材料情報] エムビーエス,TOKAI,シュッピン,ディア・ライフ,FRACTAL…
[格付け・レーティング情報] パーソル,ALSOK,サントリーBF,ワールド,イグニス,ラクス,OLC,…
[上方修正・増配・好材料情報] 東海東京,ブイキューブ,杉本商,東京海上,MS&AD,SOMPO,極楽…
[格付け・レーティング情報] 東急建設,エスクリ,トリドール,東レ,ネクソン,ロックオン,M&Aキャピ,…
[S高|株価値上注目銘柄] シンクレイヤ,地域新聞社,キューブシス,環境管理,倉元,レアジョブ,自律制御…
[株式分割情報] 平山ホールディングス(7781) 1株⇒2株
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2019年発表分)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(05/24週〜08/30週) ]5月は中下旬までは下押し残…
[上方修正・増配・好材料情報] ベルグアース,コムシスホールディングス,いちご,デジタルハーツホール…
[株式分割情報] 五洋インテックス(7519) 1株⇒5株
Top◆IPO(新規公開株) 失敗の本質 >IPO失敗の本質 第3回 ウィルグループ(6089) 2013/12/19上場 −4.2%の負け
2014年04月29日

IPO失敗の本質 第3回 ウィルグループ(6089) 2013/12/19上場 −4.2%の負け



IPO(新規公開株)で、公開価格割れを起こす銘柄を見極る方法を探るために、過去のIPO失敗事例を振り返ることに。
そして、ベイズの定理推定(条件付確率)を用いたIPO(新規公開株)の失敗確率(アノマリー)の算出を目指すために。

ウィルグループ(6089) 単元株数:100株 東証2部 サービス業

人材派遣、業務請負、人材紹介を主とする人材ビジネス会社。スマーフォン等を中心に家電量販店の販売スタッフ派遣、通信会社向けを中心としたコールセンター業務、食品製造業への派遣・製造請負が主要業務。通常の派遣のほか、常駐正社員と派遣スタッフの双方を派遣し、就業管理や現場管理のサポートも行う「ハイブリッド派遣」を強化中。1997年に前身のテレマーケティング会社が設立、2006年に持株会社化。

2013/12/19上場 公開価格 2,870円 に対して、初値 2,750円 −4.2%の公開価格割れが発生。
2013年の新規上場53社目にして、初の公開価格割れ。2012年から続く連勝記録は55社ぶりにストップ。


ブックビルディング時に判明していた オファリングレシオ と アノマリーは次のとおり。
オファリングレシオ:(公募株+売出株)/ 本件公募含む発行済株式総数)20%±5%が適正レンジか。以降、ORと表記。

ウィルグループ(6089)のオファリングレシオ(OA含む)は、36.7%。

30%以上は、高い数値。市場での需給が緩み、消化が悪い可能性が大きいか。

willg6089-ano.png

2013/12/18〜19の2日間で計8社が上場する過密スケジュール。
この8社をORの小さい順に並べ替えると

12/19 足利HD(7167):東証1部:OR19.5% 公:420円 初:451円 +7.4%の勝ち
12/18 アーキテクツSJ(6085):マザーズ:OR23.6% 公:2,050円 初:4,600円 +124.4%の勝ち
12/19 シンプロメンテ(6086):マザーズ:OR25.1% 公:950円 初:2,235円 +135.3%の勝ち
12/19 ダイキアクシス(4245):東証2部:OR26.9% 公:1,300円 初:1,350円 +3.9%の勝ち
12/18 イーグランド(3294):東証JQS:OR27.4% 公:3,300円 初:4,200円 +27.3%の勝ち
12/18 アビスト(6087):東証JQS:OR30.3% 公:3,450円 初:3,450円 +0.0%の勝ち
12/19 ウィルグループ(6089):東証2部:OR36.7% 公:2,870円 初:2,750円 −4.2%の負け
12/18 シグマクシス:マザーズ(4245):OR38.8% 公:3,010円 初:3,020円 +0.3%の勝ち

負けはしなかったものの、アビスト(6087)とシグマクシス(4245)も僅差の勝ちにとどまる。
ORが30%を超えると一気に形勢が不利になるのが判るか。

しかも、ウィルグループ(6089)は、東証2部。最も不利であったか。
ちなみに、2013年に東証2部に上場した6社のうちで、最もORが高かったのもウィルグループ(6089)。


ベイズ推定(条件付き確率)を用いた公開価格割れの発生確率は次のとおり。

※OR35%以上40%以下での公開価格割れの発生確率は、
2010年以降 ⇒ 32.7%
2001年以降 ⇒ 28.3%

公開価格割れの発生確率は、単純平均の 約1.56倍〜1.83倍。やや高いか。

※東証2部での公開価格割れの発生確率は、
2010年以降 ⇒ 34.2%
2001年以降 ⇒ 25.6%

公開価格割れの発生確率は、単純平均の 約1.6倍。やや高いか。

上記2つの条件を組み合わせた
※OR35%〜40%+東証2部での公開価格割れの発生確率は、
2010年以降 ⇒ 48.9%
2001年以降 ⇒ 42.6%

公開価格割れの発生確率は、単純平均の 約2.34倍〜約2.77倍。

よって、ウィルグループ(6089)の公開価格割れの可能性は、 高い と判定できたか。

今回のまとめは、次のとおり。
2013年のIPO(新規公開株)で唯一の公開価格割れに見舞われたウィルグループ(6089)。
公開価格割れを起こした理由として「業務内容(人材派遣)が新鮮味に欠ける」とされたが、
オファリングレシオと東証2部案件であったことからも、確率的に説明がつくか。

オファリングレシオ35%〜40%+東証2部は、悪条件か。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆IPO(新規公開株) 失敗の本質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック