◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] トランスジェニック,神戸物産,東洋紡,小松マテーレ,電算システム,メデ…
[格付け・レーティング情報] アダストリア,シップヘルス,TIS,KDDI,クレハ,第一三共,CKD,三…
[上方修正・増配・好材料情報] ダイセキS,日本ライフL
[格付け・レーティング情報] システナ,AGC,リクルート,SMC,ダイキン,アイシン,ジャパンRE,日…
[S高|株価値上注目銘柄] イメージ情報,イーソル,アサカ理研,アジャイル,多摩川HD,さいか屋,アイド…
[上方修正・増配・好材料情報] オイシックス,サムティ,アクロディア,アステリア,PRTIMES,バリ…
[格付け・レーティング情報] 日本M&A,TIS,協和キリン,オービック,リクルート,SMC,ダイキン,…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,フェイス,双葉電,日賃貸,ラサールロジ,RISE
[格付け・レーティング情報] パーソルHD,ALSOK,サントリBF,ワールド,ラクス,大幸薬品,エン…
[S高|株価値上注目銘柄] 地域新聞社,ケア21,価値開発,フジタコーポ,イメージ情報,ピーエイ,多摩川…
[上方修正・増配・好材料情報] エムビーエス,TOKAI,シュッピン,ディア・ライフ,FRACTAL…
[格付け・レーティング情報] パーソル,ALSOK,サントリーBF,ワールド,イグニス,ラクス,OLC,…
[上方修正・増配・好材料情報] 東海東京,ブイキューブ,杉本商,東京海上,MS&AD,SOMPO,極楽…
[格付け・レーティング情報] 東急建設,エスクリ,トリドール,東レ,ネクソン,ロックオン,M&Aキャピ,…
[S高|株価値上注目銘柄] シンクレイヤ,地域新聞社,キューブシス,環境管理,倉元,レアジョブ,自律制御…
[株式分割情報] 平山ホールディングス(7781) 1株⇒2株
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2019年発表分)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(05/24週〜08/30週) ]5月は中下旬までは下押し残…
[上方修正・増配・好材料情報] ベルグアース,コムシスホールディングス,いちご,デジタルハーツホール…
[株式分割情報] 五洋インテックス(7519) 1株⇒5株
2019年02月17日

[上方修正・増配・好材料情報] ジェネレーションパス,オプティム,ALBERT,ニーズウェル,みらかホールディングス,太陽ホールディングス,パーク24,鎌倉新書,ジャパンエレベーターサービスホールディングス,日本創発グループ,宝印刷,アドバンスクリエイト,オプティマスグループ,ベルーナ




ジェネレーションパス <3195>
1月売上高は前年同月比21.6%増の7.7億円

オプティム <3694>
カメラ画像を人工知能(AI)が解析し、空席率に応じた割引率のクーポンを提供する特許を保有

ALBERT <3906>
東京海上ホールディングス <8766> のデータサイエンティスト育成プログラムに協力

ニーズウェル <3992>
アズジェント <4288> と販売契約を結び、シマンテック製の情報セキュリティソリューション「Web Isolation」を販売開始

みらかホールディングス <4544>
受託臨床検査事業の検体集荷や物流を手掛ける新会社を設立

太陽ホールディングス <4626>
再生医療等製品の開発・販売を手掛けるサイフューズと資本業務提携

パーク24 <4666>
1月タイムズ駐車場売上高は前年同月比6.9%増と増収基調継続

鎌倉新書 <6184>
日本郵政 <6178> と連携して提供する終活紹介サービスの試行エリアを拡大。現在の東京都江東区の郵便局(41局)から東京都内全域の郵便局(1466局)に広げる

ジャパンエレベーターサービスホールディングス <6544>
埼玉県和光市にある研究開発施設の隣接地に新たな研究開発棟を建設

日本創発グループ <7814>
内装工事を手掛けるササオジーエスの全株式を取得し子会社化

宝印刷 <7921>
翻訳サービスを展開する十印の全株式を取得し子会社化

アドバンスクリエイト <8798>
1月の申込ANP(新契約年換算保険料)は前年同月比13%増

オプティマスグループ <9268>
ニュージーランドでレンタカー事業を展開するUSAVE社を約6億円で買収

ベルーナ <9997>
1月売上高は前年同月比8.5%増と4ヵ月連続で前年実績を上回る






更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:44 | Comment(0) | ◆上方修正情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(02/22週〜05/31週) ] 回復基調は3月から失速か 4月も軟調 5月下押し後底打ち期待も 中国景気は5月から更なる下押しも VIX指数低下でスパイラル的な下落相場への回避期待高まる



日経平均・NYダウ長期予想

週間でのVIX指数終値が25を下回っており、先行指数による予想は復活中です。

先行指数は、2月下旬までは上昇傾向となっており、VIX指数が25を下回れば年末での急落分をいくらかは取り戻せる見込みです。

ただ、先行指数は03/01週から再度のダウントレンド入りです。スケール系は、4月中旬に少し持ち直しましたが底打ちには至らず。5月初旬から再下落となり、中下旬にかけて、もう一段の下落へ。ただ、5月末に下落の勢いが鈍っており底打ちにが近そうですが、明確な上向きにはならずに横ばいとなりそうです。

ダウントレンド継続期間が36週を超過すると下落相場入りが濃厚となるのですが、05/31週で48週目となるにもかかわらず、新たなダウントレンドを伴って底値を模索中であるため、下落相場入りすることは間違いなさそうです。

状況としては、2000/05/26週〜2002/02/15週:90週間下落継続(冒頭にVIX指数25超が8週連続で出現。スケールの傾きは最大▲0.224,最終▲0.155)、NYダウ▲3,363ドル▲29.44%、N225▲11,400円▲54.78%と似通ったダウントレンド入り序盤となりそうです。ただ、スケールの傾きは、最大▲0.135、最終(05/31週現在:▲0.126)と、やや小さいとの相違点もあります。ただ、3月以降の傾きが最大▲0.352と大きいのには注意が必要でしょう。

暴落を伴うスパイラル的な下落相場入りとなるかどうかのカギを握るのは、やはりVIX指数となりそうです。終値で30を超える。加えて終値で25を超えた日が1回でもある週が5週連続した場合は、スパイラル的な下落相場入りのサインとなります。逆に終値で20以下の最大値が5週連続した場合は回避のサインとなります。

10/26週に終値で25超が出現したのち、12/07週と12/14週には、場中に25超が出現。12/21週に30超が出現。12/28週も30超が出現。01/04週も終値で25超が出現。広義では25超が5週連続で出現しましたが、01/11週〜02/15週は、終値でも場中でも25超は出現しませんでした。終値での25超は3週連続でストップとなり、終値で25を超えた日が1回でもある週が5週連続となりませんでしたので、スパイラル的な下落入りフラグはひとまず回避したようです。ただ、01/25週に終値で20超が出現しましたので、スパイラル的下落相場入りの回避条件である終値で20以下の最大値が5週連続をクリア出来ませんでしたので、要警戒が必要かもしれません。それでも、2/15週で3週連続20以下となっており脱出に期待がかかります。

先行指数のダウントレンド継続期間36週以上超過中に、VIX指数終値週間最高値が8週連続で25超が出現するといった過去の大暴落(ITバブル崩壊・サブプライムローン問題&リーマンショック)フラグの回避は継続中です。ただ、10週以内に再度25超となった場合は大暴落フラグが復活するので注意が必要でしょう。

問題は、急激なファンダメンタルの悪化が予想される3月上旬でしょう。90日間の米中通商協議の期日が重なっているのも大いなる不安があります。さらに、3月末には英国がEUから合意無き離脱に踏み切る可能性が急浮上しており、更なる下押しとなる可能性があります。

世界景気の重しとなっている中国景気ですが、3月末までは微減でしたが、4月から再下落となり5月に入って更なる下押しとなりそうです。米中貿易戦争の影響を超えて本格的な景気後退を迎えているのかもしれません。中国景気後退から米国景気後退へのコンボ成立もありそうなので注意が必要です。

ところで、今現在の相場環境ですが、ナチュラルな景気循環のピークアウトが観測されつつあるのではと愚考します。これは意外と珍しい現象で、2000年以降では初観測となります。金融危機、同時多発テロ、サブプライム問題、リーマンショック、ギリシャ危機、FRB量的金融緩和などの人側の都合で景気循環のサイクルはズタズタになっていましたが、今回は綺麗なピークアウトが観測されるやもしれません。(あくまでも個人的な感想です)

3ヶ月先行予測指数(2019/02/15週〜2019/05/31週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20190531.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2018/06/01〜2019/05/31)

saishin-225-year20190531.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2018/06/01〜2019/05/31)
saishin-ny-year20190531.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2020)

1989-2019-ny-suke20190201.png

N225 3ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2020)

1989-2019-225-suke-yendoll20190201.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、02/22週は、上昇へ。
03/01週は、下落へ。
03/08週〜04/12週は、下落へ。直近最低値を更新。
04/19週〜04/26週は、上昇へ。
05/03週〜05/17週は、下落へ。再び直近最低値を更新。
05/24週〜05/31週は、上昇へ。とりあえず底打ちした模様。

長期スケールは、02/22週は、上昇へ。
03/01週〜04/19週は、下落へ。直近最低値を更新。
04/26週は、上昇へ。
05/03週〜05/24週は、下落へ。再び直近最低値を更新。
05/31週は、上昇へ。とりあえず底打ちした模様。

短期スケール>長期スケールとなるゴールデンクロスが、02/22週も継続。
03/01週〜05/24週は、短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが出現。
05/31週は、僅かにゴールデンクロスに復帰したか。
短期スケールでは、「05/31週の値<02/22週の値」が出現。
長期スケールでは、「05/31週の値<02/22週の値」が出現。
長期的な先高感は、失われているか。

2月中下旬にかけて、戻りを試すこともあるか。
3月〜4月中旬にかけて再び下押すか。
4月中下旬は少しだけ持ち直すこともあるか。
5月から再び下押すか。
5月中下旬までは下押しが強いか。
5月末からは下押しの勢いが和らぐか。

02/22週において、長期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、02/22週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
3/01週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
03/08週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
03/15週〜04/12週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
04/19週〜04/26週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
05/03週〜05/24週は、下落へ。マイナス幅が拡大。直近最低値を更新。
05/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

02/22週において、中期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、02/22週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
03/01週は、下落へ。マイナス値に転落。
03/08週〜03/22週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
03/29週〜05/03週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
05/10週〜05/17週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
05/24週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
05/31週は、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。

成長Diffは、02/22週は、上昇へ。プラス値に復帰。
03/01週は、下落へ。プラス幅が縮小。
03/08週は、下落へ。マイナス値に転落。
03/15週〜04/05週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
04/12週〜05/10週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
05/17週〜05/24週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
05/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。

02/22週は、共にプラス値になるスDiff>成Diffとなるゴールデンクロスが継続。
03/01週〜03/22週は、スDiff<成Diffとなるデッドクロスが出現。
03/29週〜05/03週は、共にマイナス値傾向ながらもスDiff>成Diffとなるゴールデンクロスが出現。
05/10週〜05/24週は、スDiff<成Diffとなるデッドクロスが出現。
05/31週は、Diff>成Diffとなるゴールデンクロスが出現。

2月中下旬までは、持ち直しが期待できるか。
3月〜4月初旬まで、再び下押すか。
4月中旬〜5月初旬までは、やや下押しが緩むか。
5月中旬から、再び下押すか。
5月末は、やや持ち直すか。

02/22週は、短期的には、売りか。


2月上旬に発表された中国PMI(財新)を元に長期スケールChainaを再計算したところ、中国景気は、2月から3月は横ばいとなるか。4月からは再び下押しとなるか。5月はもう一段の下押しもあるか。米中貿易摩擦の影響を超えて、本格的な景気後退の可能性もあるか。

米FRBは、12/21に今年4回目の0.25%の利上げを実施。2019年は年2回の利上げペースも利上げ継続となるか。


VIX指数は、週末終値は、14台後半へ。25を下回る。週を通して25超が出現せず。
米国市場心理は、落ち着きを取り戻し始めたか。

スパイラル的な暴落を回避するためには、3週間以内に、30を下回ることが必要となるか。
さらに、5週間以内に、25を下回ることが必要となるか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・売り
◎中期的予想見通し・・・売り
◎短期的予想見通し・・・売り

長期的な売りサインが点灯中。利益確定売りを優先するべきか。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2019/02/08〜2019/05/31)

saishin-225-roano20190531.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2019/02/08〜2019/05/31)

saishin-ny-roano20190531.png


02/22週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
上押し圧力下押し圧力が、入り交じるか。

03/01週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナスに転落。成Diffは下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかるか。

03/08週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

03/15週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

03/22週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

03/29週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、少しだけ和らぐか。

04/05週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、勝るか。

04/12週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
下押し圧力が、勝るか。

04/19週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス値が縮小。
下押し圧力が、少しだけ和らぐか。

04/26週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、少しだけ期待できるか。

05/03週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかるか。

05/10週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

05/17週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

05/24週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
下押し圧力が、やや緩むか。

05/31週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。成Diffは上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、期待できるか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値・NYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、02/08週〜03/08週、03/22週〜05/10週 に注意が必要か。

NYダウでは、02/08週〜03/01週,、03/15週〜05/03週 に注意が必要か。





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:15 | Comment(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(02/15週終値現在)



株式分割予想 東証JQS



銘柄          市場   終値   前回分割発表時   
MTジェネ <9820>  東証JQS  9110  -
Sサービス <3733>  東証JQS  8950  -
トシン・G <2761>  東証JQS  8000  -
ハーバー研 <4925>  東証JQS  7020  -
中野冷機 <6411>  東証JQS  6300  -
Nフレア <6256>  東証JQS  5770  -
SEMIT <6626>  東証JQS  5700  -
マクドHD <2702>  東証JQS  4895  -
フルヤ金属 <7826>  東証JQS  4805  -
五洋インテ <7519>  東証JQS  4435  -
タカギセイ <4242>  東証JQS  4380  -
オデリック <6889>  東証JQS  3830  -
芝浦電子 <6957>  東証JQS  3745  -
沖縄セルラ <9436>  東証JQS  3710  -
ユニバE <6425>  東証JQS  3325  -
カネ美食品 <2669>  東証JQS  3210  -
歯愛メディカル <3540>  東証JQS  3100  -
ポエック <9264>  東証JQS  3015  -


株式分割予想 マザーズ


Kudan <4425>  マザーズ  15130  -
ビープラッツ <4381>  マザーズ  11870  -
ALBERT <3906>  マザーズ  9940  -
リンク <4428>  マザーズ  8780  -
プロレドパートナーズ <7034>  マザーズ  7060  -
アズーム <3496>  マザーズ  6460  -
SOU <9270>  マザーズ  6050  -
すららネット <3998>  マザーズ  5510  -
マネジメントソリューションズ <7033>  マザーズ  5290  -
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング <7046>  マザーズ  5190  -
ZUU <4387>  マザーズ  5010  -
Dメディア <3652>  マザーズ  4820  -
ユーザーローカル <3984>  マザーズ  4800  -
イーソル <4420>  マザーズ  4445  -
ログリー <6579>  マザーズ  4230  -
and factory <7035>  マザーズ  4195  -
イーエムネットジャパン <7036>  マザーズ  4150  -
アイペット損害保険 <7323>  マザーズ  4075  -
はてな <3930>  マザーズ  3985  -
ブリッジインターナショナル <7039>  マザーズ  3870  -
チームスピリット <4397>  マザーズ  3800  -
ソウルドアウト <6553>  マザーズ  3780  -
EduLab <4427>  マザーズ  3710  -
ピアラ <7044>  マザーズ  3695  -
自律制御システム研究所 <6232>  マザーズ  3650  -
ジェイテックコーポレーション <3446>  マザーズ  3630  -
ブティックス <9272>  マザーズ  3610  -
フロンティア・マネジメント <7038>  マザーズ  3545  -
ギフト <9279>  マザーズ  3410  -
ラクスル <4384>  マザーズ  3390  -
エクスモーション <4394>  マザーズ  3385  -
マネーフォワード <3994>  マザーズ  3355  -
GNI <2160>  マザーズ  3265  -







投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 10:14 | Comment(0) | ◆株式分割情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする