◆新着記事一覧◆
明日急騰株!? 株式分割情報 スマートバリュー 1株⇒2株、Orchestra Holdings 1株…
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 キャリア、タイセイ、ニーズウェル、ダブルスタンダード、…
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 ユニ・チャーム、清水建設、セリア、ハウス食品グループ本社…
明日急騰株!? 株式分割情報 メニコン 1株⇒2株、イグニス 1株⇒2株、朝日印刷 1株⇒2株、エンビプロH…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2017年発表分)
【株で勝つ!! 過去30年来ビッグデータから読む先行予想】「NYダウ・日経平均株価 短期・中期・長期シ…
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 ユニマット リタイアメント・コミュニティ、三井金属、日…
【株で勝つ!! 先行予想結果:2017/11/10週:+297,742円】NYDow 反落 年内税制改革成立に暗雲 N225 …
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 富士製薬工業、福島工業、EMシステムズ、IJTテクノロ…
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 トレンドマイクロ、太平洋セメント、DMG森精機、ハーモニ…
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 キャピタル・アセット・プランニング、インソース、ディア…
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 クイック、資生堂、住友林業、大和ハウス工業、S FOOD…
明日急騰株!? 株式分割情報 ケネディクス・レジデンシャル投資法人 1口⇒2口、ビリングシステム 1株…
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 PKSHA Technology、スシローグローバルHD…
明日急騰株!? 株式分割情報 スノーピーク 1株⇒2株、マツモトキヨシHD 1株⇒2株、ニチリン 1株⇒1.3…
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 日本精工、ベネッセHD、コムシスHD、明治HD、エムスリー、G…
明日急騰株!? 上方修正・増配・好材料情報 ミネベアミツミ、東芝テック、エナリス、エン・ジャパン、…
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 タビオ、住友ベークライト、ヨロズ、アドバンテスト、SCR…
明日急騰株!? 株式分割情報 ジェイリース 1株⇒2株
明日急騰株!? 格付け・レーティング情報 任天堂、国際石油開発帝石、関電工、ALSOK、ツクイ、T…
2017年01月03日

【週イチ5分簡単株まとめ:短期予想】PlayBack2016年 3月中旬・7月中旬にプラス値浮上 上昇相場を予想 スケールDiff&成長Diff(3ヶ月先行株予想)と日経平均&NYダウチャート



日経平均株価(N225)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-225-tankitore20161223.png

NYダウ(DJI)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-ny-tankitore20161223.png

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。

  • スケールDiff&成長Diffとは何ですか?
  • スケールDiffは、短期スケールから長期スケールを引いた差分(difference)です。成長Diffは、短期成長指数から長期成長指数を引いた差分(difference)です。

  • スケールDiff&成長Diffでは何を予想しているの?
  • 市況感といった株式市場全体の方向性や強さを短期的に予想しています。

  • どのあたりに注意して見るべき?
  • まずは、プラス値又はマイナス値への転換点です。グラフ上に転換点が出現すると、相場でも転換点が出現する可能性が高くなります。プラス値が継続する場合は、相場は強含むことを示唆します。マイナス値が継続する場合は相場は弱含むことを示唆します。

  • グラフ上の転換点と相場の転換点のタイミングは、一致しないの?
  • はい。通常は、一致しません。グラフ上の転換点は、相場の転換点よりは、約3〜6週間程度やや遅れて出現します。ただし、グラフ上の山と谷は、相場上の山と谷との相似形となり、ほぼ同一のタイミングで出現します。いずれにせよ、約3ヶ月前には転換点がグラフ上に出現しますので、投資判断には十分に間に合います。

  • グラフ上の転換点以外にも注意する点はありますか?
  • はい2つあります。
    ひとつめとして、スケールDiffと成長Diffの位置関係も重要となります。
    スケールDiff>成長Diff(ゴールデンクロス) では、相場は強含む傾向にあり、
    成長Diff>スケールDiff(デッドクロス) では、相場は弱含む傾向にあります。

    ふたつめは、ブラフの傾きです。
    右肩上がり(プラスの傾き)時には、相場は強い傾向があります。
    また、プラスの傾きが大きいほど、相場に勢いが出る傾向があります。

    反対に、右肩下がり(マイナスの傾き)時には、相場は弱い傾向があります。
    また、マイナスの傾きが大きいほど、相場に勢いが無くなる傾向があります。

    ただ、右肩下がり(マイナスの傾き)となったときでも、プラス値が継続する場合は、相場は底堅く推移する傾向があります。反対に右肩上がり(プラスの傾き)となったときでもマイナス値が継続する場合は、相場は上昇に転じきれない傾向があります。

  • 具体的な投資行動のセオリーは?
  • グラフ上に転換点が出現した時点で、プラス値なら買い準備をマイナス値なら売り準備を開始します。売買週ににおけるスケールDiffと成長Diffを確認して、直後の転換点がプラス値なら買いをマイナスなら売りを入れるのが基本パターンとなります。

    ただ、直後の転換点が離れている場合は、スケールDiffと成長Diffの位置関係(Gクロス:買い、Dクロス:売り)やグラフの傾き(プラス:買い、マイナス:売り)を見て売買判断をします。

  • この2016年でのグラフではどうでしたか?
  • 1/22週と3/4週に底打ち。4/1週〜4/8週にプラス値へ。2016年1月上旬には判明。
    ⇒日経平均:2/12週に底打ち。NYダウ:1/22週に底打ち。

    4/22週と4/29週に天井打ち。5/20週〜5/27週にマイナス値へ。2016年2月中旬には判明。
    ⇒日経平均:4/22週に天井打ち。NYダウ:4/22週に天井打ち。

    7/8週に底打ち。7/22週〜7/29週にプラス値へ。2016年4月下旬には判明。
    ⇒日経平均:6/24週底打ち。NYダウ:7/1週に底打ち。

    前もって相場の転換点を捉えており、底打ちから上昇局面も一致していることから、予想は成功と言えるでしょう。

    さらに、7/29週以降にかけて プラス値が継続して出現していることから強い上昇相場の出現が予想されています。

    実相場も11月上旬までに、日経平均:約16.7%、NYダウ:約7.8%上昇。次期米大統領選挙でトランプ氏が当選したことによるブーストがかかった12月下旬では、日経平均:約29.7%上昇、NYダウ:約16.9%上昇しており、予想と一致した言えるでしょう。


ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆売買タイミング解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【週イチ5分簡単株まとめ:中期予想】PlayBack2016年 3月初旬に底打ち上昇相場予想 10月下旬に天井打ちも底堅い相場予想へ 長期トレンド指数(3ヶ月先行株予想)と日経平均&NYダウチャート



日経平均株価(N225)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-225-tyukitore20161223.png

NYダウ(DJI)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-ny-tyukitore20161223.png

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。

  • 長期トレンド指数では何を予想しているの?
  • 市況感といった株式市場全体の方向性や強さを中期的に予想しています。

  • どのあたりに注意して見るべき?
  • まずは、底打ちや天井打ちといった転換点です。グラフ上に転換点が出現すると、それより少し後のタイミングで相場でも転換点が出現する可能性が高くなります。

  • グラフ上の転換点と相場の転換点のタイミングは、一致しないの?
  • はい。通常は、一致しません。グラフ上の転換点は、相場の転換点よりは、約3〜6週間程度のズレを持って事前に出現します。

  • グラフ上の転換点以外にも注意する点はありますか?
  • はい2つあります。
    ひとつめは、ブラフの傾きです。右肩上がり(プラスの傾き)時には、相場は強含む傾向があります。また、プラスの傾きが大きいほど、相場に勢いが出る傾向があります。

    反対に、右肩下がり(マイナスの傾き)時には、相場は弱含む傾向があります。また、マイナスの傾きが大きいほど、相場に勢いが無くなる傾向があります。

    ふたつめは、プラス値かマイナス値か が重要となります。
    右肩下がり(マイナスの傾き)でも、プラス値を維持していれば、まだ相場は底堅く上昇する力が残っていることを示唆します。また、右肩下がり(マイナスの傾き)で、マイナス値となった場合は、相場は力を失いつつあり下落相場入りが近いことを示唆します。

  • 具体的な投資行動のセオリーは?
  • グラフ上に転換点が出現した時点で、底打ちなら買い準備を天井打ちなら売り準備を開始します。売買週ににおける長期トレンド指数を確認して3ヶ月先にある最新週の数値の方が大きくてプラス値であれば買いを入れるのが基本パターンとなります。3ヶ月先にある最新週の数値の方が大きくてプラス値であっても、すでに天井打ちを通過している場合は、売りを優先しつつ売買判断をします。

  • この2016年でのグラフではどうでしたか?
  • 3/4週〜3/18週に、底打ちのサイン点灯。2015年12月末頃には判明。
    ⇒日経平均:2/12週に底打ち。NYダウ:1/22週に底打ち。

    前もって相場の転換点を捉えており、底打ちから上昇局面も一致していることから、予想は成功と言えるでしょう。

    さらに、8/5週以降にかけて 右肩上がり&プラス値が出現していることから強い上昇相場の出現が予想されています。

    実相場も11月上旬までに、日経平均:約16.7%、NYダウ:約7.8%上昇。次期米大統領選挙でトランプ氏が当選したことによるブーストがかかった12月下旬では、日経平均:約29.7%上昇、NYダウ:約16.9%上昇しており、予想と一致した言えるでしょう。


ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆売買タイミング解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【週イチ5分簡単株まとめ:長期予想】PlayBack2014年 2月から緩やかな上昇傾向が出現 12月からは下落傾向も 短期・長期スケール(3ヶ月先行株予想)と日経平均&NYダウチャート



日経平均株価(N225)と3ヶ月先行指数(2013/12/27〜2014/12/26)
furi-setumei-225-scale20141226.png

NYダウ(DJI)と3ヶ月先行指数(2013/12/27〜2014/12/26)
furi-setumei-ny-scale20141226.png

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。

  • 短期スケール・長期スケールでは何を予想しているの?
  • 市況感といった株式市場全体の方向性や強さを長期的に予想しています。

  • どのあたりに注意して見るべき?
  • まずは、底打ちや天井打ちといった転換点です。グラフ上に転換点が出現すると、それより少し前のタイミングで相場でも転換点が出現する可能性が高くなります。

  • グラフ上の転換点と相場の転換点のタイミングは、一致しないの?
  • はい。通常は、一致しません。グラフ上の転換点は、相場の転換点よりは、約3〜6週間程度やや遅れて出現します。ですが、約3ヶ月前には転換点がグラフ上に出現しますので、投資判断には十分に間に合います。

  • グラフ上の転換点以外にも注意する点はありますか?
  • はい2つあります。
    ひとつめとして、短期スケールと長期スケールの位置関係も重要となります。
    短期スケール>長期スケール(ゴールデンクロス) では、相場は強い傾向にあり、
    長期スケール>短期スケール(デッドクロス) では、相場は弱含む傾向にあります。

    ふたつめは、ブラフの傾きです。
    右肩上がり(プラスの傾き)時には、相場は強い傾向があります。
    また、プラスの傾きが大きいほど、相場に勢いが出る傾向があります。

    反対に、右肩下がり(マイナスの傾き)時には、相場は弱い傾向があります。
    また、マイナスの傾きが大きいほど、相場に勢いが無くなる傾向があります。 

  • 具体的な投資行動のセオリーは?
  • グラフ上に転換点が出現した時点で、底打ちなら買い準備を天井打ちなら売り準備を開始します。売買週ににおける短期・長期スケールを確認して3ヶ月先にある最新週の数値の方が大きければ買いを小さければ売りを入れるのが基本パターンとなります。

  • この2014年でのグラフではどうでしたか?
  • 2月上旬から12月上旬まで緩やかな右肩上がりの上昇傾向のグラフとなっています。また、短期スケール>長期スケール(ゴールデンクロス)の期間も多く、相場が強含むことが示唆されています。

    実相場では、2月上旬から12月下旬までに、日経平均:約28.0%、NYダウ:約18.0% 上昇が出現したため、予想と一致していると言えるでしょう。

    2/7週に底打ちのサインが点灯。2/28週にGクロスが出現。日経平均・NYダウ共に2/7週に底打ちが出現。その後何度か下落傾向とDクロスが出現したものの、短期間に上昇傾向とGクロスに復帰し、底点を切り上げる右肩上がりの上昇傾向は12/5週(Dクロスが出現)まで継続となっています。

    グラフ上の転換点は、相場の転換点よりは、約3〜6週間程度やや遅れて出現するのですが、2014年は、底打ちサインも天井打ちサインも、実相場とほぼ一致したタイミングでの出現となりました。

    短期スケール・長期スケールは、米国経済指標の強弱と周期性を元に算出しています。ただ、すべての相場環境にフィットさせるのは難しいため、大きな下落相場入りを前もって確実に捉えることに重点に置いています。その反動のため、実相場で1年以上の長い上昇相場となった場合は、徐々にグラフ上の転換点と相場の転換点が接近してくる傾向があります。2014年は、2012年11月中旬からの上昇相場入りから1年以上経過していたことがグラフ上の転換点と相場の転換点の接近の原因と考えられます。


ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆売買タイミング解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする